人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

小学生のバレーボールする姿はいいな!

邪気のない努力・・・
   求めない心・・・
      にこやかな情熱・・・
        まるで鯉が泳いでいるみたいだ!


第1682話・・・邪気のない努力_c0000970_823445.gif


世の中には、希望のない人もいる。失望に泣いている人もいる。
チームの中にも、希望が持てず悩んでいる人もいる。
みんな同じではない。

しかし、
希望が持てるにはどうすればいいか・・・
それを考えてくれる人がいれば大丈夫だ。
きっと希望がもてるようになるだろう。
指導者の力の発揮場所である。
by kusanokenji | 2011-07-20 08:13 | ■連載“日々努力”

青森

【第686回】 in弘前(青森県)
2011年7月15日・・・弘前一中全校生徒道徳講話・・・850名
     7月16(土)~18(祝)・・・バレー塾・・・400名
★受講者累計 139,710名 
  
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1日目は道徳講話でした。一昨年の講演会に続き2回目の講演会です。
今回は850名集まりました。ちゃんと聞いてくれてありがとう!    

       「心の教育」が人を育てる
青森_c0000970_1659380.gif
『あなたは、本気で叱ってもらったことがありますか?」
そんな質問から始まった「叱ってもらえる幸せ」について皆で考えました。
「幸」の中には「辛」という字が入っているよ・・・・!
青森_c0000970_16573285.gif


バレー塾では、暑い中、3日間頑張りました。四股レシーブの徹底のお蔭で
随分とレシーブ姿勢が低く安定してきたように思うのですが・・・。
青森_c0000970_173295.gif


【2011スパダン】は岩手県の二戸から参加の小学生がモデルで頑張ってくれました!
青森_c0000970_17153333.gif


【心を育てる話】・・・練習の合間合間にプチ講演会を行いました。心を育てる話は大切です。根気よく、しかし楽しく聞いてもらえるように大阪弁を有効に使いながら・・・・。3日間毎日ですから少しは脳の中や、潜在意識の中へ刷り込まれたのではないかと思っています。心を込めて話しました。ウオーミングアップについても理論を説明しながら行いました。
青森_c0000970_17211151.gif


最終日の記念写真です。
青森_c0000970_19511229.gif

by kusanokenji | 2011-07-19 11:06 | ■講習会リポート

滋賀

大津市小中学生バレーボール教室開設事業実施要項
1.目 的  ・小中校生の交流を図る中で、バレーボールに対する意欲・関心を高める
        とともに、技術・知識の向上を図る。
       ・大津市のバレーボール競技のレベルアップを図り、更なる普及・発展を目指す。  
       ・小中学生の指導者の交流を図る。
2.主 催  大津市バレーボール協会
3.後 援  大津市 大津市教育委員会 大津市体育協会
4.期 日  平成23年7月30日(土)7月31日(日)
5.会 場  皇子ヶ丘公園体育館
6.参加対象 大津市内の小中学生(男女) 指導者    高校の部の指導者
7.定 員  200名
8.参加料  指導者・児童・生徒 1人500円(2日間) (1日参加の場合は300円)        
 
10.日 程       
7月30日(土):受付9:10分、9:30分開講式  午前・午後実技
7月31日(日):    〃        午前(指導者は講義、生徒は実技)、午後は実技

11.参加申し込み
    参加希望の方は、申し込み用紙に記入し、FAXで下記まで。
小澤 義孝 北大路中学校 FAX 534-0434
申し込み期間  6月27日(月) ~ 7月28日(木)
12.その他
      ①運動中における傷害等については、応急処置はいたしますが、
       その後はスポーツ団体保険を適用します。
      ②練習着、シューズ、ボール、着替え、タオル、弁当、水筒、参加費などを準備してください。
      ③健康管理に注意してください。
by kusanokenji | 2011-07-19 10:28 | メモ
殴るけるが当たり前のスポーツ界にあって、
「怒るな」「叩くな」「優しい言葉をかけろ」と言い続けて20年以上が過ぎた。
なでしこジャパンの監督さんも
「選手を常にリスペクト(尊敬)している」監督さんみたいで嬉しく思います。
勝っても目立たないのが好感持てます。

この4日間、弘前城の桜で有名な青森県弘前で講習会でした。
1日目は全校生徒830名向けの講演会。「心の教育」についての話。
3日間はバレー塾。
体育館にプロジェクターを常設して、合間合間にプチ講演。
暑さ対策、熱中症対策も兼ねてのこの「話の時間」が最近の夏場パターンです。

子供たちの「聞く力」が時間経過とともに見れるようになった。
これはいいことではないか・・・手ごたえを感じました。

子供たちに「話」をするには相当なエネルギーが必要です。
理由は、子供はこれから人間ができるから。
大人相手の話と違う。
「またお前か!」
「お前のお蔭で負けたんだ!」
「お前は必要ない」
「お前はいらないから帰れ!」

これらの言葉を浴びせ続けられた子供の潜在意識の中を考えると
いい加減なことを言ってはならぬと思うからです・・・。

そのためにはこちらのコンディショニングをしっかりしておかないといけない。
二日酔いしている場合じゃない。
そうしないと子供たちの心の中に話が届かない。
したがって、夜の懇親会は早々に引きあげさせてもらいました。

お蔭で自分の中ではかなり集中できた4日間であったように思いました。
日中にたくさん喋らせてもらったので、夜はいつもより聞き役に回った。
そこで発見!
酔っぱらいの、面白くない話を聞くのは大変ですね(笑)
いつもくだらない聞いてくださるみなさんに感謝です。反省します。
by kusanokenji | 2011-07-19 10:08 | ■連載“日々努力”
第1672話で「なぜ勉強するの?」について書いた。
「困ったときに自分助けてくれるために・・・・」と答えた。
今日はその続編。

人生の道は「正道」と「邪道」に大別されるようにいろいろある。
王道もあれば極道もあり、迷路もあれば悟道もある。

どれが正しい道なのか
どれが誤った道なのか


判断する力をつけるために
勉強が必要であるということを付記しておきたい。

還暦過ぎても人は迷うもの。
ましてや少年期や青年期の迷いは当然のこと。

暗闇の道を歩くときの「かすかな灯り」になるのが勉強。
だから人は「生涯勉強」なのだ。

さて、今日はこれから青森へ出発。
中学生への全校生徒800名への道徳講演会が待っている。
少しでも彼らの未来に役立つお話ができように
飛行機の中でじっくり考えよう!
by kusanokenji | 2011-07-15 06:29 | ■連載“日々努力”
「古い友人を持っている者ほど本物だが
     絶えず新しい友人を漁って歩く者は
         それが順境であるほど偽物だ」
・・・・安岡正篤

新しいもの好みというか、すぐに飛びつくのも軽い人間。
そういう意味ではインターネットは注意が必要だ。

慇懃(いんぎん)なほど褒めまくる人は注意しろと昔から言われる。
裏表のある人間の癖(へき)だとか・・・。

「恥ずかしくないの?」と言いたくなるほどのキザな言葉も怪しい。
両方とも無責任だから・・・。

昨日、1045勝した相撲の魁皇は
「自分は何をしても遅い人間だから・・・」が信用できて味がある。

そういう友を大事にしたいものだ。
さて、自分には何人いるかな?
by kusanokenji | 2011-07-14 08:39 | ■連載“日々努力”
         家庭訓

【妻は夫に】
1、先に起きよ
2、先に寝るな
3、和やかに物を言う    (安岡正篤)

昔の女性は「早寝・早起き」が美徳であり、躾の基本。
その理由は
「寝顔を男性に見せるものではないという教え。

ヨダレを垂らしたり、口をポカーンとしているところを見られるのは
女性として最大の恥だ、という恥の文化があったみたいですね。
それがいつからなくなったのでしょうか?

やはり「立ち居振る舞い」は上品なほうがいい。
ギャハハの笑いもいいが、時と場を考えないと・・・。

スポーツウーマン、気を付けたほうがいい!

これから夏本番!
みだりに肌の露出は控えたほうがいい。
汗は拭けば吹くほど出てくるもの。
ハンカチ王子みたいに、ゴシゴシよりパンパンがいい。
理由は、汗をゴシゴシ拭けば体温が下がらず、また汗が出るから。
汗が蒸発する気化熱で体温は下がるので、肌には少し水分を残すのが
いいらしい。キラリと光る汗も美しいものだ。
by kusanokenji | 2011-07-13 09:43 | ■連載“日々努力”
 

    夏を楽しく乗り越えよう!        

        いらつく時・・・・・「完璧を目指さない」と思え
        不安な時・・・・・・「成るように成る」と思え
        淋しい時・・・・・・「人は一人である」と思え
        傷ついた時・・・・・「他者に求めない」と思え
by kusanokenji | 2011-07-12 08:58 | ■連載“日々努力”

滋賀

【第685回】 強化練習会IN志賀中学校(滋賀県)
2011年7月9日(土)~10(日)・・・志賀中学校体育館・・・110名
★受講者累計 138,460名 
  ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         
          【大会直前!】  


前回は春、今回は夏です!総体直前です。春の県大会はベスト4。さて今回は?
滋賀_c0000970_126130.gif

一段と逞しく成長していました。
大腿四頭筋もヒラメ筋も弾力性あるアスリートの筋肉に変身していました。
滋賀_c0000970_1282395.gif

100選プロジェクトも着々と進行しています。
プロジェクト委員長に沖本先生、副委員長に松本さんが就任。
滋賀_c0000970_1211023.gif

こんな動きもあります。小学生もバリバリできます。
滋賀_c0000970_1214620.gif

【勉強に訪れた指導者】
初日8名、二日目16名・・・・東京、栃木、茨城、三重、京都、大阪、奈良、和歌山、兵庫からです。ご苦労様でした!  1日目の昼食時間には、わざわざ校長先生がみなさんに挨拶にこられました。そういえば、長浜西中学校の時も・・・。滋賀県の中学校はなかなかなものです。どちらの学校も活発です。グラウンドも教室(吹奏楽部)も賑やかで学校全体に活気がありました。ある県では休日は学校職員はゼロ。部活は平日は午後5時まで。休日はなし。休日と平日の午後5時以降は部活なしとか。5時以降は社会体育のクラブへ移行。教職員は関与せず。休日に学校には先生が誰もいないんですからね。考えられませんでしたよ。バレー塾に行っても部活の顧問は出てこないんですからね。保護者コーチがなにもかも動いておられました。異様な光景です。県によって随分と違うものですね。これでいいの?って思ってしまったりもしましたが・・・。大人にはいろいろと都合やら理屈があるんでしょうけど、子どもはどうなんでしょうね。
滋賀_c0000970_129456.gif

【指導者の生きざまを見せろ!】
子どもの教育は指導者次第だ。
「子供の目」「親の目」「世間の目」はごまかせない。
己の生き方、生き様をもって向き合うことが最大の力なり!
小手先、口先で向き合っても生徒は動かじ!
指導者たるものの特等の心得なり。

【応援歌】・・・午後の休憩時間に松本さんのギターライブ。
晴れの舞台に出る選手たちへのプレゼント。曲名は長淵剛の「乾杯!」

by kusanokenji | 2011-07-11 12:15 | ■講習会リポート
第1677話・・・ごまかさない_c0000970_9532734.gif

人間の空洞化を防ぐための研修と強化練習会。
その「ねぎらい」の夕食。
琵琶湖の波打ち際で、湖面をすり抜けた涼風を受けながら・・・。

確かに「価値」があった充実した二日間。
勝ちよりも価値を求める時、そこに「ごまかし」がなくなる。

「価値」を求める生き方は人間の心に入り込んでいくのは確かだ。
そして指導者の生き方が確立されていくと、周囲の信頼を得るのも確かだ。
指導者の生き方は「子供の目」も「親の目」も「世間の目」もごまかせない。

バレーボールを通じて人としての生き方を学べる研修の場に感謝したい。
「得るものを得た」充実感は疲れを忘れさせてくれる。

写真の彼達(奥の3人)は関東からの研修組。
朝9時から午後5時まで、ビデオカメラ片手に食い入るような目で
子供たちの動きを追いかける姿に「ごまかし」はない。
地元で待つている子供たちへのお土産をたくさん持って帰られた。

志賀中の子供たちの動きは美しい。
「勝ち」よりも、はるかに「価値」がある。
その証拠に、見る人をみんな釘づけにしてしまう。

そして、夏になると小生の頭も冴えてくる。
泉のごとく湧き出る「新しい常識」への具体化に脳が動き出した。
by kusanokenji | 2011-07-11 10:06 | ■連載“日々努力”