人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第1067回バレー塾
 in伊豆
2019年2月23日〜24
韮山中学校体育館 180名
述べ参加数:206、100
前夜祭は富士山の見える沼津の民泊で
JOCの反省会
第2925話・・・バレー塾 in伊豆_c0000970_20582133.jpg

第13回自然体バレー塾イン伊豆 2/23.24 レポート<塩谷>

今回の自然体バレー塾は、初参加のチームが多いこともあり、今まで取り組んできたスパイク動作とはじかないレシーブをメインに細かなポイントを練習した。まず、体の構造やメカニズムの話を通して、けがをしない練習、動き作りの説明。ストレッチ効果と動きつくり行った。

ストレッチの目的は体を柔らかくすること、しかし、筋肉が伸びてしまい運動をする上で、パフォーマンスを発揮できない。自然体トレーニングには、柔らかくするだけでなく筋肉に刺激を入れる効果がある。

今回のテーマは、「自立」 本気で自分に向き合うこと。そのために、トレーニングの仕方は、全員一斉にトレーニングするのではなく、2分トレを行う。このような取組で自主的、主体的に実施。自分のペースで、自分と向き合いながらトレーニングができる強さを育む目的。


名物手巻き寿司
第2925話・・・バレー塾 in伊豆_c0000970_20582835.jpg

20キロのマグロの兜
第2925話・・・バレー塾 in伊豆_c0000970_20583179.jpg

第2925話・・・バレー塾 in伊豆_c0000970_21025947.png

★(心の教育)

自分で自分の成長を感じ、自分でやろうとする。自分と向き合う⇒自分で戦う。

弱い自分と向き合ってください。

今までの経験を捨て、新しいものとの出会いを大切にして下さい。


☆心の状態は顔に表れる

心の中身は、見えないが、心の一番外側にあるものが顔である。

3倍努力

努力は何のためにするか。

努力は人のため、自分のためでも、チームのためでもない。

努力そのものが楽しいと思う生き方をしたい。

☆JOC試合前の練習

普段から自分と向き合うことをやっていくことの重要性(内面と向き合う)

試合前には、自分の調子がどうかではなく、

相手と戦う準備をすることが大切である。

自分の成長と向き合う。

自分の弱さに気づき、認め、そこから自分との戦い

試合で戦う訓練をしておくことを目指す。

☆分かるとは、迷路みたいなもの 

分からないことに出あう。

分かろうとする気持ちになっている。

今できないものを、今できるようにしようとしている。


☆指導者の指導ポイント

本人たちがどう思うか。どう伸びるか 

 「見通し力」が指導者には大切であること。

☆右手と左手でのジャンケンを通しての教訓 ⇒ 2つ以上のことを 同時にはできない。

だから ベンチワーク ベンチからの指示は1つだけ。

☆指導者が絶対言ってはいけない言葉  ⇒ 絶対に選手のせいにしない。

1.ネットがなければ。

  2.ブロックがなければ 


☆悩んだときの4つの選択

. 郷に入れば郷に従え

2.聞きなさい、どうすルカは別

3.質問をしなさい。

4.ついていけません。退部


技術面(ポイント)

スパイクのスイングは力感をなくすことを二日間かけて行った。

ポイント

小指からあげて・・・

頭の軸を動かさない・・・(頭は動かさない)顔は前を向いたまま

親指「気をつけ」姿勢 左手をつけていく 20度~20度 胸椎の回旋

45度~45度の動き 腰椎1に対し、胸椎2の関係

体幹と頭は軸でぐらつかないで行う。 顔は正面を向いたまま

ボールを使用しても、力感をださないように練習(頑張らない)

親指気をつけ後、かかとをあげる(抗重力筋を使う)


本校の課題

・打つタイミングがワンポイント、ボールをリリースする時間が長くなると良い。

13名が10種目に分かれるのに、1グループいないところあった。

その原因は、仲良しグループに分かれたこと。

自分と向き合うトレーニングではなかったこと。

また、行う内容を個々がしっかり理解できていないことが明確になった。

・レシーブ後、頭を上下させない。ボールヒットした後、頭をあげないこと、決めポーズが安定

・へぞもぞでレシーブする前、ボールをとる前に肩を若干、耳に近づける。そのことで安定感が生まれる。








by kusanokenji | 2019-02-26 21:13 | ■連載“日々努力”
第1066回バレー塾
 in能生
2019年2月16日〜17
能生中学校体育館 100名
述べ参加数:205、920
みるみる上達!
第2924話・・・バレー塾 in能生_c0000970_23511465.png
子供が育つ環境とは
真剣に考えていたらいつか答えが見つかる
第2924話・・・バレー塾 in能生_c0000970_23495055.jpg
心のスイッチが入ると見違えるようになる
第2924話・・・バレー塾 in能生_c0000970_23494622.jpg
練習方法もいつまでも同じでは・・・
第2924話・・・バレー塾 in能生_c0000970_23503263.jpg
仲間たち
第2924話・・・バレー塾 in能生_c0000970_23492024.jpg
次回は4月20、21








by kusanokenji | 2019-02-21 23:54 | ■連載“日々努力”
第1065回バレー塾
 in菰野
2019年2月9日〜10日
川中中学校体育館 170名
述べ参加数:205、820
義務研修も
第2923話・・・バレー塾 in菰野_c0000970_23262664.jpg
県外から22名、県内33名
みなさん3時間みっちりと!
インターハイに出る高校男子のハンドボール部の監督が
トレーニングに食らいついてくれました😄
こういうのもいいですね!
第2923話・・・バレー塾 in菰野_c0000970_23284004.png

特に体罰の話と
第2923話・・・バレー塾 in菰野_c0000970_23285058.png
心の教育は大事!
この3連休は
小学連、中学連、高体連、加えてVリーグ
その中で、二日目のバレー塾には
大会には参加しない小学生と中学生が
106名参加してくれました。
特に中学男子が30名近く!
ほとんど初心者。
ところが素直なんです。
女性の先生の愛情が届いている感じ。
それぞれに
上達の手応えを感じてくれたようです。

それにしても小学生は試合が多いですね。
ほぼ毎週試合みたいですが
大丈夫でしょうか!
選手も親も指導者も疲れませんかね。

まぁ、いらぬ心配でしょうが。
第2923話・・・バレー塾 in菰野_c0000970_23290727.png
心は顔に出ますからね
第2923話・・・バレー塾 in菰野_c0000970_23291576.png

でも
自分から好んで腐る子どもはいません
必ず、何らかの原因があるはずです



















by kusanokenji | 2019-02-14 23:39 | ■連載“日々努力”
第1064回バレー塾
 in下関
2019年2月3日〜4日
川中中学校体育館 250名
述べ参加数:205、650
朝も、昼も、夜も
勉強三昧の三日間

第5回自然体バレー塾in下関レポート(2月2~3日開催)

本藤忠行(島根県江津市)

【講義について】

 私は自然体バレー塾に何度か参加していますが、講義+実技のセットでないと理解が進みません。in下関の講義内容は、人間学・技術指導のポイント・解剖学、さまざまなテーマを取り上げて頂きました。その中で、ちょっと知ったぐらいで「わかったつもり」でいることが多いこと。本質の理解・分解をしていきながら「分かった」と言えるようにしていきたいと思いました。(仕事にも通じますね・・・。)

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12142604.png

【スパダンⅡについて】

股関節の動きを中心にウオーミングアップしたあと、スパダンⅡを行いました。動画を観て流れをひとつひとつていねいに、そしてポイントとなるところは的確な言葉で伝えていきます。子供達は、真剣にそして刺激を受けてどんどん出来ていきます。保育園のお子さんも一生懸命がんばっていました。

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12143866.png

【スパイクスイングの基礎練習について】

 スパイクスイングの新たなドリルです。このメニューについては、実際に会場に足を運んで頂いて学んで欲しいですね。子供達が、「そうなる動き」をヒントにあっという間に上達していきます。後日、地元でバレーボールをしている小学生やバスケットボールをしている高校生に同様の練習を行いましたが、短時間で大きな効果が得られました。

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12144881.png
【弾かないレシーブについて】

 小学生のアツ君、弾かないレシーブに必要な5つのポイントが出来ていました。無駄な動きがありません。とても参考になりました。写真をよく見ると、アツ君の目線の先は、ボールを返したい場所を見ています。凄い!!

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12145490.png

【夜の講義ついて】

 草野先生を中心に自然体バレー塾を勉強している指導者の皆さん、夜もさまざまなテーマでお話しが展開していきます。肩のゼロポジションについて、どうやって子供達に伝えるのか?論議をして、心地いい時間が流れていきました。

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12150785.png

【最後に】

 今回、自然体バレー塾in下関開催にあたってお世話になった惠本さんをはじめ実行委員の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。「子供達に対してバレーボールを通じて何を伝えればいいのか・・・?」今回のバレー塾でやっと見えてきたと感じました。この感覚を地元で少しずつ形にしていければと考えています。草野先生には、引き続きお世話になりますがよろしくお願い致します。


第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12130390.jpg

付録
スパイクスイングを速くするには

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12022379.png

第2922話・・・バレー塾 in下関_c0000970_12030084.jpg

この「力」は筋収縮のこと
”力”みという意味。
スイング速度を上げたいところに意識を置くな!
「意識を外に置け」
そうすると、結果的に
スイングを速くしたいところが速くなるよ
そういう発想です


こんな勉強会です!






by kusanokenji | 2019-02-11 12:04 | ■連載“日々努力”