人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

強化練習会

【第572回】 in五條東中学校
4月11日(土)~12(日):五條東中学校育館:(2日間、50名)
★受講者累計 108、450名 
  
--------------------------------------------------------------------------------------------------☆
【未来につながるスパイク技術 】 
着地のフォームは空中姿勢を物語っています。すべてのスイング動作を終えて余裕をもって着地するのが理想。世界の一流選手を見てください。「片足着地」や「くの字着地」をする人はいません。バナナ着地(体がバナナのように湾曲)も最高到達打点を下げるだけです。フイニッシュはやや後傾姿勢の直線です。空中での反りは腰椎分離症の原因になりかねないし、反りからの屈曲も見た目ほどパワーがボールに伝達されるとは思いません。代わりに体幹の回転運動によってエネルギーを腕に伝達しているのがお分かりかと思います。このフオームが中学生で完成直前。勿論どこもケガや故障はありません。
c0000970_22222279.jpg

【目線の効用】
この効果は目茶苦茶大きい!・・・私の考えですが視力はあまり問いません。視力は0,2以上もあれば十分ではないでしょうか。なぜなら、針の穴を通すほどの正確な視力を必要とする場面はないからです。ボンヤリ見えたほうがいいのではないかとさえ思っています。それと、「利き目」もあまり重要性を認識していません。なぜなら野球のバッターみたいに固定された場面ではなく、動きが瞬時に移り変わるスポーツだからそれに伴い両目の使い分けが必要だからです。c0000970_2235418.jpg

【どちらの目で見る?】

・・・これが大事です。

両目で見ると、体の正面、いわゆる正対してしまいます。
右目で見るか、左目で見るか、両目で見るか・・・・
これだけで顔の向きが変わります。当然体幹の向きにも影響を与えます。つまり、姿勢そのものが変わるということです。姿勢が変わるということはフォームが変わるということです。例えば上の写真は半身(はんみ)でリターンしていますが、右の選手は右目で相手を見ながら下がっており、左の選手は左目で相手を見ながら下がっているのでこういうフォームが楽にできるということです。あ、そうそう、スパイクの助走、セッターのトス、ブロックの動きも大事です。それから球出しのコーチングもこれが最大のポイント!目線で選手の動きを誘導してあげる技を使うと面白いように選手が動いてくれます。これもコーチ学勉強中の2人に伝授しました。明らかに上達したのが分かります。目線を切るということは、別な言い方をすれば「目線をどこに置くか?」ということです。「目線を切れ」だけでは単なる知識で終ってしまいますが、「目線の置き方をどこにするの」に発展していけば知恵になります。何事も具体的に何をすればいいのかまで到達させるのが指導です。その他、言葉ひとつで大事なことがイメージできる「キーワード」も沢山出しました。見逃す人と、見逃さない人のアンテナの高さの問題ですが・・・。
【何をしたの?】・・・いっぱいあり過ぎて書けません。
かなりいい動き、厳しい動きができるようになりました。講習会の時はどちらかといえば「先生」の立場ですが、こうして知っているチームの強化練習ともなると「監督」に近い気持ちになりますのでどうしても心の教育にまで及んでしまいます。鉄は熱いうちに打て!・・・1年生は入部一週間の教育が大事。ここをしっかりしてやらないと3年間の部活生活を大きく左右させます。
【激励・・・ガンバレ!】
がんばれと言う言葉は時にはマイナス効果をつくりだすとも言われます。なぜ?
特に病人に無神経にがんばれと励ましたつもりが「エッ、これ以上もっとがんばれと言うの? もうダメだよ」・・・とショックを倍増させることもありうるからです。
スポーツの場面でも言葉の使い方が「大事です。
「がんばれ」だけではダメなのです。
「1点とるためのこのプレイをがんばれ!」と言える指導者になりたいものです。
平凡な「がんばれ」と言う言葉が突如として
「光り輝く言葉に変身」するでしょう。
ということはそういう練習を普段からやっておけということです。
「がんばる」ということはどういうことなのかを普段から指導していないと
ただの言葉で終るでしょう。
by kusanokenji | 2009-04-13 22:20 | ■講習会リポート
指導者は感情むき出しの嫌味、小言、文句タラタラを
しまいこむ引き出しも必用ではないか・・・・と岸田先生のブログに書いてあった。

そうか、しまい込む引き出しがいるんだ!納得!

指導するためには沢山の引き出しが必要だとはわかるが
余分なものをしまいこむ引き出しも必用だとは気がつかなかった。
余分なこととは・・・・指導者の言葉の数々だ。
余分な言葉が多いということは必用な言葉が少ないということ。
なるほど。

そういえば、僕のタンスはグチャグチャだ。
不要な物は捨てておこう。
そうしなければ
引き出しの中に入っているものを出すことも新しく入れることもできなくなる。
頭の中も、タンスの中も整理整頓しよう。
今日から実行しよう。
by kusanokenji | 2009-04-13 10:24 | ■連載“日々努力”
『昭和18年4月1日、私は会社の正門の前に立っていた。
頭の後ろで髪を二つに結んで、希望に胸を膨らませた18歳の乙女。
式が終わり職場に案内された。
そこに一人のかっぷくのいい男性が現われ
「○○君、ここが今日からの君の職場だよ」・・・・
○○勤労部長との対面だった。
そこから本日まで65年・・・・・はい、終わり!」
と、昔を思い出してメモにして、一人で読んだのよ ホホホ・・・!』

昨晩、昔の人たちが来てくれた。
行きつけの居酒屋で遅くまで痛飲した。
83歳、今でも現役バリバリの○口さんが上の話をしてくれた。
「バレーボールはええな!」としみじみ腹の底から話される姿が響いた。
「バレーは人生を豊かにしてくれる」とも言われた。
「私はず~っと一人だから本当にバレーボールに助けられた」
「あんたがもう1回監督してくれるのが夢よ。
どこまでもマネージャーで追いかけたいのよ・・・」
そう言っていただける人たちである。

ある年齢にくると寂しさから逃れられないのが人生。
ふと心の中を覗いてくれる友が欲しいものだけど
心の中を覗いてあげれるような人になりたいものだと思った。
by kusanokenji | 2009-04-11 08:00 | ■連載“日々努力”
沖縄の琉球舞踊をご覧になった方ならお分かりだと思うが歩く姿が美しい。
重心移動+最後の決めは足の指が”ピクン”。
最初出会った頃は意味不明でした。
なぜ、足の指が最後なのか?
そして”目線”・・・・どこを向いているのでしょうか?

目線と末端!

バレーボールの、いやスポーツ全体の共通の基本の動きがそこにありました。
重心移動がなぜ美しいのか・・・コアー部分、体幹部分が安定してクネクネ
していない。しかし、動きの中で全体のエネルギーをしっかり作り出している。
イルカショーを見たら動的バランスがみれる。空中を飛んでるイルカの姿。
空間での重心移動が素晴しいと言われる。

初心者に教える時にパスから教えるのは???だ。
なぜなら、一番最後に使うべき末端の手の指を最初に使わせるからだ。
目線の指導・・・あまりされていないようだ。
一瞬のうちに「ボール見て、相手を見て、味方を見て、またボールを見て・・・」と
言われてもできる筈もない。教えている人もできるのだろうか?
目線の向きで顔の向きが変わる・・・ここにヒントが隠されているようだ。
なぜ?を説明できる指導には、指導者自身の日々成長が待っている。
なぜ?は相手に求めるのでなく、その解答を相手に与えるものである。

こうして考えると最初はやっぱりモーションバランスがいいと思った次第。
by kusanokenji | 2009-04-10 09:48 | ■連載“日々努力”
バレー塾によく参加してくれる人のブログに
「バレーボールは習うもの」であることを体験できた・・・
そういう意味のことが書いてあった。

「習う」がとても新鮮な響であった。
バレーボールのイメージはどうしても
「突き指」「鍛える」「根性」「鬼コーチ」
眉間にシワを寄せて怒りまくる「鬼コーチ」のイメージだろうか。

バレーボールも「習うもの」「お稽古するもの」の一面があってもいいと思う。
そうなると暴力・暴言・下品がなくなるだろう。
それがまさしく「バレー塾」だ。

指導者の立場にいる人に
「選手はバレーボールを習いにきているんだよ」という意識があればどうだろう?
そうなると何かを教えなくてはいけません。
当然、教え方がまずいと選手は来ない。
教え方の上手いところに選手は集まる。
教えるとは「選手から選ばれる立場」なんだということがわかるだろう。

必然的に
「何を教えるの? どのように教えるの?」・・・・こんな発想が芽生える。
教えてやっているんだ、とか
お前は何をしているんだ、とか
そんな傲慢な態度は消えるだろう。
この発想が指導者の原点じゃないだろうか。

「何を教えるの?」「どのように教えるの?」
ここを大事にしていきましょう。
by kusanokenji | 2009-04-09 05:08 | ■連載“日々努力”
「恩返しをつなぐ」・・・・初めて聞く言葉なのですぐに書き留めておこうと思った。新聞記事に載っていた言葉だが忘れないうちに書いておこう。内容はこうだ。
「79歳のおばあちゃんが友人と出かけた帰りのバス停で、見知らぬご年配の人と話が盛り上がった。バスが来たのでバスに飛び乗り、手を振り名残惜しく別れた。バスを降りるときハンドバックがないことに気がついた。探したが、みつからない。どこにもない。さてはあの停留所?バッグの中身はサイフ、カードなど入っており顔がこわばっていく。友人もついてくれてタクシーで向った。いた!あの奥様がベンチに座っていた。「あった」と直感した。涙が溢れ出た。思わず心の中で手を合わせた。奥様は私がきっと引き返してくると思い、待つてあげようと決められたそうだ。「良かったね、喜んでくださったらそれで十分です」と言われ、電話番号も聞けずに別れた。「ありがとう」を何回も繰り返した。人の心の温かさに触れ、生きる喜びを味わった。どこかで恩返しをつないでいこうと決心した・・・・」という内容だ。

素晴しい!
読むほうも心が緩んでしまった。
いいな。
人情がいいな。
ベンチに一人待っているお婆ちゃん。
「きっと引き返してくるに違いない、待っていよう!と決心した」
いつまでも待つ覚悟だったのでしょうね。
そして79歳になってもこんな文章が書けるおばあちゃんも素晴しいと思った。
by kusanokenji | 2009-04-08 15:37 | ■連載“日々努力”
全国を巡回しながらバレーボールの指導をしていて感じることは
「動きがおかしい?」ということ。
技術以前に、動きの指導が殆んどなされていないということです。
例えば「半身動作(はんみどうさ)」です。
バレーボールの場合、「後ろに下がる」「定位置に戻る」という動作が多いわけですが
この動きがマチマチ。正面向いて、あるいは正対して後ずさりしている選手が殆んど。
写真を見てください。
c0000970_842114.jpg

両腕は、次の仕事のためにスタンバイ状態です。
顔は、敵が何をしてくるかを確認しています。
そして動き始めは脚からではなく腰から始動。次に足の運びです。
つまり重心移動から足へと動きます。この状態で素早く移動できるわけですが
「クイックモーション!」・・・急停止・急旋回!も可能にしておきます。
こういう動きができてくると格好よく、バレーが楽しくなります。
コートの中は運動会をする場所ではありません。
講習会レポートと合わせて参考にしてみてください。
今度皆さんと何処かの会場で会うとき
「あ!変わってる!」と思えることを期待しています。
by kusanokenji | 2009-04-07 08:05 | ■連載“日々努力”

in奈良

【第571回】 in奈良市(奈良県)
4月4日(土)~5(日):奈良市育英西中学校育館:(2日間、200名)
★受講者累計 108、400名 
  
--------------------------------------------------------------------------------------------------☆
【エッ?勝つバレーやるの? 】 
半身走りから始まり、30秒で肩で息をする3人レシーブまでのメニューを繰り返し、繰り返し行いました。合間にスパダンやスパレシなどの練習の二日間。講義も『筋肉の話は筋肉の「き」まででしたね』と云われるくらいサラリと流してバレーの技術編を目一杯やりました。
 しばらくはこのバージョンでいき、「勝たなくてもいい自然体バレー」「勝てない自然体バレー」を払拭して「勝つバレー」を浸透させようかな・・・なんて冗談です。きちんとやればそれなりの結果はついてきますバレー(笑)ぐらいにしておきます。
 後半はネットを使わずにセッターとアッタカー3枚のコンビの動きを!
ここで「セッターは救急車」の動きを少しだけですが触りをやりました。
c0000970_16435960.jpg

【バレーは半身(はんみ)動作】・・・そういえば格闘技では正対して向き合う姿は見かけませんよね。お互いに半身の構え!・・・人間の体を円柱が二つ合わさって一つのユニットになったと考えます。どちらかの円柱をずらした構えのことを半身といいます。
 半身の動き、特に後ろに走る動作は「体幹を捻らない動き」です。つまりナンバ走りですね。ここが気に入っています。顔と両腕はネットに向けたまま(斜め程度でもOK)戻る動作です。相手を見ながら相手から離れる動きです。しかも早く離れるために足はしっかり左右クロスさせて走っています。普通の走法は左右の腕を前後に振るので体幹が捻られますが、ナンバ走りは右手と右足が同時に同時方向に動きます。しかし武士が着物を着て腰の刀に手を置いて走る姿は「腕を振らない走りです。走っている途中でも相手を倒せる動きですね。バレーの場合はこれが欲しいのです。「リターン動作」にこれを利用します。ブロックステップにも利用します。つまり「腕を振らずに移動する」動作に効果的です。なぜ腕を振らないかというと、この腕は次の動作に必用だからです。だから今は休んでもらうのです。「次に働くことのできる筋肉は今休んでいる筋肉だけです」との野口体操理論からの発想です。例えばブロックだったらジャンプして腕をネット上に出さなければいけません。高いだけではなくタイミングが形や方向など細かい微調整を必用とします。「両手でボールを胸の前に抱えてステップ練習する」のは知らない間に習得させるのが目的だったのです。(一貫指導型練習ドリル「ブロックとレシーブ」参照)
c0000970_16574839.jpg
 【レシーブのリターン動作(戻り)】
この写真はブロックフォローからのリターン動作ですが、こういう時に半身動作が必要になります。つまり、定位置に戻る時も相手の攻撃がくるやも知れないという対策ですね。パス攻撃やツー攻撃などに対応しておきます。闘いの場ではけっして敵に背中を見せないのが常識ですね。そういう意味では、こちらがサーブレシーブのときにセッターが味方を見る行為は相手に背中を見せる行為でもあるわけですからちょっと考える余地があります。現に、世界の監督の発言ですが「どうして日本のセッターはネットに近く構えるの?どうしていつも背中ばかり見せるの?」を聞いたことがありますからね。ということで、ウオームアップの最初に「半身で後ろに走る」動作を練習したわけです。そうですね、ウオームアップもあまりムダなことをやらないほうがいいですね。例えばこの半身リターンをやらせたら、どうも足の動きが継ぎ足になったり左右交互のクロスステップになったりする子が結構いましたね。神経回路がそうなっているので先ずはそこから新しい神経回路をつくることから入りました。こうして今回はバレーボールに必用な基本の動きを用いた技術上達のドリルを多く行いました。日本人が大好きな(外国の監督はあれを不思議がっていますが)3人レシーブも、まったく違った動きになりました。いけー!落すな!突っ込め!アホか!帰れ!・・・・とは違います。この動きや技術の精度を上げるのがモーションバランスになります。今回は順番をちょっとだけ逆にしただけです。したがって最後の最後に少しだけモーションバランスを入れました。
by kusanokenji | 2009-04-06 16:58 | ■講習会リポート
毎週行われているバレー塾。
今回は初の奈良市内での開催。
それも私学の進学校の中学校での開催。
普段は勉強中心の学校でスポーツは縁遠い存在。
スポーツ学校からみれば「お嬢様学校」である。

しかし、保護者の方も一生懸命運営のお手伝いをしてくださり
真心接待をしてくださった。
内心はどう思われたか定かでないが、願わくば
「スポーツは勉強に効果がある」と思っていただけたらと思うのである。
何がどのように効果がある、ということはそれぞれに捉え方が無限にあるので
ここでは述べないが、生徒の自発性につながってくれればと思う。
根性むき出しだけがスポーツではない。
スポーツの形態もいろいろあっていいと思う。
自分達の信じるスポーツに出会えることは
きっと人生のプラスなることは間違いないからと思うからである。
by kusanokenji | 2009-04-06 11:05 | ■連載“日々努力”
頭の中にあるものは経験したものしか残っていない
それも加齢と共に減っていく
経験して・格闘して・磨かれたものは下腹(丹田)に集まるのよ
前を向いている人は腰(丹田)からグイグイ前に出て歩くでしょう
背筋がしゃんとして、胸骨が前に出て・・・
それは仙骨が前に出るからよ・・・・!


こんな会話を夕べした。
さながら、人生は仙骨先行!だね。
上半身が遅れて出てくる。
あれ? スイング動作の「肘先行動作」みたいだ。

ところで「なめんなよ、岩手を!」と新聞で宣伝していたのを思い出した。
花巻東高校の菊池君。
1回戦から「岩手のために頑張りたい!」と言っていた彼。
その彼が、日頃から実践しているのはなんと今の若者には珍しい
「トイレ掃除と心理学・人間学の本を読むこと」だそうで
目的は「精神力を養うため」だとか。
やはりどこか只者ではない。
岩手大好きな僕としてはかなり嬉しかった。
by kusanokenji | 2009-04-04 06:21 | ■連載“日々努力”