カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第1051回バレー塾
 in東京
2018年10月27日〜28日
40名
述べ参加数:202、980名

スパダンⅡ製作

c0000970_16190230.png


自然体バレーin東京 強化練習会(糸川)

2018.10.2728


スパダンⅡ製作

これをやって、あれをやって、これじゃ長いから短くしようか。と草野先生から指示がポンポン出てきます。そしてリズムに乗るために髪の毛が浮くようにしよう。首が動かないように。左足のタメの時、右手を回内する(これはその場しのぎで、前腕に力が入ってしまうので本当は右肩を少し前に出す)。ジャンプして間を置かずに下がる。など動きのポイントも確認しながら、少しずつ形になってきます。草野先生から腕はサークルスクラッチで足の動きは自由でいいから何か考えてみてと一言。指示を受けて動くだけでなく、創作に参加させていただくこともできました。この時間があることで自分たちがこのダンを作ったんだと思えるのだと感じました。生徒たちはついていけていたのかわかりませんが、次々と出される指示に対して必死に動いていました。

新幹線の中で考えてきたことを実践の場で組み立て、約1時間くらいで一通り流れができ、撮影。


 そして一息ついて、ボールを使ったトレーニングに入りました。二段モーションキャッチボール。片方がウサギパス、片方は一段モーション、その後、打ってみる。レシーブキャッチ、レシーブ。どんどんドリルが進んでいきます。その間、間を作るためにジャンプをするまでの動き(遊びステップ)が大事。セッターがトスアップするまでは絶対にトスはこないのだから止まって待たない。など動きのポイントを整理させながら進んできました。スイングを振り切っていない選手が目につき、振り切っていないのは現象であってそれを直そうと思っても難しい。そこに原因はないんや。と自然体では当たり前の【AさせたければBさせよ】の指摘。


c0000970_16193140.png


バックスイングに力が入っていることで余裕がなくなる。ここで、見本となる2人の選手のスパイクの打ち方の違いをみんなで考えました。スパイクの助走からジャンプではアクセントを置く場所は一瞬であり、腕を引く(犬かき、手羽先)動きはスイングをする上で邪魔になるということを全員が目の当たりにします。


見本になった第一商業の生徒はどんどんスパイクの動きがよくなり、その後のチーム練習ではいつも打たないコースに打ち切っていたりと自信を持てたように感じました。ボールを使ったドリルが入り、先ほどのスパダン2で意識するべきバックスイングの動きを修正し、

再度撮影。

【動き→ボール→動き】と

技術に繋がる動き作りの実践が目の前で行われる瞬間でした


 2日目はスパダン2の復習で、バックスイングのアクセントを置く場所の確認(踏切の左足に合わせる)から始まり、はじかないレシーブ(レシレボ5)のドリルに入っていきました。その中で、相手がジャンプをして打ってくるレシーブ練習でではじくレシーブボールが目につき草野先生から

c0000970_16195113.png


『ショートノックなどのアップは動きの確認をするためにローギア。目の前でジャンプして打ってくるのにアップと同じ意識ではダメ。ローギアからトップギアへ自分で上げなくてはいけない』と一喝。練習のポイントの意識の置き方だけでなく、気持ちの意識の置き方にも触れていただきました。


 それから6人入ったチーム練習(相手のレフト攻撃、チャンス攻撃、サーブキャッチからの切り返し)は反省している時間を与えない、すぐに次のことを考えるようにする練習でした。その中で、レシーブのポジション取りや相手の弱点をつく指示など適宜、草野先生からのアドバイスが入り、両チームともどんどん攻撃、レシーブの質が上がっていくように感じました。

 『チームの中で動けない人が1人でもいたら

チーム力は下がる』

 『失敗したときの仕草ひとつでチーム力は上がる』

 『下を向かないで前を向く』

などのチームとして共通して意識しておかなければならないことのポイントも整理していただきました。

練習試合はミスが残るが、このように前を向く練習をすることが大事であるということを再認識しました。


 1日半といういつもより短い時間ではありましたが、いつもと同じかそれ以上に内容のの濃い時間を過ごさせていただくことができました。ありがとうございました。

 今回は8月のバレー塾の際に、全員が黒のTシャツを着ていてカラフルなTシャツ(レインボーTシャツ)があったらいいなという草野先生のつぶやきを受けて、日野台高校の杉山先生が鍛錬Tシャツを作成していただき、日野台高校の選手、第一商業の選手みんなでカラフルなシャツを着て参加しました。


c0000970_16260759.jpg

↓杉山先生のレポート



自然体バレー 強化練習会 IN 東京

 (2018、10、27~28 都立第一商業高校にて)


今回は、2チームでの強化練習会でした、初めての強化練習に、選手もドキドキです。

最初に、アップの動きのいい加減さを指摘され、ああ、流してしまっていたところだったと気が付きます。

結局、今回気が付いたところは、どこまで、細かく、真剣に取り組むのかということ。

意識をもって取り組まないと、変わっていかない。

短い時間の練習でも、練習の意図を理解して、注意する点をきちんと確認して行うこと。


スパダンⅡの製作

製作が始まり、言葉での指示がどんどん飛びます。


選手は理解しようとしますが、いままでの積み重ねからしか理解できないので、わからないこといっぱい。それでも進んでいく作成現場。そうなると、選手は必死についていこうとします。


なるほど…これか… 一歩先を行く考えや指示のために、わからない!ということが、わかろう!とすることに通じてゆく。そこに真剣さが生まれる。うまくいかない選手に、先生も何度も、教えます。むつかしいと思ったら、どんどん指示が変わる。前に戻る。できること、できそうなことに戻る。結果、戻ったところから、できなかったところまで進んでいる。

何度も何度も修正がかかる。いいものを伝えたいという、気持ちが伝わってきました。


できなくても、あきらめない。

目の前で見ることができました。


今回のスパダンは、


だれでも、治る

バックスイングと

フラット踏み込み、

床反力ジャンプ、

両足着地。


せっかく作ったスパダンです。

大事にしていきたいと思います。

意図がいい加減にならないように、

きちんと伝わってほしいものです。


一日目の最後は、次の日にいい感じを残す練習。これが上達のカギかなと僕は感じました。いい感じを残す。やる気を残すということにつながると思いました。

二日目も、ダンスの完成に向けて

繰り返し修正がはいります。

ハンドル、わかめ、キャッチボール 細かく、指示が入り、どんどん修正。

意識を高めます。


知恵と工夫!

どうすればリズムよく、効率的に練習できるかを考えろ!との指示。

キャッチの仕方、トスの上げ方まで、細かく気を遣うことが必要。

5か所3センチレシーブは、だんだん定着してきました。

練習で打ちのレベルが上がったら、レシーバーもギアを上げること!

最近感じるのは、サーブレシーブでのボールのはじきが少なくなってきたこと。

サーブレシーブが上がらないと嘆く前にやるべきことをやっているのか?

との言葉が身に沁みます。

超クロススパイク練習

22、ネットを使った練習が始まります。

そして66の乱打。

狙いや、指示を聞きながら

お互いのチームで課題を確認。

そこにミスを振り返る時間がない。

今回日野台チームは練習ゲームでいい結果が出なくて、チームも僕も沈んでいたのですが、そんなことを考えている時間はなかった。


ミスを嘆くな!下向くな、

後ろ向くな、すぐ戻れ!

個人の技術とチームの戦い方!

どちらも高めるために 知恵と工夫!

最後に、ミスは出るものだ!

止められない。

でも少なくすることはできる。

との言葉をもらいました。

結果にこだわる練習ゲームよりも

質の高い練習だ!



なんども迷いながら、

ここの場にきて、

正しい道に引き戻されています。

なにより、

この場は選手の真剣さが違う。

毎日この場を作れるように、

私自身が進化しなくては!!

今回も、ありがとうございました。


レインボーシャツは、思った以上にきれいで、練習を見ていても気持ちがよかったです。

なんだか選手のミスが目立たないような気がしました(錯覚?)

もし、揃えたい方がおられましたら、ラインの杉山(sugi)もしくは

hinodai11@gmail.com まで連絡ください。申込書を送ります。

c0000970_16585723.jpg



c0000970_16591056.jpg
































[PR]
by kusanokenji | 2018-10-29 16:26 | ■連載“日々努力”
第1050回バレー塾
 in遊佐(山形)
2018年10月20日〜21日
 150名
述べ参加数:202、940名

10回目を迎えました
c0000970_17355267.png
今年は多くの人たちが集まりました
c0000970_17362487.png
夕日がきれい!
c0000970_17360164.png
日の入り!
あっという間でした
c0000970_17361070.png

遊佐ママさんたちは
ますます元気ハツラツ

ママさん単独主催で
10年も連続開催!

頭が下がります









[PR]
by kusanokenji | 2018-10-26 17:40 | ■連載“日々努力”
第1049回バレー塾
 in味方(新潟)
2018年10月13日〜14日
 120名
述べ参加数:202、790名

効果満点柔軟ルーティン完成!
c0000970_08504860.jpg


見つめ合うのではなく、同じ方向を見ている仲間
いつも練習試合ばかり立やっている仲間は、さしずめ「恋人の関係」かな?
必要なくなればすぐに別れてしまうから。
同じ方向を見ている仲間は「学びの友」
老若男女、強い、弱いに関係ない!


c0000970_08475598.jpg
c0000970_08480675.png

レシレボ5を徹底!
c0000970_08483179.png
c0000970_08482343.png


新潟の夜は楽しい〜!
c0000970_08560582.jpg

c0000970_08561569.jpg
c0000970_08564415.jpg

三次会の部屋飲みの「おもてなし」
冷蔵庫から出てきたのは、氷水の入った器の中に入った缶ビール!
それも「キリン一番搾り」
キンキンに冷えたビールは、三次会に最高!





[PR]
by kusanokenji | 2018-10-18 09:11 | ■連載“日々努力”

千葉


【第9回 自然体バレー塾 in 千葉】開催要項


目的    【基礎・基本を学ぶ!】

        【原理・原則を大事に!】

技術は動きの上に乗っかる講習会


開催日  平成30年12月15日(土)・16日(日)

会場   JFEスチール 東日本製鉄所 千葉体育館

主催  『自然体バレー塾in千葉』実行委員会

後援   千葉市教育委員会・千葉市バレーボール協会

講師   草野健次先生 自然体バレー塾 塾長

(日本バレーボール協会公認講師)

日時   ①平成30年 12月15日(土

2Fアリーナ(受付開始8:40)

         9:00~16:30 実技指導(心の教育含)

       ②平成30年 12月16日(日)

2Fアリーナ(受付開始8:40)

        9:00~16:00 実技指導(心の教育含)

対象者  指導者・選手(小学生、中学生、高校生、一般)

選手の参加は約300名/1日とします。

参加費  中学生まで1日500円、大人1日1000円

        (団体の参加費、昼食費は受付で集金します)

10 申込方法  土田まで下記アドレス又はTELFAXで連絡ください。

         申込書をお送りいたします。

PCアドレス:konan149@yahoo.co.jp

         FAX043-262-2895

          TEL080-5030-0234

11 申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。

12 懇親会   15日(土)18:00頃から懇親会を開催します。

会費(6,000円/人)

13 その他   昼食(600円)を希望する方は申し込み書に明記下さい。

        ●運動中における傷害等について応急処置はいたしますが

所属団体加入のスポーツ団体保険を適用してください。

        ●チーム、個人で参加の方も各自ボールをご持参ください。 

ビデオ撮影についての注意。

1カメラ撮影は主催者の許可を得てください。

2施設の電源を充電に使用しないでください。

3フロアー内で三脚を立てないこと(危険防止)

4選手のプライバシー保護を考慮すること。

・近くで撮影しない。

・特に女子選手への配慮は必要です。

5講習の妨げにならないこと(壁際か観客席で撮影)











[PR]
by kusanokenji | 2018-10-10 09:30 | <開催要項>
第1048回バレー塾
 福島シリーズ
2018年10月5日〜7日
 250名
述べ参加数:202、670名

3日間連続講義でした
1日目:企業社員研修      
2日目:午前指導者研修・午後実技
3日目:午前指導者研修・午後実技
台風25号の影響もなく無事に!
c0000970_11024136.jpg

小学生のお礼の挨拶

閉講式の最後に小学生がお礼の挨拶をしてくれました。
堂々と、淀みのない、語りかける口調で
私の目を見て、一言も噛まずに挨拶する姿に
会場をにいる保護者や指導者を唸らせました
最近、テレビで試合の後のインタビューがありますが
笑ってごまかすか、語尾を伸ばす幼稚な言葉とは全然違う挨拶にみなさん感激。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

草野先生へ

草野先生の話を聞く前は、「ボールを使うときの動き」しか意識せず、「ボールを使わないときの体の動き」を意識することがなかったのですが、今回講習を受けて、「ボールを使わないときの動き」がいかに大切か、そしてその動きが ボールを使ったときの基本となり すごく大切なことが、よくわかりました。


そして私たちに足りないことを教えていただき、私のためだけではなく、「ここにいる全員の方々」のためにもなりました。数年前、草野先生に教えていただいた「モシカメ」は今でも先輩たちの代から引き継いで続けています


これからも、今回教えていただいた「一つ一つの動き」を意識しながら後輩たちに引き継いで行きたいと思います。今回の講習会は、私たち小学生でもよくわかる内容で、とても勉強になりました。二日間ありがとうございました。蓬莱南キャプテン

記念撮影のあと「手紙です」とそっと渡してくれました

挨拶するときはポケットにしまったままでした。


c0000970_11031853.jpg


小学校と中学部活の関係を良くするには・・・
小学生の指導者は
自分からの意思で子供を教えているが
中学部活顧問は必ずしも自分の意思ではない。
そのことを理解してやらないと
不満ばかり噴石して関係がギクシャクしている
そもそもスタートが違うことを理解してやるべき。

c0000970_11020703.jpg

固い子が多いのは指導者の責任!

c0000970_11024652.jpg
何を喋っているんでしょうね
ニコニコ、みんなとても楽しそうです
(保護者の方が撮影)

c0000970_11021265.jpg
記念写真の撮影には保護者カメラマンが多い

c0000970_11164687.jpg
c0000970_11173207.jpg















[PR]
by kusanokenji | 2018-10-08 11:18 | ■連載“日々努力”

静岡

静岡県選抜中学女子チーム 第3回強化練習会 実施要項


1.目 的 ・第32回JOCカップ全国都道府県対抗中学バレーボール大会における

 静岡県代表チームの強化を図る。

・中学校最高レベルの選手で構成された静岡県選抜チームを草野先生がどのよう にして強化していくかをみて、参加したチーム・指導者の資質向上を図る。

2.開催日 平成30年 11月10日(土)11日(日)

3.会 場 10(土)静岡市立末広中学校(静岡市葵区末広町41番地)

      11(日)静岡市立中島中学校(静岡市駿河区中島3303)

 4.主 催 『バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会』事務局

       『静岡選抜チーム』スタッフ        担当:岡田直樹

5.講 師 草野健次氏(自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師)

      『自然体バレー塾』を検索してみてください。

6.内 容 講師におまかせしてあります{参加チーム、静岡県選抜チーム、末広中他}

7.日 程 両日とも 受付 8:30~   ※8:00前の来校はご遠慮ください。

              9:00~17:00 随時、講義をはさんでの実技指導  

8.参加者 ①静岡県選抜チーム

②指導者と1チーム6人~8人で構成されたチーム (上限6チーム)

③指導者              1日のみの参加もオッケーです。

   参加できるチームに限りがありますので、参加を希望されるチームは、お早めに

   ご相談ください。指導者については、制限がありません。ふるってご参加ください!


9.申込方法 下記の必要事項をメールにて事務局までご連絡ください。

 ①氏名(所属名)②携帯電話番号(連絡先) ③参加人数 ④弁当の注文 ⑤懇親会の参加、他


10.参加費 指導者のみ参加3000円(1日)、チーム参加費については、参加状況により

異なりますので、責任者へ折り返し連絡いたします。

昼食(500円)懇親会(5000円)の希望は、申込時に明記してください。

11.その他 カメラ撮影は主催者の許可が必要です。なお、以下のことを厳守してください。

       ・選手のプラシー保護を考慮する。(女子選手への気遣いも)

       ・危険防止の為、フロアー内で三脚を立てない。

       ・講習の妨げにならないよう、壁際などの後から撮影する。

申込期限 11/2()まで。申込を希望されたチームで調整することがあります。

        お早めにお手続きをお願いします。

宿 泊  各自でお願いします。季節柄、ホテルの混雑が予想されます。お早めに。

懇親会  静岡駅周辺で会費5000円にて、草野先生を交えての懇親会を行います。

参加希望者は、ご連絡ください。



★申し込み&問い合わせ

「バレーボールを通して子どもたちを幸せにする会」事務局

担当:岡田 直樹(静岡県選抜女子チーム スタッフ)

TEL:090-8499-1702

 mailnokegao@i.softbank.jp















[PR]
by kusanokenji | 2018-10-04 13:18 | <開催要項>

岩見沢

第6回 自然体バレー塾in岩見沢(北海道) 開催要項


1、目的  子どもたちの将来を見据えた正しい指導方法を学び、指導者の資質向上をめざす。

      また、参加者(選手・指導者)の心の成長を促すきっかけづくりを目的とする。

2、主催  「自然体バレー塾in岩見沢」実行委員会

3、後援  岩見沢栗沢エンジェルス父母の会、岩見沢日の出イーグルス父母の会


4、日時  20181223日(日)

845分      選手集合・受付開始

900分~16時   選手実技指導

      20181224日(月)

845分      選手集合・受付開始

900分~16時   選手実技指導

5、会場  北海道岩見沢市立栗沢小学校体育館〔岩見沢市栗沢町南幸穂66 ℡0126-45-2786


6、講師  草野健次

     ・()日本バレーボール協会公認講師   


7、対象   小学生、中学生、高校生

8、参加費  指導者:一日/一人1,500円   ※指導者の人数制限はありません。

    高校生:一日/一人1,000円   小中学生:一日/一人 500円  

会場の都合上、選手は人数を制限します。申し込む前に連絡を下さい。

9、その他 

*講習中における傷害等について応急処置はいたしますが、その後は各自所属団体加入のスポーツ

団体保険を適用してください。

*昼食を希望する方は、1食700円(お茶付)で用意します。

  *1223日(日)の夜、草野先生を囲んで懇親会を予定しています。

  *カメラ撮影は主催者の許可を得て下さい。また、次のことを基本的遵守事項として守って下さい。

   ①施設の電源を充電に使用しないこと。  ②フロアー内で三脚を立てないこと。(危険防止)

   ③選手のプライバシー保護を考慮すること。(近くで撮影しない)

   ④講習の妨げにならないこと。壁際か観覧席で撮影すること。

(特に③は、女子選手への配慮が必要です。)

      

【問い合わせ・申し込み先】

068-082 北海道岩見沢市かえで町2丁目1-1 岩見沢市立日の出小学校   加藤 学

電話0126-23-2442  FAX 0126-22-3859

携帯番号 090-5071-5465    メールアドレス vivadreamv@yahoo.co.jp









[PR]
by kusanokenji | 2018-10-02 12:19 | <開催要項>

神戸

自然体バレー塾 IN KOBE 

実施概要


バレーボールの基礎や体の機能にあった動かし方それに見合う練習、さらにスポーツを通じて人間学を柱に「自然体バレー塾」を初めて神戸で開催する運びになりました。多くのバレーボール選手・指導者・父兄の皆様に参加していただきバレーボールの楽しさを味わって頂ければと思います。


開催日 平成30128日~9

会場  1日目  桃山台中学校 体育館・・・神戸市垂水区桃山台4-8

     2日目  神戸常盤大学 体育館・・・神戸市長田区大谷町2丁目6-12

     *注意:上記の学校はご厚意で施設を提供してくださっています。

         自然体バレー塾の問い合わせは絶対にしないでください。

日程 128日 9:0012:00   指導者向け講習会(教室にて)

         9:0012:00   選手(ストレッチ・柔軟・準備体操 体育館にて)

         12:0013:00   昼食

         13:0017:00   合同指導練習(体育館にて)

    129日 9:0012:00   合同指導練習(体育館にて)

         12:0013:00   昼食

         13:0017:00   合同指導練習(体育館にて)

(内容が変更する場合はご了承ください)

講師 草野健次氏 自然体バレー塾塾頭・日本バレーボール協会公認講師

定員  1日目 50

        2日目 150名 *定員になり次第締め切らせていただきます。尚指導者の人 

                 数は含まれておりません。(制限なし)

参加費  小学生・中学生・高校生・・・500/1日、指導者・・・1000/1

その他  昼食については各自持参または外注弁当がありますので申込時に事務局まで

申請してください。申込方法としてはチームの場合、代表者の方一括申込でお願いします。

(個人は各自申込)。弁当の種類は「おまかせ弁当」(大:600円、小:500円)です。

水・飲料水等は各自ご用意お願いします。

主催・問い合わせ 「自然体バレー塾 IN KOBE」実行委員会

          申込期間は1111日までとします。

          先着順のため定員になり次第締め切らせていただきます。

          実行委員会事務局 担当大野まで nile826-togi@docomo.ne.jp




注意事項  カメラの撮影については事前に主催者に申し出てください。

選手のプライバシーの厳守お願いします。

       危険が想定される場所での撮影はやめてください。

       運動中のケガ・障害等については応急処置は致しますが、その後は

       各自所属の団体保険加入のスポーツ団体保険等を適用してください。

       宿泊される方は各自個人で申込お願いします。

       ボールについてはこちらでご用意しておりません。各個人・各チームごとに

       必要数ご用意お願いします。

懇親会 12/8()19:00~ (会費は6000円)予定しております。

申込時に申請(参加人数)してください。場所・金額等はこちらから連絡します。













[PR]
by kusanokenji | 2018-10-01 23:23 | <開催要項>

福島

自然体バレー塾in福島

~すべては子供達の笑顔の為に~

開催要項

1、目 的  選手が自然体バレーを通じて身体のメカニズムに即した練習方法で、故障がなく楽しく・笑顔でバレーボールの技術向上を目指す。

指導者が選手たちの将来を見据えた指導方法を学び、かつ人間学にも精通し、指導者の資質向上と地域スポーツの普及、発展を目指す。

2、開催日  平成30年11月3日(土)~4日(日)

3、会 場  11月3日(土)保原高校(伊達市保原町字元木23

       114日(日)おじまふるさと交流館体育館(伊達郡川俣町小島畑12)  

学校とは関係がありませんので、会場への問い合わせはご遠慮ください。 

4、主 催  『自然体バレー塾in福島』実行委員会

5、講 師   草野健次氏(日本バレーボール協会公認講師、自然体バレー塾塾頭)

『 http://www.kusanokenji.com/ 』を参照ください

6、内 容  11月3日(土)4日(日) 2日間とも900分~16時(受付開始8:30

        ※3日の午前中は講義を行います。午後から随時、講義(解説)をはさんでの実技指導 

7、対象者  指導者・選手(小・中・高・大学生・一般ママさんバレー)・保護者 

会場のスペース上、選手は80名(選手)とさせていただきます。

(指導者のみの参加については定員はありません。)

8、参加費  大学生以上 ひとり1,000/1日間 小学生~高校生 ひとり500/1日間

9、申込方法 お名前とEメールアドレスを下記宛先までご連絡ください。折り返し申込用紙を送信いたします。

          宛先 事務局  小沢 仁(おざわ ひとし)

          メールアドレス ozawatch@nifty.com TEL 090-3129-7218

          題名を『自然体バレー塾申し込み』としてください。

          

10、申込期限  定員になり次第締め切らせていただきます。


選手は、10月16日定員になりましたので締め切らせていただきます。

指導者は申込み可です。


11、その他   昼食(お弁当)をご希望の方は参加申し込みの際に明記ください。

        ●宿泊を希望される方は参加申し込みの際にご連絡ください。

相部屋となりますがご了承ください。

        ●運動中における傷害等については、応急処置はいたしますが、その後は各自団体加入のスポーツ団体保険を適用してください。

        ●カメラ撮影は以下のことを遵守して許可を得るようにしてください。

          1,施設の電源を充電に使用しない

          2,フロアー内で三脚を立てない(危険防止)

          3,選手のプライバシー保護を考慮する(近くで撮影しない)

          4,講習の妨げにならない(壁際かギャラリーで撮影)














[PR]
by kusanokenji | 2018-10-01 23:21 | <開催要項>