人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
「すべての現象は
  自分の心の反映と思え」
と言い続けた稲盛和夫氏。
「会長が言わんとしていることを得心できるようになったのは、おそらく40歳をすぎたころだった様に思います」と言われるのは部下の森田直行氏。
「責任者というのは、壊れたレコードのように、同じ事を何度も繰り返して下の者に伝えなければいけないと言うのです。『何度俺に同じ事を言わせるんだ」という声はどこからでも聞こえてきそうですが、そんな事を言ってるようでは人の上に立つ人間としては失格で、むしろまた同じ事を言っているなと思われるくらい言い続けなければならない。そうすれば言われた本人は、いづれそのことを言われまいと行動する事で賢くなっていくというのが会長の考え方でした」(致知より)

歳取れば同じ事を繰り返すのとはちょっと違うようで・・・。

大事なのは

「思いは足りているか」

何かうまくいかないとき
その原因を人のせいにしているようでは話にならない。
大した事はできない人間になってしまうだけだ。

人に物を頼んで、思うように協力を得れなかった時
「自分の頼み方が悪くて思いが伝わらなかった」と
思えるようになると、次から少しづつ変わるだろう。

 自分が若いときに上司から教えられたのはこのことだった。
自分が設計した装置を注文先に納める納期が迫ってきたが部品が足りない事が判明。私の発注ミスである。急ぎの部品調達が必要になった。会社には部品購入を担当する部署がある。当時は購買課というところだった。当時私が勤めていた会社は同じ敷地内に1万人が働いている工場だったので、注文伝票を運ぶにも専門の部署があった。いわゆる「社内郵便」みたいなところで、職場の入り口にあるポストに伝票をいれておけばその日のうちに相手に届くシステムになっていた。私は、自分の発注ミスで遅くなった部品を調達しなければいけない非常事態にも関わらず、伝票を書いて、上司の印をもらいこのポストにいれた。この様子を見ていた上司に烈火の如く怒られた。「お前、アホか!そんなことで納期が間に合うのか、急いでいるなら誠意を見せろ!お前のできる誠意はなんや、自分で伝票を握って、全力で担当者の所に走れ!そして直接お願いするんや」「ええか、必死で頼むんやで、息ハハアハア切らせながら、すみません、こうこうこういう事情でどうしても急ぐんです,何とかお願いします、と必死で頼むんや、それしか方法はない、それがお前のできる誠意や!人を頼ってどなするんや!」と怒られたのです。
 40年前の話です。でも忘れません。凄いですね。若いときに受けたインパクトは。それ以来、「誠意を見せる、全力で取り組む」が仕事するときの基本姿勢になっているのは言うまでもありません。人に何かを頼む時、簡単にメールや電話で済ませるようでは大した事はできないのは当たり前。「いいわけ名人」をつくるのが関の山。
 やっぱり「鉄は熱いうちに打て!」・・・甘やかしているとなまくら刀しかできないのと同じで、20歳代で、目の覚める様な衝撃的な教えを受けたいものです。
これが「愛のある毒」
















# by kusanokenji | 2014-10-24 10:09 | ■連載“日々努力”

カラダを鍛える
内蔵は労る

腹八分に医者いらず
身体を守ると、体は怠ける

からだを使う
頭を使う
研究する

使って
鍛えて
練る!

あ〜、全部、
私に必要なものだ!










# by kusanokenji | 2014-10-23 09:13 | ■連載“日々努力”
情熱と熱意がほとばしる
若き教師には魅力がある

しかし、生徒はもっと若い。若いというより幼い。
幼い心のことを「稚心(ちしん)」という。
もし、幼いもの同士がぶつかったらどうなるか、
そこには衝突・摩擦・誤解・・・当然発生する。
それらを解決するには
まずは「稚心を去る」指導が求められる。

8年ほど前、兵庫県の山の中でこんなことがあった。

バレー塾を終えて、宿舎で参加の指導者と懇親会をしているところに、部活を終えて夜から参加した教師がいた。開口一番、「今日部活で怒って『俺は帰る』と言ったら、生徒が『帰らないで下さい』と追いかけてきて僕の服をつかんで帰らないように引き止めてくれた。うれしかったです。これで自分もようやく先輩に追いつけたと思いました。先輩のように、生徒に我がままを言えるのが目標だったんです」と得意げに話す27歳の教師がいた。教師5年目。バレーボール部顧問。これまではなかなか選手とうまくいかない。練習試合等に行くと目の前でビシビシばしばしやっている他校の先輩教師の指導に憧れていた。いつか自分もあのようになりたいと思っていた。それが今日ようやくできた!と勇んで初対面の僕に挨拶がてらに自慢?するのだ。

「君は何を勘違いしているんだ!」

と瞬殺したことはいうまでもない。「そういうことが立派な指導者ではないんだぞ、何を勘違いしているんだ」と一喝した後は、ゆっくりと、生徒との向き合い方などを夜遅くまで語りあった事を覚えている。彼は「あ〜、よかった、あやういところだった」とその場では言ってくれたがその後会ってない。その後、彼はどうなったのか、その場に同席していたN先生、知っていたら教えて!
 
 過去に実績のある年配の指導者が、自分の武勇伝を若い指導者に語るのは珍しい事ではない。そしてそれをそのまま真似したがる若き教師、若き指導者がいる事も事実だ。その結果、生徒とも保護者ともうまくいかないことは珍しい事ではない。そういうことを未然に防いでやらないと、いつまで経っても生徒は苦しみから解放されないし、指導者としての成長もない。先輩教師は、若き教師の「情熱・熱意」をいい方向、正しい方向に導いて欲しいものである。

子は親の鏡という言葉がある。

それと同じように、選手は指導者の鏡 とも言える。

それは子どもの笑顔に現れるのではないだろうか。

一昨日の徳島での子ども達です。➡ ここ
この子ども達のあふれる笑顔は
指導者と保護者の姿そのものです。

君がいるだけで
今日もがんばれる

君の笑顔見て
明日もまた
がんばれる




















 



# by kusanokenji | 2014-10-21 09:43 | ■連載“日々努力”
旅行は・・・見て廻る
旅は・・・・感動と発見がある

大まかな区別ですが、こんな感じですかね。

今回の「徳島の旅」もよかった。
何が?
人間の機微(きび・・・内面の姿)に触れたからです。
子どもを愛する親とのふれあいはいいですね。
我が子も、よその子も、いっしょに愛する保護者のみなさんだからこそ
僕の心も楽しくなってくるのだと思いました。

第2351話・・・旅と旅行の違い_c0000970_10500755.jpg
この写真・・・・正面からは見せられません(笑)
涙・涙・涙・・・ティッシュペーパーが足りません。

会話で笑ったり泣いたり、そしてたまたま持っていたminiipadで「父の愛」の映像を見てまた感動の世界に入ってしまいました。

汚れた心を掃除してくれる「いい話」が最高の酒の肴です。
バレーボール中心の議論は、明くる朝にグッタリと来る事が多いが
人間学中心の談義は、朝がさわやかです!
賢い大人は
我が子の事で悩むからこそ、人の子の悩みも解る之でしょうね。
だからお互いに支え合えるのだと思いました。


人生

「旅をせよ、人と会え、本を読め」ですね。












# by kusanokenji | 2014-10-20 11:55 | ■連載“日々努力”

うだつ

【第861回】inうだつ4(徳島県)
2014年10月18(土)〜19(日)・・・うだつアリーナ他 280名
★受講者累計 173,180名 
・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・今回の動画(ここ)・・・・・・・
 
         
          涙・涙・涙!  

前夜の打合会兼歓迎会では話に涙、「父の愛」の映像鑑賞に涙・涙・涙・・・笑いと涙に包まれた素晴らしい会でした。
うだつ_c0000970_10500755.jpg

朝、会場に行くと、秋祭りの様なのぼりが・・・
うだつ_c0000970_10480350.jpg
玄関では歓迎のアーチに迎えられ
うだつ_c0000970_10481621.jpg
 
愛情いっぱいの出迎えを受け


体育館に入ると、開始前なのにJOC選抜の選手が、「2011WーUP」を黙々とやっている姿が目に飛び込んできました。😊  これにも「愛」を感じました😘
うだつ_c0000970_10463454.jpg
1日目
JOC男女選抜、高校生、中学生、小学生・・・180名の選手と27名の指導者が参加してくれました。ちょっと狭い会場は熱気でムンムン。唯一の男子高校生は香川県から参加してくれました。終日、しっかりとやってくれました。
JOC代表・・・上の写真のように真面目な取り組みにびっくりしました。今年の全中でベスト4に入った鳴門一中を中心に構成されたチームでとてもまとまりのある好チーム。自然体のアップ等も取り入れられているのには驚き。男子も、「品のある乗り」の印象。今年の年末は期待できそうです。愛媛とともに応援にいこうと思います。
★思い思いの開始前のすがた
中学生は「2011W-UP」ですが小学生は隣で「スーパーサンバ」を踊っていました。講習会前のこの時間を見るのが僕は好きです。この短い時間に何をしているかでチーム状態を把握できるからです。この時間にその日の大まかな方向性とメニューを決めていきます。
うだつ_c0000970_10464902.jpg
二日目
会場を移して、小学生中心の講習会になりました。
最後は見送られて、ばいばい!
うだつ_c0000970_10494173.jpg
うだつ_c0000970_10495696.jpg
★今回は、私の体力やらを気を使っていただき、車で自宅の玄関まで迎えにきていただき、玄関まで送っていただきました。とても恐縮しましたがお陰で疲れもなく最後まで頑張れました。ありがとうございました。











# by kusanokenji | 2014-10-20 11:22 | ■講習会リポート