人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第1079回バレー塾
 in橋本(52)
2019年5月25〜26
能生体育館 100名
述べ参加数:208、050

中学校は中間考査、小学生は地区予選会で参加者は少なかったがそれでも内容は
丁寧に、濃ゆく!
c0000970_23393259.jpg
新生ティンカーベルズも頑張っています
練習が好きになった感じでした!
c0000970_23392661.jpg
男の子って、純粋で一生懸命!

c0000970_23394631.jpg
ABC理論
(A)たり前のことを
(B)鹿みたいに
ちゃんと(C)やりたいものです
本田三姉妹のように・・・!

キャプテンは便利屋じゃない!
キャプテンはみんなを引っ張るだけが役割ではない!
キャプテンをみんなで支えるチームをつくってごらん!
きっと「いいチーム」ができるよ!


試合に勝って褒められることはなくても
   負けるとキャプテンが怒られるのはごく当たり前?
都合が悪いとキャプテン
面倒くさいことは全部キャプテン
連帯責任を背負わされるのがキャプテンでは本末転倒。

キャプテンマークはどこにあるの?
番号の下でしょ。
番号がキャプテン本人であって「-」は本人ではない。
下の「-」の線はみんなのこと。
「一つの役割」を持った選手のこと。
チームみんなでキャプテンを支えるという意味だよ。

そのためにはどうしたらいいの?
チーム全員「一つの役割」を決めるんだよ。
一年生から三年生まで全員だよ。

でも、その役割の仕事の中身は・・・・
例えば「靴係」。
監督の靴を持ち運ぶのが役割ではない。
「玄関でみんなの靴が揃えられているか」の最終責任者ということ。
やるのは全員だよ。
できてない人ができるようにするのが担当者の仕事。

こういうふうに決めていく。
きっといいチームができると思うな。
キャプテン、いつもご苦労さん!
キャプテンの覚悟は?
「重たい荷物を笑顔で運べ!」だね。
キャプテンが汗かいて輝いているチームは楽しいよ。
頑張れキャプテン!










by kusanokenji | 2019-05-30 23:49 | ■連載“日々努力”

橋本(公認講習会)

第22回自然体公認講師養成講習会


「令和」になっても学び続ける自然体公認講師養成講習会です。

   昨年の講習会


今回もたくさんの学びを!


期  日   令和元年9月14日(土)~16日(月・祝)


時  間   14日(土)   受付:午前9時30分~  午前10時~午後5時まで

        15日(日)   午前9時~午後5時まで

        16日(月・祝)はオプションとして強化練習への参加が可能です


 会  場   14日(土)   橋本市教育文化会館

15日(日)    (橋本市東家1-6-27 TEL0736-32-0034

16日(月・祝)橋本市立城山小学校(橋本市城山台2-10-2)


 参加資格   今までに自然体バレー塾を5回(延べ10日)以上受講され、原則2日間

連続(懇親会も含む)参加できる方。

あるいは塾頭、自然体研究会の推薦を受けた方。

 (1日でも受け付けます)

1日のみの参加については、塾頭まで連絡し確認をお願いします。

☆全く初めての方はご遠慮下さい。


内  容   お楽しみ!


物   筆記用具

       塾頭からのデータのプレゼントがあるかと思いますので、USB16GB)を

ご持参下さい。


費   10,000円(原則14日・15日の2日間の参加とする)


会   14日(土) 堺屋    会費6,000円

       15日(日) 未定宿泊予定の方はぜひご参加ください。会費は5,000です)


昼  食   3日間の昼食を1食:700円でご用意しますのでご連絡下さい。


宿  舎  「ホテルルートイン橋本」もしくは「紀伊見温泉・紀伊見荘」をネット検索して頂き、

各自でお申込み下さい。

       もし予約不可能な場合は、下記までご連絡下さい。


申込み先  TEAM自然体研究会事務局 岸田まで(メールアドレス:seikotu@sage.ocn.ne.jp

       9月6日(金)までにお申込み下さい。
















by kusanokenji | 2019-05-28 09:25 | <開催要項>
第1078回バレー塾
 in能生(15)
2019年5月18〜19
能生体育館 100名
述べ参加数:207、950

強化練習会

自然体バレー塾in能生2日目(2019/5/19) レポート

新潟市立味方中学校 青木 太郎

c0000970_14041356.jpg
日大長野高校女子バレー部(28名)も参加してくれました!
とても明るく、真面目で素直な、いい感じの高校生です。


1 結果を生み出すためのポイントはどこか

 指導者はどうしても結果ばかりを見てしまいがちですが、求めている結果を生み出すためのポイントがなんであるのか、なぜそこがポイントなのか、をしっかりと理解して指導に当たることが重要ですよ、というお話がありました。

c0000970_14094577.jpg

いつもバレー塾では、ここは外せないというポイントを、言葉で伝えたり、選手の動きを修正しながら指導者に考えさせたりして結果を生み出すポイントを教えてくださいます。そのためのドリルも提示していただけるので、とても有り難いです。


 試合でディグを成功させるため(結果を生み出すため)の、「弾かないレシーブ」ドリルがあります。

c0000970_14012259.jpg

このドリルには、結果を生み出すポイントが5つ提示されており、それを身につけるためのドリルも段階的に設定されています。しかし、今回のバレー塾ではそれだけではなく、「ディグを成功させるために取り組む練習」を成功させるためのステップが用意されていました。練習を前向きに取り組むためのポイントが動画で提示されたのです。グーぱっポンの2分トレに入る前に、グーぱっポンの「心」の動画を見ました。この動画が最高でした。必見です。内容はもちろんですが、草野先生の語る言葉、語り口調、間、映像や音楽すべてがマッチして、グーっと引き込まれてしまいました。映像作家が作ったかのようなクオリティに驚きました。

 そして、以前にご指導いただいた「手足を動かすのは心」という言葉が強く響きました。指導者には身につけさせたいプレーがあり、そのために必要な練習を提示していきますが、練習が成功する(効果的で技術が身につく)ためのポイント(心のもち方、もたせ方)についても入念な耕しが必要であることを痛感しました。

 その他にも「なぜそれぞれのアタッカーに合わせたトスを上げてはいけないのか」「なぜレシーブの構えの時の肘の位置はそこであるのか」など様々なポイントについて具体的な説明をドリルの前後に挟みながら、「ボールを乗せる」「ボールに乗せる」などの基礎練習~0.71.5スパイク~超クロス~レシーブからのコンビづくりといった高度な練習まで流れるようにドリルが進んでいきました。


2 チーム能生

 今回のバレー塾in能生は15回目の開催でした。能生JVCの子供達は、バレー塾の開催時に会うたびにどんどん上達している様子が分かり、それを見るのも参加の楽しみの1つになっています。監督やスタッフの方に理由を尋ねると、「先生のドリルを楽しんでやっているだけですよ」とのことでした。

c0000970_14011742.jpg

特に、小3になったばかりのある女の子の動きに見入ってしまいました。グーぱっポンの形はもちろん、レシーブの目線がすばらしいのです。時折、うまくいかないと悔しそうな顔をしながら黙々と続けているその姿は、とてもほほえましく思いました。それだけでなく、サークルスパイクもボールを投げてもらってもぎこちない動きになることなく、サークルスクラッチのスピードを調整して流れを止めることなく自然にヒットしていました。衝撃的でした。「楽しみながらやる」と、こんなにも上達するものなのだなと実感しました。 

c0000970_14010946.jpg

 今回、主催者の滝川さんはいらっしゃいませんでした。これまで他県のバレー塾にも何度も参加しましたが、主催者不在のバレー塾は初めてでした。ところが、すべてがいつも通りなのです。滝川さんが、事前にしっかりと準備されていたのだろうな、と感じました。関係者や保護者の方々も、肩肘張ることなく、まさしく自然体で自分の役割をこなしながら運営されていました。お昼のお味噌汁も格別でした。大人のチームワークも素敵でした。 こういった大人達のサポートを受けながら、素晴らしい環境でのびのびとバレーを楽しんでいる能生の子供達はキラキラと輝いていました。この雰囲気や様子を多くの人にも感じてもらいたいなと思いました。能生中学校、能生JVCのような、周囲が応援したくなるようなチーム作りができるよう、今後も研鑽を積んでいきます。









by kusanokenji | 2019-05-24 14:11 | ■連載“日々努力”

能生(16回目)

【自然体バレー塾in能生16 実施要項】

目的:小学生から高校生までが自分で自分の成長を実感でき「自主的」で「主体的」に取組むバレー塾。

   併せて指導者が選手の将来を見据えた指導方法を学び、指導者自身の資質向上を目指す。

1)期 日
     平成31年 6月22日(土)~23日(日)


2)会 場 開催日毎会場が異なります!!
     6/22(土)   糸魚川総合体育館(糸魚川市上刈4-3-1

 6/23(日)   能生体育館   (糸魚川市能生1200  
      (最寄りの駅は、越後トキめき鉄道「糸魚川駅」と「能生駅」です)


3)時 間
     一日目: 6月22日:技術講習会 午前9時~午後5時まで 対象:指導者・生徒

     二日目: 6月23日:技術講習会 午前9時~午後3時半まで    〃


4)講 師
     草野健次氏(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)


5)参加費
     指導者:ひとり¥3,000/2日間 指導者は出来る限り2日間の参加をお願い致します。

     生 徒:チーム単位で受付けます。(費用についてはお問い合わせください)


6)昼 食
     指導者:1食¥700- (要予約)


7)懇親会
     6月22日(土)午前6時半ごろより   会費:¥6,000-(対岳荘)

 

8)問合せ・申し込み
     参加締切69日(日)まで(期限厳守)

宿泊希望の方は宿泊施設(対岳荘)に限りがあります早めの申し込みをお願い致します。

参加チームですが申し込み多数の場合は会場の都合上お断りする場合があります。(max80名)

全日程参加できない方の費用等については別途お問い合わせ下さい。

バレー塾実行委員:滝川宛にメール(hrfcd524@ybb.ne.jp)でお申し込み下さい。
     問い合わせについても、上記メールアドレスにお願いします。







by kusanokenji | 2019-05-16 12:08 | <開催要項>
第1077回バレー塾
 in栃木
2019年5月5〜6
 山前中学校体育館40名
述べ参加数:207、850

強化練習会

c0000970_12303342.jpg
一年生は5人(前列)
全員140㎝台だが、ガッツあり!
スパイクも全員打てます😄

c0000970_12250691.jpg
2年ぶり

c0000970_12254653.jpg
成長していました
c0000970_12254723.jpg
2年生が良かった!

c0000970_12254792.jpg
弾かないレシーブ
c0000970_12254742.jpg
夜も楽しく
c0000970_12351614.jpg

SLの駅舎
c0000970_12251645.jpg

宇都宮の餃子を食べて帰りました

c0000970_12252162.jpg








by kusanokenji | 2019-05-10 12:33 | ■連載“日々努力”
第1076回バレー塾
 in八雲7
2019年4月30〜1
 八雲小学校体育館160名
述べ参加数:207、810
アップデート
c0000970_20155626.jpg

第 7 回自然体バレー塾 in 八雲レポート(4月30日〜5 月 1 日開催)

                       本藤忠行(島根県江津市)

第 7 回自然体バレー塾 in 八雲に参加させて頂きました。


【自然体バレー塾はアップデートする】

自然体バレー塾では、「森を見て木を育てる」(子供の将来を見据えながら、一人一人の選手を育てよう!)という揺るぎない基本理念があり、心・技・体 3 点セットにした革新的で非常にわかりやすい指導法が特徴といえます。今まで 本の出版や現在も続く DVD 教材の発刊があり、草野先生自ら ICT(情報伝達技 術)を使って動画編集をした教材を精力的に発信し続けています。

c0000970_20160573.jpg

今回、in 八雲において草野先生がお話した中で「自然体バレー塾は常にアップ デートやなあ〜。」と語りました。その訳を伺うと、「10年先・20年先にも通 じる指導方法や練習方法を考えてきた。(テクノロジーの進化で)子供達はスマ ートフォンなどで簡単に最新情報が手に入る時代になった。自分が良いと考え る最新情報を発信し続けるためには、自然体バレーをアップデートする必要が あるのではないか。アップデートすることで、10年先や20年先ではなく10 0年先の未来にも通じるようにしたい。」


毎週、全国のどこかで開催されている自然体バレー塾、その場所で求められる ことや価値観は異なります。

また、参加者も小中高校生から指導者・ママさんなど多様です。今後「アップデート」がキーワードとなりそうです。

【10種2分自分トレで自立を促す】

今まで、草野先生が自然体バレー塾で考案されてきた数々のストレッチ&トレーニングを「技術は動きの上に乗る」を合言葉に年間通じて取り組めるように したのが夏トレ。今春には、その夏トレに変わり新たな解釈を加えた10種2分 自分トレが誕生しました。1種目2分の間に、やる回数も自分次第、一生懸命や ろうが手を抜こうがそれも自分次第。自己決定を通じて自立への足がりとなる と同時にやる気と集中力を引き出す革新的なトレーニングです。in 八雲でも、 最初はできない子ができる子を真似て行いますが段々とできるようになると、 徐々に自分と向き合いながら集中してやるようになっていきました。自分と向 き合う環境(時間)を作ることがポイントのようです。個人トレーニングなので 人数も関係ありません。指導者の声かけは必要ありません。ただ、見守るだけで す。


c0000970_20160507.jpg

【動画の見せ方次第で変わる子供達】

参加した子供達でも成⻑速度の違いが出た塾でもありました。草野先生は、子供達の中から成⻑する前の原石を見つけるのが本当に上手い!in 八雲では、初 日は目立たなかったけど、2 日目になるとぐんぐん(大げさかもしれませんが、 音が聞こえるぐらい)成⻑する小学生がいました。その子にはみんなの前でお手 本をしてもらって、修正点をアドバイスする。そしたら、もっと良くなる。もち ろんお手本となった子も自信がついて、どんなドリルでも高レベルでどんどん こなしていきます。スイッチが入ると表情や目の色、息遣いも変わります。同じ チームで一緒に練習をしていた子供達もつられて良くなりました。普段から自 然体ドリルで練習している子供達同士でも差が出てきてしまいます。それは、な ぜでしょうか?草野先生曰く、「動画を見せるのではなく、選ばせろ!」動画の 見せ方次第で効果がまったく異なるそうです。動画をせっかく見せても、受け取 り方が人によって違うので、工夫する必要があると感じました。それと、受け取 る側の気持ちがどうなのか、相手の立場になって考えることも必要ですね。

c0000970_20160556.jpg

【最後に】 受講者の中で、戦後まもなく島根県バレーボールの創成期に携われ実業団の

監督もご経験された90歳になる方から、貴重なお話を短い時間でしたが伺う ことが出来ました。

また、受講している姿も決して目立つことなく凛としておら れました。

c0000970_20271170.jpg

「苦労の連続だったけど、こうして元気なのはバレーボール出会った から。」とやさしい話し方でしたが実感がこもった言葉でした。草野先生を通じ てこういう方に出会えるのも自然体バレー塾の魅力ではないでしょうか。今回、「平成」から「令和」へ新しい時代のはざまで開催された自然体バレー塾 in 八雲。充実すぎるほど学ぶことができました。この機会を頂いた、八雲スポ 少男子バレー部の石原さんはじめコーチと保護者の皆様に致します。草野先生、引き続きよろしくお願い致します。


c0000970_20174898.jpg










by kusanokenji | 2019-05-07 20:28 | ■連載“日々努力”

浜松

c0000970_00245735.jpg

by kusanokenji | 2019-05-03 00:25 | <開催要項>