人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

寝屋川

【第5回 自然体バレー塾 IN 寝屋川 開催要項】

目的:寝屋川市を中心とした選手たちが、バレーボールを通して幸せになれるようなきっかけづくりを目指す

☆日 時  平成26年5月11日(日)
☆会 場  大阪府立北かわち皐が丘高等学校
072-822-2241
寝屋川市寝屋北町1-1
☆時 間  (受付)8時30分(午前)9時~12時
               (午後)13時~17時

☆内 容  実技指導 人間学講義 など
☆参加費  指導者:ひとり¥1,000(1日)  選 手:ひとり¥500(1日)
☆昼 食  指導者:1食 ¥700(ご希望であれば、選手のお弁当もご用意させて頂きます。)

☆申込先  寝屋川市立第八中学校 佐々木勇貴

        電話番号 090-5230-4365         
参加申込アドレス  HYPERLINK "mailto:spbk69u9@tempo.ocn.ne.jp"
          spbk69u9@tempo.ocn.ne.jp
      *高校への連絡はしないでください。
☆宿 舎  宿泊をご希望の方は、佐々木まで申し出てください。
      会場に最寄りの宿泊施設を紹介します。
☆その他
①参加ご希望の方は5月8日(木)迄に、
1団体名(氏名)、2住所、3連絡先電話番号、4参加日程、5参加人数(指導者・選手)、6昼食の有無、7宿泊、8車の有無(以上8項目)を事務局・佐々木まで連絡してください。
②実技指導は、定員80名になり次第締め切りとさせて頂きます。
③何かご質問等がありましたら、事務局・佐々木まで連絡をお願い致します。


*当日は道中、気をつけてお越し下さい。
by kusanokenji | 2014-05-04 10:44 | メモ
伝えたい事は
世の中に必要とされていることか?


自己満足で終わっていないか?
本当に必要とされているのか?
そもそも何を伝えたいんだ、君は!

この答えになかなかたどりつかない日々。
だから努力を積み重ねるしかない。

う〜む!
悩みますね。
やりがいはなんやろ?

第2256話・・・やりがい_c0000970_1034579.jpg

by kusanokenji | 2014-05-03 10:03 | ■連載“日々努力”

立派な人は先に謝る

我々凡人には頭がくらくらする言葉ですね(^^)!

私がこれまで仕えてきた上司は不思議と東大卒業の人が多かった。東大卒業とAB型の人に縁があるのも何か因縁を感じる。これまで接してきた東大卒業の人に共通しているのは、けして自分から東大卒業と言わなかったこと。いわゆる自信家はいても「自慢家」はいなかった。これはたったの一度も聞いたことがなかった。いつも感心していたものだ。先に謝ったかどうかは見たことがないので「立派な人」かどうかは別にして、やっぱり「余裕」があったのは事実だ。それに比べてスポーツ関係者には「過去を語りたがる」「すぐ怒る」人が多いように感じる。なんだろうね。

 

立派な人は先に謝る・・・・ホンマや!

 

つまり、別な角度から視ると

「反射」的にものを言わない。

「怒る」という行為は殆どが反射である。

先に怒る人は?

お茶一杯飲む心がないとロクなことはない。

6秒待てない人生には不幸が宿るとはこのことだ。(なんのこっちゃ)

 

ホテルやマンションのエレベーターですり違う「わずか」な時間にも

その人の人柄がにじみ出るものだ。喋っても喋らなくても・・・。

 

 









 


by kusanokenji | 2014-05-02 10:33 | ■連載“日々努力”

他社が真似する物をつくれ

 

世の中は競争だ。ヒット商品が出れば、今度は他の会社がこぞってコピーし、追い打ちをかけてくる。しかし、それがありがたいことだと考えるとよい。世の中の仕組みは競争があるところに成長がある。真似してくれて結構!どんどん真似してくれ・・・それくらいの器量が欲しい。なぜなら、いつも他社が真似てくれるような商品を出すように心がけていれば、企業は安定して成長していくからだ。元祖だからといってじっと構えておられない。食べ物の世界は「元祖○○」の看板が目立つが家電などのメーカーにはそういう発想はない。世の消費者は元祖よりも時代の最先端を求めているからだ。今はスマホの時代だが、さて、いつまで続くか?・・・

 

バレーボールの指導法も

「人から真似されるものを発信せよ!」ということになる。

真似されるためにはそれだけの努力が必要だ。

努力は惜しまない方がいい。

なぜなら、努力が自分を育ててくれるからだ。

だから、人が真似してくれたら喜ぶくらいがいい。

 

悪い指導法は時代が淘汰してくれる。
体罰などその典型的な例だ。
中学校の試合を観戦したある保護者が愕然とされていた。
ベンチにふんぞりかえる指導者。
怒鳴ってばかりの指導者。
その事実を目の当たりに見て
「おぞましい~!」と一言!

生き残るのは「いい指導法」だけだ。

だから「いい指導法」を見つけるために努力しよう!

 

















by kusanokenji | 2014-05-01 10:55 | ■連載“日々努力”