人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2019年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第1070回バレー塾
 in千歳
2019年3月22日〜24
千歳武道館 90+100名
述べ参加数:206、630

未来への蕾
(つぼみ)
c0000970_19352311.jpg

自立と調和した
バレーボール

自らの意思でやる
バレーボール

年齢・性別の垣根を超えて
縦の糸と、横の糸で
布を織りなすチームを創れ

c0000970_19343648.jpg

23日はDVD撮影でした
ご期待ください
秋頃発売だそうです


c0000970_19494335.jpg
c0000970_19345666.jpg
1日目は25:00
2日目は25:40


でも、僕は
次の日も絶好調です😄

c0000970_19350529.jpg
これが
年齢・性別の垣根を越えた
縦の糸、横の糸が
織り成す布です!
c0000970_19544253.jpg

僕もびっくり!
見とれてしまします


c0000970_19594400.jpg
次を見据えています!

今回の特記事項


10年間務めた教頭を辞任

一ひら教諭になり

小学一年生の担任と

女子バレー部の監督就任

そんな経歴の先生が

ひとりで参加されました


聞くと監督歴30年とのこと

北海道でも有名な「怒る監督」

だったらしい!


このままではダメだと

自分を変えるべく

自然体バレー塾参加に

あいなったという次第

今回、5時間かけて

根室から参加されたとのこと

その情熱に皆さんも大歓迎!


最後の

お礼の挨拶は元教頭先生です


草野先生今日はあり

がとうございました

初めて自然体バレー

塾に参加させていた

だき思うことが2つ

あります。

1つは、子供達の変容と目の輝きを見て感動しました。そして自分力を身につけさせ、素晴らしい未来へ子供達を導くことが大切だと感じました

 もう1つは指導者としての

  自分の人間磨きです

ストップ 球出し

ストップ 口出し

ストップ 手出し


ここに来ている指導者と共に実践していきたいと思います。

今日は本当にありがとうございました。

お礼の言葉になったかどうか分かりませんが

たくさん学ぶことあってもっともっと伝えたいことありますが

お礼の言葉とします


c0000970_00072514.png

この勇壮な登りが気持ちを高めてくれました(全部で10本)

c0000970_00082972.jpg
















by kusanokenji | 2019-03-28 19:46 | ■連載“日々努力”
第1070回バレー塾
 in千歳
2019年3月22日〜24
千歳武道館 90+100名
述べ参加数:206、630

未来への蕾
(つぼみ)
c0000970_19352311.jpg
自立と調和した
バレーボール

自らの意思でやる
バレーボール

年齢・性別の垣根を超えて
縦の糸と、横の糸で
布を織りなすチームを創れ

c0000970_19343648.jpg


by kusanokenji | 2019-03-28 19:46 | ■連載“日々努力”

東京(14回目)

【第14回自然体バレー塾in東京】実施要項


1、目的

都内の小中学生・ママさんバレーの選手または高校生を中心に、自然体バレーを通じて身体のメカニズムに即した練習方法で、故障がなく楽しく・笑顔でバレーボールの技術向上を目指す。

選手たちの将来を見据えた指導方法を学び、かつ人間学にも精通し、指導者の資質向上と地域スポーツの普及、発展を目指す。

2、開催日  平成31年4月6日(土)7日(日)

3、会場   両日とも第一商業高等学校  東京都渋谷区鉢山町8-1

       

高校とは関係がありませんので、会場への問い合わせはご遠慮ください。

4、主催   『自然体バレー塾in東京』実行委員会

5、講師   草野健次氏(日本バレーボール協会公認講師、自然体バレー塾塾頭)

『 http://www.kusanokenji.com/ 』を参照ください

6、内容  6日(土)受付8:30~

9:00~12:00 講義

13:00~17:00 実技指導(適宜、講義あり)

7日(日)受付8:30~

9:00~16:00 実技

     【実技指導】当日の参加者によって講師が適宜、内容を設定

7、対象者  指導者・選手(小・中・高・大学生・ママさんバレー)・保護者 

       学校・チーム単位での参加はもちろん、個人での参加も受付けます。

       一般クラブ・ママさんバレー関係者で自然な体の使い方や故障させない練習方法に

興味のある方もぜひご参加ください。

       バレーボール以外の指導者も参加可能です。

会場のスペース上 約100名(選手)とさせていただきます。

8、参加費   大学生以上 ひとり1,000円  小学生~高校生 ひとり500

9、申込方法  お名前とEメールアドレスまたはFAX番号を下記宛先までご連絡ください。

折り返し申込用紙を送信いたします。

          宛先      事務局  糸川 勇(いとかわ ゆう)

          メールアドレス itokawa_y@ybb.ne.jp

            題名を『自然体バレー塾 申し込み』としてください。

          TEL      090-7814-0734

10、申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。

11、その他   ●昼食(お弁当)をご希望の方は参加申し込みの際に明記ください。

        ●懇親会を6日(土)19:00頃より予定しております。

バレーの指導や悩みを共有しながら一緒に勉強させていただければと思います。

参加の有無を参加申し込みの際に明記ください。

        ●宿泊を希望される方は参加申し込みの際にご連絡ください。

        ●けが等発生した場合は、チームまたは各自で対応をお願いいたします。

        ●主催側でのボールは5号球のみお貸しできますが、

それ以外のボールが必要な場合は各自ボールをご持参ください。

カメラ撮影は以下のことを遵守して許可を得るようにしてください。

          1,施設の電源を充電に使用しない

          2,フロアー内で三脚を立てない(危険防止)

          3,選手のプライバシー保護を考慮する(近くで撮影しない)

          4,講習の妨げにならない(壁際かギャラリーで撮影)


    前回👇


  









by kusanokenji | 2019-03-20 22:13 | <開催要項>


 グー ぱつ ポン  

(ディグの基本動作)



🔷人や物、動物の動きや心の状態を音で表現したものが

オノパトペ

 そこで、スパイクレシーブ(ディグ)の動作を

音で表したものがグーぱっポン

 「グー」「ぱっ」「ポン」や

モゾモゾ」やチョンチョン」や「タタタ」

オノパトペのオンパレードです

これだと小学生にも伝えやすい😄


オノパトペによるレシーブ動作解説>


チョンチョン


膝と肘で体を上下に動かしながら

位置どりの動き出しのタイミングを測る動作

 相手チーム陣内にボールがあり

 相手セッターがトスを上げる瞬間まで行う

トスが上がったら「タタタ」

  チョンチョン

立腰(りつよう)姿勢」で行う。

 目的は、セッターのツートスや速攻に

対応できるように

 いつでもどこでも動ける態勢を準備しておく

c0000970_16574256.jpg


タタタは4方向


相手のトスによって

 自分がレシーブする位置に移動する

この動きを「位置どり」という

 この位置どりはチームの約束事や

フォーメーションにによって異なるが

 基本的に前後左右の4方向にする

 位置どりの次がいよいよレシーブ主動作の

「グー ぱつ ポン」


「グー」目的

スプリットのタイミングを測る!

 目線が大事になる

c0000970_17084233.jpg


アゴを前に突き出すようにしながら

上半身を折っていく(ガラ系の携帯のように)

両目が水平になりよく見える。


  「グー」動作

c0000970_16552301.jpg


背中を丸めながら、ガラ系携帯のように

体を折るようにするのがポイント

 その時、自己防衛屈曲反射による

無駄な腕の動きを防止するために、

 手はヘソモゾ

前腕で横腹をモゾモゾとこするようにしながら

 丹田を手で軽く押す👇


c0000970_16573307.jpg


ヘソの下の部分を丹田という。

尾骨を地球の中心に下ろしながら

丹田に少し力を入れるだけで命門」が開いて

体が動きやすい状態(ゴリラポーズ)になる

(東洋医学による)という効果もある。


名門(めいもん・腰椎2番の棘突起と3番の棘突起の間にあるツボ。ベルトの高さにある腰椎が4番目。命門を開く、または名門を広げると、腰が緩んで、気が上から下に流れやすくなる。つまり動きやすくなる。

このことは1999年〜2000年に連載していた月刊誌バレーボールマガジンの自然体バレーコーナーの中で『ゴリラポーズ』として掲載されている)


「ぱつ」

スプリットの表現!

c0000970_17083612.jpg


 スプリットとは、体を少し宙に浮かして

着地させる動作のことで、

 次の瞬間「床反力」とアキレス腱や

ふくらはぎなどの「伸張反射」

 が使えて1歩目の動き出しが速くなる。


「ぽん」は、「最短距離で面」を出す表現。


 小学生の打ったスパイクボールでも時速36キロメートルはあると仮定する。そうすると秒速に換算すると10m/秒になる。100m10秒で走るスピードである。人間の反応時間は平均で0、2秒。アッ!と反応した時には、ボールはすでに2mは動いているのだ。それから動いてレシーブしようとしても、さらに遅くなるということだ。つまり、選手が必死に全力で打ったスパイクボールを「動いてレシーブ」なんて、目の目に飛んでいるツバメを素手で捕まえるようなものだ。

到底不可能であるということ。

アッ!と同時にスプリット、同時に面づくり

これが「ぱつ ポン」である。

「ぱっ ポン!」を行うための準備が「グー」

「グー」を作る準備が

「チョンチョン タタタ」ということである


🔷余談・・・in伊豆で、面づくりに取り組んでいた時、末広中学校の岡田先生が「手を下げるタイミングが難しいと生徒が言っています。ヘソモゾのままで体を曲げたらだめでしょうか?」との相談がきっかけで、またまた新たなレシーブ技術開発が始まりました。そして試行錯誤を重ねて今回(3月9、10)のin東京でここまでたどり着きました。

 そこで得た結論が「チョンチョン タタタ グー ぱっ ポン(日野台高校杉山先生作)」です。もちろん完成ではありません。自然体には絶対という言葉も、完成という言葉もありません。さらにさらに、もっともっと検証を加えながら改善改善の繰り返しです。

上から目線に立った指導者の

こうしろ!ではなく、


生徒の立場になって考えてくれる

指導者の優しさと、素直な心が

新たな技術を生み出そうとしているところに

意味があると思ってあえてこの話を紹介しました


c0000970_16574822.jpg


相手の立場で考える

これが指導者の基本












by kusanokenji | 2019-03-13 17:12 | ■連載“日々努力”
第1069回バレー塾
 in東京
2019年3月9日〜10
都立第一商業高校体育館 170名
述べ参加数:206、440

<第四回 指導者講習会In 東京 日野台 杉山>

c0000970_15345366.jpg

朝の講習は、学力とは何か?から

勉強と部活そのどちらも学力が育つ。

勉強できるかどうか?ではない。

キーワードは 自主、自立、主体的

捨てること、決断と実行、覚悟

(覚悟をもって捨てるものがある)

指導者としての覚悟が問われ

また進化することが求められている


これからの時代、生徒、選手には

どんどん前に出ることが求められる。

自分の考えが言えることだ。そして

自ら判断して動くことがより求められる。


となると、それを部活動で育てるには??

そんな課題と、解決方法が

講義と実技の中でどんどん示されてゆく。

本来、そこで、講義を聞いているだけではなく

自分の考えを発信しなくてはならないのだな 


古い人間はついていけないか

とも感じるが、そこは、進化しようと思うかどうか。

やっぱり勉強し続けないといけないと再確認。

選手が進化するのに、

先生が古いままでは

お互いに不幸になるだけ!

c0000970_15420041.png

選手の現在の力で判断するな!

”いま!できている、できていないで判断するな!

選手ができないのを嘆くな

それが立ち止まる原因だ

できるためには何が必要か、

解決策を提示するのが指導者。


試合は相対値

実力がなくても相手がそれ以下なら勝てる

それを喜んでいては話にならない

練習は絶対値

自分の実力がわかる

だから!練習でどうするのかということ

そのためには!理論がしっかりしていないといけない。

これからの選手はどんどん自分の意見が言えるようになってくる。

そこで、しっかり理論的に説明できることが指導者には求められる。経験ではあかんのや!

c0000970_15424855.png

僕の長年の疑問にも、

全体の場で答えていただいた。

スパイクスイングの練習の場面で、見本の先生の打ち方の打点は低くて、その状態と実際のスパイク場面のスイングでは差があって、技術的に異なるものではないか?という僕自身の疑問でした。

選手からそういう質問あったか?

いやないです  じゃあ選手はわかってるんとちゃう? うむむ

スパイクに必要な要素がすべて同じなので、打点が違っても関係ない

そもそも打点の定義に誤りがある

肩と肘と手首の関係が同じ。動きの原理が同じ

サークルスクラッチの意味

そして、実際の場面で、なんども繰り返して練習していただいた・


選手に聞いてみました。打点が違う見本を見て、実際のスパイクと違うって思わなかった?

数名、うーんと首をかしげる。日野台のいいところです。

わからん時にわかったような返事するな

わからんなーって顔をせえ!

との以前の草野先生の話を実践している()

動作原理が同じってことだよね? 

原理・原則を知らないと誤った解釈になる

あ、そうかという脳が喜ぶ瞬間をもらえました。

c0000970_15423058.png


この指導者講習会は、なぜその練習をするのか?

上達するためには何が必要か、

指導者のための理論と実践を選手が聞けて、

体験できるので、とても貴重です。

なぜならば、より選手が自分で考えて行動できるようになるからです。

目指すフォームをイメージする 

動きの上に技術はのる

ということは、動きのトレーニングが絶対に必要

だから、ダンスや2分トレが重要。

小手先の技術指導では身につかない。

対症療法ではだめだ!

原因療法でないと力にはならない。

上達の条件=素直 努力 笑顔 


わからないとき 自ら考えて 解決方法を探る 

あ、そうか!と分かった時 

成長を実感できた時

自分の力になる瞬間、自信が持てる


身体の使い方は、身体が覚えてくれないと、

試合ではできない!

悩める中学生が、悩みをぶつけた

答えは次の通り

今あるのは厳しい指導のおかげと

過去を美化する保護者の存在は問題

理不尽な指導者のことで悩んだら

❶郷に入ればで、やる

❷聞いてみて、やってみて決める、

合わないものはスルーする

❸質問する なんでそうなのか?

❹それでもあかんかったら 辞める

c0000970_15424275.png

指導者には高い人間性が求められる

自分を磨く研修が必要だ

なぜならば

信じられて 尊敬されて 慕われる 

こんな先生ならば問題は起きない


c0000970_15363343.jpg

体育館練習へ!

今回のテーマの一つはレシーブの進化

はじかないレシーブの進化版

チョン×2から 位置取り ヘソモゾ 前傾 スプリット

からの5ヶ所、ひざ滑り、這いつくばり


チョンチョンは立腰姿勢で

 立腰姿勢の作り方(命門をひらく)

位置取りへの動き方

ヘソモゾの作り方

手の組み方などじっくりと行う


前傾するタイミングと方法

 顎を前に出すようにするとうまくいく

これはかなり徹底して練習した

今回の大きなポイントになった

顔の角度 膝との連動

スプリットのやり方

手の出し方 ボールへの当て方

ひざ滑りのタイミング

5方向への這いつくばり 飛び込み


二日間ここまで持っていくための段階練習

いったい何段階あったんだろう

できる練習へもどりながら、進み、またもどって、3歩進んで2歩下がる独特の進み方。

あ、もどった、あ!進んでるとそのタイミングは実際の場面で見ないとわからない。

なぜならば 選手が毎回違うから

なので、自分の選手が参加して、それに合わせて練習を組み立ててもらえるのは、なにより僕の勉強になる

一人、どうしてもはじく場面が多かった選手を個別にみていただけたのも、今後のヒントになりました。こういう時に遠慮しないで、お願いしてみるのも、自分の力の無さを晒すようですが、それ以上に得るものが多いです!恥はかき捨て


ヘソモゾの前傾姿勢で

レシーブする雰囲気を作る!

ぐうーーっ!よっしゃこい! 

僕の表現ではこれしかできませんが、これです!!


四股の5秒トレーニングの場面で

高校生、小学生問題なくこなしていましたが、

中学生から苦悶の声が

 あーーそうか、ここができないから、

バタバタふらふらするんだと、

動きづくりの重要性を理解できました。

選手を見れば、なにをやってるのかすぐわかる 

先生がよく言われること


c0000970_15420876.png

スパイクスイング4種 

0度 20度 載せる たたく

まずはこの0度20度の理解 ひねりの理解

スイングはどこから始まっても同じ

わかめスイング基礎

スパダン 2段キャッチボール 2段スナップパス 2段床投げ

投げ打ち交互 足ふり カメハメ


動きを作るメニューがどんどん出てくる

下に打つ 上に打つ スイングを始めるタイミングを変える


載せるとパンチ これができたら どうなるのか?

タイミングをずらすことが可能になる

つまり☆ゲームで通用する技術を作る


c0000970_15362865.jpg

1日目復習で学力とは

スポーツエリートにこそ学力は必要

なぜならば 

仕事をする会社に勤めるのに学力は絶対条件だから

小学生にVリーグ選手以上の技術を求める

なぜならば、大人になっても神経は覚えているから

そして、親学 この日きていた選手は全員女子 母親としての勉強ができるのはありがたい 

十月十日 つなげると 朝になる 萌になるとの答えもあり おもしろい

結婚観 自分の家族を大事にしてくれる相手を見つけろ!

スポーツは朝!心拍数を上げてから勉強すると効果が上がる 競争ではない運動を!

巧みで、しなやかで、故障しない身体づくり

技術指導はプラスでなくてマイナスで考える 捨てること余分なものを捨てる


体育館へ!

2分10種トレーニング

夏トレがこの2分トレに進化して 実感しているよかったことは

選手がマイペースでやれる 

夏トレもマイペースでやることでよかったのだが、どうしても時間がかかって、劣等感を持つ選手がいたのだが、それがなくなった。

2分の中で自分自身に挑戦できる もちろんさぼろうと思えばサボれる。

楽をすることもできる。それを決めるのは自分自身!ある意味より厳しい。

終わる時間が同じなので、次のメニューにすぐに入っていける

c0000970_15361925.jpg

ここからレシーブ練習がさらに進化してゆき、6方向位置取り×5か所レシーブからのひざ滑り、5方向這いつくばりへと

さらに前傾のタイミングも変えるとより、実践的になっていく。


昼の研修

サーブを入れようと思えば思うほど入らない 脱力しようと思えば思うほど力が入ってしまう選手をどうするか。

対症療法ではなく原因療法へ

意識を外に持ってゆくこと アプローチは選手と場面によっていろいろ異なる


練習ゲームに目的を持て

勝ち負けでなく、練習した技術を使う、使うことができるかどうか。目の前の結果で判断しないこと!

c0000970_15352924.jpg

午後の体育館へ

意識の話 と あと1点を取る ねらったところに打てること

そのための技術練習

サークルスクラッチからスパイクスイングへ

えーてんきやなー ほんまやなーー なんでやねん 

キャッチボール スナップパス バウンドキャッチ 2段モーション 5か所レシーブフォーム

昨日のメニューを繰り返しながら、1日たって脳が整理されているかどうかを試すメニュー


やはり レシーブできる雰囲気を作れ!メリハリのある構え スイッチオン!


ジャンプして打たれるボールを位置取りして レシーブ ひざ滑り 這いつくばりと

とれる範囲がどんどん広がる


ひねる必要性 弛緩 緊張 弛緩 肘が同じ高さだとリラックス

5つの力 筋力 重力 伸張反射 慣性 床反力


試合とはうまくいかないもの その時にどうするのかを練習する

c0000970_15351419.jpg

今回もありがとうございました

なぜそうするのか?どうすればいいのか?理論に基づいて考えることを選手は学んでくれたと思います。

ということは理論になる学校の勉強も大事。部活動で学べることも大事!

文武は融合で一つ 生徒が考えて意見できる場所づくり

相変わらず、書くと長くなってしまいますが、これでも圧縮してます。

中身が濃すぎる今回の講習会。選手の進化に負けないようにしなければ!と気持ちを新たにしました。

4月にまたお会いできるのを楽しみにしています!


追伸 鍛錬レインボーカラーTシャツは、ずっと注文可能です!

10年間やってくれとメーカーにはたのんであります。これからの季節 全国いろいろな場所でカラフルになるといいなあと思います。









by kusanokenji | 2019-03-11 16:01 | ■連載“日々努力”
第1068回バレー塾
 in江津
2019年3月2日〜3
江津市総合体育館 170名
述べ参加数:206、270

c0000970_09153761.jpg


c0000970_09154676.jpg


第3回自然体バレー塾inごうつレポート(3月2~3日開催)

本藤忠行(島根県江津市)

c0000970_09210027.png

【説明できますか?】

 「あのダンス、何の意味がありますか・・・?」

草野先生が、指導者の皆さんに問いかけてきました。

参加している小学生から高校生のチームがリズムをとりながら同じようなダンスをしています。

「説明できますか?」と草野先生。

私も含め、指導者の皆さんも「??・・・?」です。

「あのダンスにスパイクの動きが入っていますか?」と再び草野先生が問いかけてきました。


【集中すること!】

 個人トレの動画を見ながらやろうとしても思うように体が動かすことができずだんだん曖昧になっていきます。柔軟性もイマイチです。面づくりレシーブとして「フラフラぽん」や「5ヶ所レシーブ」を行いますが、なかなか上手くいかないため集中が途切れてきます。


 試合にミスしたら、練習が足りなかったと言い訳するでしょ。

それをなくすには、簡単な練習でも集中すること!!」


c0000970_09204181.png


【手取り足取り教える弊害】

「わからないからできない。ボーっとしてしまう。わかりやすい言葉で教えても、

聞こうともしない。隣も見ようとしない。それは、なぜか?

大人が手取り足取り教えようとする環境にしているから。


【最後に】

 今回の自然体バレー塾inごうつは刺激があったと思います。

参加した子供達・ママさん・指導者の皆さんは

自然体ドリルの奥深さを実感したのではないでしょうか?

LINE研修の配信にありましたが、「子供達に何を持たせてあげることができるのか?」

本当に大切なことだと思います。

来年も自然体バレー塾inごうつを開催させて頂きます。

(来年は、2月29日(土)と3月1日(日))

草野先生、引き続きよろしくお願い致します。


c0000970_09211359.png

(ママさんも頑張りました)













by kusanokenji | 2019-03-07 09:16 | ■連載“日々努力”

橋本(51回目)

第51回 自然体バレー塾in橋本


新しい時代に、回数を積み上げての51回目の開催です。

ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。



主 催  NPO法人げんき倶楽部はしもと 紀和ティンカーベルズ・紀和ウェンディ


期 日  2019年5月25日(土)~26日(日)


会 場  25日(土) 和歌山県立橋本体育館 サブアリーナ

     26日(日)       (和歌山県橋本市北馬場455)


定 員  選手は先着100名とします。(指導者のみの参加の定員はありません。)


時 間  受付:午前8時30分~(2日間とも)

     午前9時~午後5時まで


内 容  25日(土):終日 → 講義 + 実技指導

26日(日):終日 → 講義 + 実技指導


参加費  指導者:ひとり¥1,000(1日)

     選 手:ひとり  ¥500(1日)

     学校・チーム単位、並びに個人参加でも結構です。


昼 食  指導者:1食 ¥700(ご希望であれば、選手のお弁当もご用意させて頂きます。)


懇親会  5月25日(土)午後6時30分より 堺屋 会費:ひとり¥6,000


宿 舎  宿泊希望の方は、ホテルルートイン橋本をネット検索して頂き、各自で

お申込み下さい。


その他  ・ボールは各チーム、各自で準備して下さい。

     ・バレー塾開催中のケガにつきましては、応急処置は行いますが、その後

の責任は負いません。各自でスポーツ保険に加入して下さい。



5月18日(土)以後のキャンセルはご遠慮ください


参加ご希望の方は5月18日(土)まで(期限厳守)

自然体バレー塾in橋本事務局・岸田宛に

メール(seikotu@sage.ocn.ne.jp

もしくはFAX(0736-37-3623)までお申し込み下さい。








by kusanokenji | 2019-03-07 09:11 | <開催要項>