人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

~叱り叱られの記(後藤清一)~ より

【一人も解雇したらあかんぞ】
 昭和4年12月のこと。師走の風は松下にも冷たかった。創業以来、順風満帆、世間が不景気であっただけに、松下の発展は業界の耳目を引いた。しかし、同年7月、浜口内閣のデフレ政策が裏目に出るに及んで、事情は一変した。ニューヨーク株式大暴落に端を発した世界恐慌の荒波をモロにかぶったのだ。月商10万円の売り上げは半分に減少、倉庫満杯、工場のそこかしこにまで滞貨の山。製品はそのまま出荷待ち。どんどん累積する。松下の従業員も解雇の不安で浮き足立っていた。窮状打開策に八方奔走した最高幹部の井植・武久両氏は、ついに折からに西宮で静養中の大将(松下幸之助のこと)の枕元に向ったのである。
 「松下始まっていらいのこの窮状を打開する道は、ひとまず従業員を半減し、生産を半減するほかありません」――――――生産の状況、販売の実態、市場の見通しを克明に報告する。非常事態の松下や、やむをえん。人一倍、人情の厚い井植氏だ。いやいやしぶしぶ、迷いに迷ったあげの決断、身を切る思いであったはずである。

 大将は病床で腕を組む。報告を聞く。
長い間、黙思し、しばし落涙されたという。そして口を開かれた。

 「なあ、ワシはこう思うんや。松下が今日終るんであれば、君らの言うてくれるとおり、従業員を解雇してもええ。けどなあ、ワシは、将来、松下を大をなそうと思うとる。企業の都合でどんどん採用して、スワッというとき、社員を整理してしまうのか。大をなそうという松下としては、それは耐えられんことや。曇る日照る日や。一人といえどもやめさせたらあかん。ええか、解雇無用やでッ」 

 沈着な指示が飛ぶ。
工場は半日操業。従業員も半日勤務。生産半減。
ただし、社員の供与は全額支給すること。ビタ一文削ることあいならぬ。
一方、工場幹部は、昼からはカバンを持って販売に回る。
勿論休日返上だ。滞貨の山も、在庫の花でも売って来い。やればできる。
いや、やりぬかなあかん。
 井植氏は小踊りする。異論のあろうはずがない。
時を移さず、大将の意は会社に伝えられる。ウオーッ!歓呼。
社内に垂れ込めた暗雲は、瞬時に消し飛んだ。
(ようやる。大将はごつい人や)。大将、よう言うてくれはりました。売りまっせ。やりまっせ。
誰にやめてもらおうか。松下のためには鬼にもなろう、蛇にもなる。目をつぶって解雇予定者リストを作った私である。その場で、こなごなに破り捨てた。こみあげる感動に、つき動かされる。世の中は、これやなかったらいかん。
(つづく)
by Kusanokenji | 2010-04-21 13:19 | ■連載“日々努力”
不思議である。
人間そのものが好きになる(友達になる)と意見が違っても友達付き合いは続く。
主義主張、考え方が違ってもなぜかいつまでも仲がいい。

逆に、主義主張、考え方に同調して急速に接近した人はそうではない。
意見が違ったり、考えにズレが生じると、いつの間にか疎遠になってしまう。
近づいた人が勝手に消えてしまうのである。
そういう経験はありませんか?

同じ工場に長年勤めていると1000人、2000人は顔見知りになることも珍しくない。
ところが会社を辞めるとそうではない。
会社あっての付き合いである。これもまた寂しいことだけど。

会社などの組織である程度の地位になると「相手の立場を考えることができない人」でも
人は仕方なく寄ってくるが、会社を辞めると誰も寄ってこない。
そういう人ほど「辞めてから気がつく」のである。

人間が好きになると、主義主張が異なってもいつまで友としておれる。
この幸せを満喫できる人は、本当の幸せ者である。
「お~い」と言えば「おー!」と答えてくれる人がいる。
最高の友だ。

お~い、たまには自分から電話でも寄こせよ!
by kusanokenji | 2010-04-20 10:28 | ■連載“日々努力”

酒田

【第622回】 in酒田(山形県)
2010年4月17(土)~18(日)・・・遊佐町体育館 510名

★受講者累計 123、370名     ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これは何でしょう?
c0000970_14191266.jpg
【新型サーブレシーブ練習法登場】
サーブレシーブの命は“目”である。特に正面から向ってくるボールの遠近感把握は難しい。指導者は横から見るのでボールの軌道、遠近もクッキリ見える。その感覚で選手にいろいろアドバイスする。そのことが「サーブレシーブが大好き」と言える選手が育たない主な原因であろうとは誰も思わない。ここがミソ。かの宮本武蔵も真剣勝負で負けない秘訣は「一眼二足三胆四力」と述べて、最初に“目”を掲げている。つまり、正面から向きあう敵との“間合い”、”距離感”、”心の動き”を掴むことが先決なりと言うておるのである。
 さて、この写真は???・・・・・正面から投げられた(優しいサーブのつもり)ボールを背中でキャッチするものである。勿論段階的に構築されているが・・・。詳細は現場に来て体験してください。
c0000970_14302241.jpg

【心の手入れ・・・】
内面工事のこと?。最近の講義・・・受講された人から「泣いた」とよく聞かされるようになった。え~、僕の話で泣いてくれるの?ありがたいなーって思う。そして。「部下の育成」にとても役立つとも言われる。ちょっとでも役に立てればそれでいい。話に感動できる人に悪人はいない。感動とは心の瑞々しさじゃないかと思う。瑞々しい心を枯渇させてはならぬ。「肌の手入れ」も大事であるが、「心の手入れ」も大事。そう思いながら人間学の話をする。
【肌の手いれ】
外観工事のこと?・・・体の使い方のことであるが、今回は特に「肘の動かし方」をテーマにした。動作の始動時は「内旋・回内」から始まることをいろんな例で体験してもらう。まぁ、今、分からずともいい。何回も何回も話続けていくうちに「あっ、あの話はこういうことだたったのか!」とい気づく時がいづれくるであろうから・・・・なんていう気持ちで伝えているのが本音。
↓<記念撮影に入るところ>
c0000970_14481141.jpg
【510名が集まりました】
協会関係者曰く「酒田地域のバレー愛好者が一同に会した講習会は初めて」とのこと。今回は、小学生、中学生、高校生、ママさんが一同に集まって、しかも二日間で510名。最後のお礼の挨拶では地元の高校生が「これを機会に、酒田市全体のバレー人口が増えて欲しい」とそんな内容のことを述べてくれました。協会事業として毎年開催したいとの要請を受けました。感謝です。
【今回の自然体仲間は・・・】
全国各地に馳せ参じる自然体研究会のメンバーはお勉強が大好きです。今回、山形県以外からは、宮城県、秋田県、新潟県、岩手県、愛知県から参加してくれました。バレーボールを通して見聞を広める!・・・少々の無理をしてでも大きなお釣を神様からいただけるのではないかと思います。そんな感じですね。年齢や地位を重ねるごとにその価値を見出せるのはありがたいこと。普段の生活で「わかったフリ」「知ったフリ」が多いことに気がつけばつくほど、何かを発見できることが新鮮になるのもありがたい。懇親会に参加すると5分もたたないうちに打ち解けて、初めて参加される地元の人からは「なぜそこまでしてこられるのですか?」と必ずと言っていいほど聞かれるそうです。いくつになっても「0から1をつくる」「夢(む)から有を生み出す」ことが楽しいのですよね。そういう趣味を持ち合わせる人生の喜びはやってみないと分かりませんからね。みなさんもどうぞ、1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。たまには奥さんの慰労を兼ねての旅行のつもりでもいいかと思います。
by kusanokenji | 2010-04-19 14:56 | ■講習会リポート
季節外れの大雪!
朝、ホテルの窓から外を見ると“ボタン雪”・・・・驚きました。
4月17、18は山形県・酒田市でのバレー塾。
2日間で510名の参加者で大賑わいでした。(詳細は別にレポート)
ここでは別な角度から・・・・。

最後のお礼の言葉を地元「酒田東高校女子バレー部のキャプテン」が行いました。
その中で印象的なのが

「この二日間はこれまでのバレーを覆された二日間でもありましたがとても楽しかったです。
これを機会に酒田市のバレー人口がもっともっと増えて欲しいと思いました・・・・・・・」

ここの部分です。
「教えてもらったことを明日からの練習に活かして頑張ります」というのが普通の挨拶ですが
この高校生は違っていました。
「酒田のバレー愛好者が増えて欲しい!」
ここです。普通は中学生、高校生は他人のことを考える余裕なんてありません。
部活内での人間関係や技術のことを含め、大多数が「悩みながら」、バレーを続けています。
そういう中で、地域全体の発展を考えられる高校生が目の前にいる。
それも沢山の人の前で堂々と述べる。素晴しいことだと思いました。
日頃の指導者の指導の一端を覗かせていただいた気持ちでした。
幸い、協会の会長、副会長も2日間ともお見えになり、副会長さんからは早速
「お蔭様で、生徒の御礼の言葉にもあった通り酒田地区全体のバレー愛好者が一同
に集まって、指導者も含め地域全体の意識改革も出来たと思います。」とのメールも頂きました。

協会も動く!
指導者も動く!
なによりも
生徒が動き出す!

バレー愛好者が市の活性化の担い手となって欲しいと思いました。
c0000970_13274774.jpg

by kusanokenji | 2010-04-19 13:28 | ■連載“日々努力”
 <叱り叱られの記・後藤精一>より

戦後すぐ、松下幸之助の義弟井植歳男以下7名で三洋電機北条工場(兵庫県)がスタート。軌道に乗りかけたある日、そこに突然GHQ(アメリカ軍)から工場視察があった。案内しようとしたところ工場の入り口で“ストップ”がかる。。脚立をもってこいといわれた。その上に査察官が新聞紙を置いて腰をおろす。あっけにとられる工場関係者を尻目に悠然と工場を眺める。その間10分。やおら「ヨロシイ。コノ工場は見ル価値がアル」。人の流れ、部品の流れ、機械の動きと、全体のレイアウトを上から見たとき、多くの工場は落第だという。そんな時はサッと帰る。帰ったら「ダメな工場」という烙印を押され、企業の発展はない。人に“人相”があるように、工場にも“工場相”があるということ。一時間もあれば一回りできる工場見学に彼らは5時間もかけた。質問の嵐が吹き荒れる。
まず腰かけから・・・。
 
「なぜこの腰掛を採用したのか。高さは何を基準にしたのか」「・・・・」
「なぜこの機械はここに置くのか」「・・・・・・・・」
「この場所の照明は、何を基準にしたのか」「・・・・・・」
   リンゴ箱の大きさの製品箱を見ると
「この大きさは何を基準にしたのか、これは機械で持ち運びするのか」
「人間が運ぶのか、工場長は一人で持ち運びができるのか」
  はじめから”ここが悪い”とは言わない。まず理由を聞く。
答える。答えに窮する。それではこうしたらどうか。相手の納得づくで
同調できるように助言を積み上げていく。いささかも妥協を許さない。
-----------------------------------------------------------------------------
腰掛一つにも、人間がより楽に、しかも生産効率の視点から考える。
人間工学の理論に基づく指摘を、干天の慈雨のごとく、我々はむさぼった。
世間にはこれほど頭のいい人がいるものだ、我々は修行が足りん。

「あいつが一生懸命働いてくれたら・・・・・」
「もっと努力してくれたら・・・・」
「もう少し頑張ってくれたら・・・・」
人間の“やる気”に頼るのでなく、“人が普通の働きをした場合”を中心に
合理化をすすめていく。帰っていくGHQの能率技師を見送りながら、
心の中で井植社長に報告する。
「喜んでください。この田舎工場もやっと、先進国の技術屋の目に止まるまでに
成長したらしいですよ」
------------------------------------------------------------------------------
干天慈雨の如く・・・・・伸びる人間は器が違う。
ここから、三洋電機の急成長が始まったのである。
努力や苦悩無しの喜びはないことの再確認。
20年ぶりに読み返した本。
心の中でふつふつと熱いものが湧き上がる思い。
気がつけば徹夜して読んでいた。
by kusanokenji | 2010-04-15 06:53 | ■連載“日々努力”
ビックリした!
昨日、トイレの掃除のこと書いたら(第1368話)
最近「トイレの神様」の歌が人気上昇中であることを聞いた。
早速、ネットで探したら“あった”。

植村花菜・“トイレの神様”
http://www.youtube.com/watch?v=Z2VoEN1iooE

なかなかいい歌だ。
涙をちょっぴり誘う。

トイレ掃除が苦手の自分に
おばあちゃんが教えてくれた。しかし、そのおばあちゃんが亡くなってしもうた・・・・

♪トイレには、それはそれは綺麗な女神様がいるんやで♪
♪だから毎日トイレをきれいにしたら、女神様みたいに
    べっぴんさんになるんやで・・・・♪

そういう歌。

なんとも言えないこのタイミング。
自然体バレーをしているみなさん
  是非、この歌を聴いてください。
きっと、トイレ掃除ができるようになるよ。
そしたらべっぴんになるからね。
べっぴんというのは「身も心も美人のこと」

穂積中学校のみんなへ
 練習試合に行った先のトイもレ掃除させてもらったら
   もっと強くなれるよ。そんな気がするな。
by kusanokenji | 2010-04-14 01:38 | ■連載“日々努力”
昨年、岐阜羽島での講習会。二日間で500名以上の大人数。
実技の合間にいろいろ「お話」を挟むのが定番。
「ストレス解消にはトイレ掃除が一番いいよ!」という話をした。
自分でやってみてそう思ったからである。
「スポンジに重曹をつけてゴシゴシ磨くと、とても白くなるよ。
そうすると、今までスッキリしなかったことがスッキリしてくるよ。
明日からやってみてください。ハ~イ、明日からやる人手をあげなさい」

パラパラと手があがった。
そこに「どうしようか」と迷っている中学校があった。
あとで、みんなで話し合った。
「私たちもやろう!」と意見が決った。
やってみた。
トイレ掃除がとても楽しいという。
練習試合や何かの時は、必ず体育館のトイレ掃除をやるようになった。
「ゴシゴシしたらきれいになっていく」・・・・・そういうふうに言うらしい。
そんな話を顧問から聞いた。
岐阜県の穂積中学校女子バレー部である。
それなら、その場面の写真を撮らせてと、昨日の強化練習のときお願いして
撮影したのが下の写真である。
「トイレを磨くのが好き」と言える様になった中学2年生の女の子達に拍手したい。
そういえば、滋賀県の志賀中女子バレー部もそうだった。
みんな成長していくのがいいな。
c0000970_23494089.jpg
2010年4月11日:岐阜県穂積中学校の女子バレー部員による掃除風景(一応ゴム手袋とスポンジ使用しています。)
by kusanokenji | 2010-04-12 23:50 | ■連載“日々努力”

瑞穂

【第621回】 in瑞穂(岐阜県)
2010年4月10(土)~11(日)・・・強化練習会・・・穂積中学校体育館 150名

★受講者累計 122、860名     ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これは何でしょう?
c0000970_17253280.jpg
 【寿司スパイク!】
寿司を握りながら・・・・そのままテイクバックへ。イカ、タコ、アナゴ、トロ・・・・などと
自分の好きなネタを言いながら打ちます。ネタによってストレート、クロス、強打、
奥へ打つなどサインとしても使います。
 寿司の握り?・・・・そうです。テイクバックへの始動動作は「回内・内旋」です。
その動きを利用しようというわけです。結構いけます。
これは水曜日に我が家に来てくれた高橋君との話の中で出てきました。
次の「ネットしたでのゴロのさばき」も一連の動きです。アイディアと工夫の産物ですね。
その他にも「エッ!」というドリルが沢山でました。いづれ、紹介します。
☆これは何しているの?
c0000970_17321447.jpg
c0000970_17322174.jpg

【手の使い方、足の使い方】・・・・3:3でコートを分かれる。
ネット下でお互いにゴロを転がして移動する。転がした選手はそのままネットをくぐり
相手コートのエンドラインにタッチして次の順番に回る。(人数が多い時は壁タッチ)
bゴールを拾う時の足は「左→右→左」のステップ。
その時、左手でボールを広い、右手は素早く投げる準備(前腕回内・肩の内旋)準備。

【強化練習】
穂積中学校の男女、岐阜西、穂積北など5チームによる合同強化練習でした。
新人戦では男子は東海大会でベスト8。結構楽しみなチームです。
若手指導者が多く、今後が楽しみです。
by kusanokenji | 2010-04-12 17:45 | ■講習会リポート
月間「致知」5月号が届いた。パラパラ読んですぐ目が止まったのが
福島大学陸上部川本監督のインタビュー記事。

「ただ、選手にもよく言っているのは、努力している姿は絶対に人に
見せてはいけないし、口に出してもいけないということです。
自分の努力は神様にしか見せてはいけない。人に見せた瞬間に
その努力は帳消しになってしまうんです。そんな人を神様は応援
しませんよ。神様は正直に暮らす人。勝つためにやらなければならないことを
丁寧に丁寧にちゃんとやる人を応援する。」


最近、よく口にする言葉がポンポン出てくるのでビックリ。
嬉しいなと思った。
なかなか人に認められない、と落ち込んでいるあなた、
神様に応援されるような努力をやっていれば大丈夫ですよ!

「失敗した時が、一番指導のチャンスなんです。
失敗したとき、人間はハッと思う。
ハッと思った時に心を開く。
心を開いた時に全部受け入れるんです」


まさしく自然体バレーの真髄です。
失敗して上手くなっていくんです。
「知らないでの失敗は許されるが、知っていて失敗するのはけしからん」
と言う人がいますが、それは違いますね。教えるべきです。
そうしないと、失敗した事柄さえにも気がつきませんからね。
修正できないということです。進歩も成長もないですね。

「指導者は打てる手を全部打っておいて、本人も気づかずに勝たせる。
コーチとしてやるべきこと、やれることはなんでもやる。」


具体的なことは本の続きを読んでください。いい本ですよ。人間学満載。
これが「大きなことでも“サラリ”とやる」ということですね。
「大変だ、大変だ」と言う人は信用ならないのと同じです。
自分はこれだけやっているのに・・・と不満をこぼす人もまだまだですね。
子供が親にスネているのと変わらない。幼稚だということです。
自分の苦労を選手に言う必要はありません。
選手からも神様からもソッポ向かれるのが関の山です。
さり気なくやりましよう。好きでやっているんですから。

必ず「・・・・でもね」と言う。
できない言い訳はいくらでも考え付きますからね。
それを変えていくのが私の仕事です。

ありがとうございました。
心が洗われました。
by kusanokenji | 2010-04-09 01:01 | ■連載“日々努力”
有望新人に自分の居場所を追いやられる先輩の心境。
若手社員に追い抜かれる先輩社員の心境。
部下だった後輩に、ある日から上司になられた人の心境。
そりゃあ、誰だって心穏やかでないし、心乱れて当然だと思う。
そんな自分から早く脱出したい、元の自分に戻りたい・・・
そういう心境とは裏腹に空しい日々が続く。

ふと、小椋佳さんの「しおさいの詩」が蘇った。

青春の夢に 憧れもせずに 
青春の光を 追いかけもせずに
流れて行った時よ 果てしない海へ
消えた僕の 若い力 呼んでみたい
恋でもいい なんでもいい
ほかの全てを捨てられる 激しいものが欲しかった

------------- そこで 次が浮かんだ-------------------------------------

大切な努力に 背中を向けて
大切な仲間にも 背中を向けて
消え行く時の流れ 空しい日々よ
消えた私の 素直な心 早く取り戻したい
夢でもいい なんでもいい
無心にボールを追いかける 元の私が欲しかった
---------------------------------------------------

歌詞ってすごいな。あらためて思った。
奥深い世界が凝縮されているもんな。
見えないものがいっぱい詰っている感じ。

他のすべてを捨てられる
激しいもの(新しい目標)を見つけられたらいいね。
by kusanokenji | 2010-04-08 11:08 | ■連載“日々努力”