人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2004年最後のクリニック

第313回 <in多治見>
2004年12月29~31日:多治見西高校:参加者60名・・・<累計40,230名>
2004年最後のクリニック_c0000970_1651957.jpg年末31日までクリニック!今年最後の「自然体バレー講習会」を雪が祝福してくれました!体育館の外は、ご覧の通りの雪景色!朝から降った雪が昼ごろにはボタン雪になり、あっという間にあたり一面銀世界にしてしまいました。
2005年新たな新年を向かえます。
目標に向かって頑張りましよう!
# by kusanokenji | 2005-01-01 16:09 | ■講習会リポート
第312回 <in猪名川>
2004年12月29日:参加者:20名・・・<累計:40,170>
バレー教室(六瀬中学校)_c0000970_15552171.jpg

バレー教室(六瀬中学校)_c0000970_15575983.jpg3回目の訪問です。みぞれが降る寒い年末でした。最後は監督の内藤先生が、実家のおふくろさんと電話でコミュニケーションとりながら一人で作った「ぜんざい」で一年の締めくくりです。(少しこげていましたが、最高においしかったぜんざいでした)
一年間の反省をして、みんな家路につきました。
来年も、六瀬パワーで頑張れ!
# by kusanokenji | 2005-01-01 16:00 | ■講習会リポート

2005年謹賀新年

「元旦」の元は「はじめ、もと」という意味があり
「元旦」の旦は「水平線の上の太陽]という意味です。
つまり、
一年の中で、
太陽が水平線の上に、
最初に出る日が「元旦」です!


みなさん、あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします。


2005年 元旦
# by kusanokenji | 2004-12-31 22:22 | ■連載“日々努力”
第311回 <in猪名川>
2004年12月27~28:参加者:150名・・・<累計40,150名>
参加指導者:15名、参加校:六瀬中学校、川西清和台中学校、川西緑台中学校、中谷中学校、東谷中学校
指導者講習会(兵庫県・猪名川町)_c0000970_2015551.jpg指導者講習会(兵庫県・猪名川町)_c0000970_20201733.jpg
中学校の教室で講義!!!いつも教壇の上で授業されている先生方が、今日は生徒の立場でじっくり授業を受けられました。第1講義:成長期の子どもとどう向き合うか!、第2講義:スポーツ解剖学、第3講義:スローイング系のエクササイズ・・・・パソコンを使っての4時間コース。青森から参加の先生や奈良から参加の先生はもう10回目の受講なので、専門用語もスラスラ?と理解されてしましたが、初参加の先生方は頭の中が真っ白!・・・パニック寸前で大変でしたが、それでも午後からの実技演習で段々と理解されていかれた様子でした。午後からは体育館でモデルの中学生相手に実技の講習で締めくくりました夜は皆さんで「尼崎高原ロッジ」に宿泊しての研修。宴会の後も部屋に帰って飲みなおし、夜中までバレー談議に花が咲きました。次の日は体育館の場所を移動して、昨日の復習と、新メニューをたっぷり勉強しました。「講義と実技がセットになり、さらに違う学校の生徒を指導するので緊張感がありとても刺激を受けてよかった!」という先生方の講評を頂きました。中学生は初参加の学校もありましたが、みんなバレー大好き!素直で真剣で、とても可愛く好感がもてました。最後はハイタッチしてお別れしましたが、とても可愛い~中学生でした。高校にいってもバレーを続けて欲しいと心から思います。
指導者講習会(兵庫県・猪名川町)_c0000970_20135111.jpg指導者講習会(兵庫県・猪名川町)_c0000970_20143556.jpg
あああああああああスクラッチの指導(実技演習風景)    スパイクフォーム指導(実技演習風景)
# by kusanokenji | 2004-12-31 20:21 | ■講習会リポート
お客さんのようにブラリと現れて、
すぐ消えてしまうのを「客気」と言います。
「元気」と間違わないようにしましょう。


客気は、途中で挫折することです。突然「ウオ~!」と吠えたりする人を見かけたことはありませんか?すぐに大声を発したり、酒の力や、肩書きを利用しないと喋れない人間は「本当の元気」があるとは言えませんね。「人生のいざ鎌倉!」って場面でスタコラ逃げる奴で、精神的エネルギーが低い人です。
本当の元気は、人生への目標が定まって「志」へと発展していくものです。いわゆる、メンタルタフネスのことですね。なにも大きな声を張り上げることではありません。地声の大きい人は別として「俺を何様だと思ってるんや!文句あっか!」と叫ぶ必要はないということです。ましてや、集まって、人の話しでしか盛り上がれない人を「志」のある人とは言えませんよね。
# by kusanokenji | 2004-12-26 23:21 | ■連載“日々努力”