人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

A君。若い時、父の商売の失敗で借金地獄にあった。
毎日毎日借金を返すための生活が10年続いた。
気がついたら周囲から大きな信用を得ていた。

若い時の悩みや苦労はかけがえのないものだ。
この話はある人から聞いた実際の話である。
A君はそれこそ学校にもいけないくらい貧乏で
絶望の日々を過ごしていたそうである。
しかし、真面目な父親を思い、弟、妹を思い、
グチをこぼさない母の背中を見て必死で働いたそうだ。
毎日、魚と野菜と生活用品を行商に廻った。
5年、6年と経つ内に人々からとても信用されるようになった。
奥さんもできた。借金が返せるまでになった。
気がつくと、お店は大繁盛。
でも彼は長靴のいでたちを変えず、
頭を下げ、相変わらず謙虚に働いていた…。


若くして監督になり
若くして頂点に上ったB君の
その後の人生とはあまりにも対照的だ。
by kusanokenji | 2007-04-12 22:07 | ■連載“日々努力”
エチオピアで頑張られている梅崎さんの報告を見て
いてもたってもいられずにメールしています。
なんか7年前の自分を思い出しますよ。
梅崎様へメール届けていただいてもらっていいでしょうか?
よろしくお願い致します。
梅崎様へ
初めまして、熊本県の甲斐と申します。
私も7年前12年度1次隊でザンビアにバレーボール隊員として
活動していました。
梅崎さんの報告を見てメールしています。
何か懐かしくなると共に、あのころの熱い自分を思い出しました。
まだまだ熱くいたつもりですけど、日々冷めつつある自分を感じ、
今日からまたという気持ちになりました。
梅崎さん、活動する中でいろいろ大変なことや憤りもあると思いますが、
現地の方はみなさんあなたを見ているし、頼りにしていると思います。
くれぐれもお体だけには気を付けて元気に帰国してください。
元気に帰国することが何より大切なことですからね。
陰ながら応援しています。
なにかお役に立てるようなことがあれば、いつでも言ってください。
それでは、いきなりのメールすみません。
がんばってください!熊本県 甲斐照和
by kusanokenji | 2007-04-12 20:19 | ■連載“日々努力”

講習会(橋本)

【自然体バレー塾in橋本16】
 初夏を迎え、青葉がまぶしく感じる橋本市で、恒例の自然体バレー塾を開催します。
今回は『TEAM自然体研究会』の事業として、“自然体バレー公認講師養成シリーズ第1回”を同時開催致します。公認講師として基礎講座と実技を学ぶ絶好の機会ですので、全国からのご参加お待ちしております。奮ってご参加下さい。
期 日  平成19年5月19日(土)・20日(日)
会 場  和歌山県立橋本体育館
時 間  午前8時30分受付開始【集合:8時25分(時間厳守)】
       午前9時~午後5時まで(2日間)
内 容  1日目:午前9時~12時 基礎講座
      (選手は体育館で自然体ウォームアップ・バランスモーション実技)
           午後1時~5時  実技指導
      2日目:午前9時~午後5時 実技指導
参加費  ☆公認講師養成コースに参加の指導者:1日¥1,000(当日徴収)
       ☆一般参加・選手の参加      :1日¥500(当日徴収)
その他  ★昼食をご希望の方は、1食¥700でご用意致します。
      ★19日(土)午後6時30分から懇親会
堺屋 会費¥5,000(当日徴収)
      ★宿泊希望者は、直接リバーサイドホテル(Tel:0747-25-1555)にご連絡下さい。
      参加ご希望の方は、5月12日(土)までに自然体バレーin橋本事務局
      岸田宛にメール(seikotu@sage.ocn.ne.jp)でお申し込み下さい。
by kusanokenji | 2007-04-12 13:17 | メモ
「こっちに来い、来い!」というのが恋。
「会いにいく」のが愛。

恋愛は、行ったり、来たり!気持ちも行ったり、来たり!
「合う」は、偶然ばったり!
「会う」は、意志がある。
「逢う」は隠れて会うこと!
同じ「あう」でもこれだけ意味がある。

愛の本質は「舐める」こと。
動物は舐めることにより愛情を表現する。
けして見返りを求めないのが動物が見せる本能的な愛。
人間の愛は見返りを求めるので本当の愛ではないのかも知れない。
愛は心が真ん中。恋は下に心があるので下心がある。
むやみに恋するな!  つまらぬ恋をするな!

ボールよこっちに来い・・・・恋はアタックだね!
ボールに会いに行くぞ・・・愛はレシーブだね!
by kusanokenji | 2007-04-11 22:51 | ■連載“日々努力”

講習会(兵庫県西宮市)

草野健次先生の『自然体バレー塾』実施要項
目的:怪我をしない、させない楽しい練習方法の習得。
    指導者の指導力向上と児童生徒の技術向上。
主催:『自然体バレー塾in西宮』実行委員会 
日程:2007年5月4日(金)、5日(土)
場所:5月4日(金) 西宮市立西宮高等学校 (中高校生と指導者)
    5月5日(土) 西宮市立苦楽園中学校 (小学生と指導者)
対象:小学生、中学生、高校生、指導者
   ★指導者は両日参加可能です。
   ★指導者のみ兵庫県外からの参加を受付します。
内容:5月4日(金) (中高校生と指導者対象)
    8:15~ 8:45  受付
    8:45~ 8:55  開会式
    9:00~10:30  指導者講習会(視聴覚室) 生徒は練習・交流試合
   10:30~10:45  移動・準備
   10:45~12:15  講習会・実技 (体育館) ★ 生徒・指導者合同
   12:15~13:15  昼食
   13:15~17:25  講習会・実技 (体育館) ★ 生徒・指導者合同
   17:25~17:30  閉会式
   17:30~18:30  会場片付け・移動
   18:30~       懇親会
   5月5日(土) (小学生と指導者対象) 
    8:15~ 8:45  受付
    8:45~ 8:55  開会式
    8:55~ 9:00  移動・準備
    9:00~10:30  指導者講習会(視聴覚室) 児童は練習・交流試合
   10:30~10:45  移動・準備
   10:45~12:15  講習会・実技 (体育館) ★ 児童・指導者合同
   12:15~13:15  昼食
   13:15~16:25  講習会・実技 (体育館) ★ 児童・指導者合同
   16:25~17:00  会場片付け・解散   
参加人数:4日 生徒200人、5日 児童150人、指導者80人
参加費:指導者:1000円
小学生:300円(14名以上のチームは1チーム4000円)
中高校生:1チーム4000円
申し込み:4月下旬(先着順、定員になり次第締め切ります。)
申し込み先:『自然体バレー塾in西宮』実行委員会   堀 恵子
      メール ruck@gaia.eonet.ne.jp
ファックス 0798-66-6906
申し込み内容:代表者氏名、連絡先(パソコンのメールアドレス又はファックス番号、住所、自宅電話番号又は携帯電話番号)、参加区別(指導者のみ、小学生・人数、中学生・人数、高校生・人数)、参加状況(4日のみ、5日のみ、両日、懇親会)をお知らせ下さい。
問い合わせ先:堀 恵子
      メール ruck@gaia.eonet.ne.jp
ファックス 0798-66-6906
by kusanokenji | 2007-04-11 10:07 | メモ
結婚して、隣の旦那の出世をひがんだりするのはやめなさい。
子供の成績を比較するのもやめなさい。
成長が遅いといって悩むのはやめなさい。
例えば、隣の子は8ヶ月で歩いたのに
うちの子供は1年経ってもまだ歩けない、どうしよう!
と焦るのはやめなさい。
愚かなことだ!

桃や栗の苗樹を植えると、
約3年で実がなるが、
柿の実がなるのは8年かかる。
柿の実を早くならせるために、
肥料や水を沢山与えても
早く実をつけるものでもない。
by kusanokenji | 2007-04-10 22:50 | ■連載“日々努力”

講習会(静岡)

平成19年度静岡県西部地区バレーボール指導者講習会
主催:西部小学生バレーボール連盟
期日:平成19年6月2日(土)~3日(日)
会場:2日(土):浜岡原子力館・地階 オリエンテーションルーム
    3日(日):浜岡東小学校体育館
内容:2日(土):受付12:30~
          講義13:00~16:30
    3日(日):受付 8:30~
          実技 9:00~16:30
参加費:1,500円
問い合わせ:指導普及委員会 山田良弘 090-2684-3454
by kusanokenji | 2007-04-10 13:42 | メモ
単身で海を渡って活躍している日本の若いバレーボウラからのお便りです。ものすごく頑張っていますよ。日々グジグジ悩みを抱えている諸君!見聞を広めて心を大きくし、志を高くすれば解決できないことはないことを知りましよう。こうして遠くエチオピアの地でも自然体バレーのドリルが役に立っていることを嬉しく思います。帰国したら是非一緒に勉強しましよう。ところでエチオピアはどこ?
第618話・・・動き出す指導者達ー11 (海外編)_c0000970_0385554.jpg
『草野先生、無沙汰しております。エチオピアで活動中の梅崎です。
少し活動の報告をさせていただきたいと思います。
先日、首都アジスアベバ市内の小学校教諭(1~4年生)110名を対象としたセミナーが行われ、バレーの講義を1時間受け持つ機会がありました。
そこで、勝手ながら自然体バレーの一部(色んなボール遊び、グループゲーム)を紹介させていただきました。狭い講堂で私がデモンストレーションを行い、先生方はそれを見学する形式だったのですが、プラクティカルなことをほとんど知らない先生方にとっては目新しいことばかりだったようで、なかなか好評を得た様子でした。自分が草野先生になったつもりで、とにかくいろんな動きを経験させてあげてください、と現地語のアムハラ語で締めくくりました。第618話・・・動き出す指導者達ー11 (海外編)_c0000970_0391266.jpg
今回のセミナーのために先生の本を参考にしてドキュメントを作成し配布させていただきました。スキャナで写真を取り込み、英語で簡単な説明を付けたシンプルなガイドですが、こういう所で情報というのは大変貴重なもので、特に視覚的な情報を残すことが大事だと考え、先生の本をフル活用させていただきました。先生のさまざまなアイディアのお陰で無事にセミナーを終えることができました。ここでお礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。ここエチオピアの学校体育は悲惨なもので、ここに来て日本の学校体育の素晴らしさを実感しています。狭いグラウンドに80名近くの生徒、そしてボールは2~3個のみ。
 こういう環境が当たり前の中で先生方(40~50代がほとんど)は何の工夫もなく、ただボールを与えて野放し状態。そのおかげで、クラブチームやナショナルチームでプレーする選手の動きはやはりどこかぎこちないものになってしまっています。バレーに限らず発展途上の原因は初等教育にあると感じています。我々日本人が小学校時代に身につけてきた基本的な運動や学習能力は本当に重要なものであることに気づかされます。計算ができない、まっすぐの線が引けない、ボールがうまく投げられない、そういった基本的な実践は放ったからしで、頭でっかちの学歴志向が強まるばかり。先が思いやられるエチオピアですが、今回紹介した運動を先生方が少しでも多く授業に取り入れ、一人でも多くの子どもが色んな運動を通して笑顔になってくれることを願います。私達協力隊ができることは本当に小さなことですが、それが少しずつ積み重なって小さな変化として現れることを期待して日々頑張るのみです。
草野先生が全国で講習会を開いて地道にバレーの指導改革を行ってらっしゃるように…
残りの任期はわずかですが、これからもバレーの楽しさ、運動の楽しさを伝えられるよう活動に励みたいと思います。先生もお体に気をつけて全国を駆け回ってください!!
青年海外協力隊 バレーボール 梅崎 さゆり』

★彼女に激励のメールを出そう!・・・草野までお寄せください。
by kusanokenji | 2007-04-10 00:23 | ■連載“日々努力”
平成19年度 可茂地区スポーツ少年団連絡協議会バレーボール部会研修会
『自然体バレー教室』 開催要項

1.目 的  本教室は、故障のない、身体のメカニズムに則したジュニア期におけるバレーボール技術「自然体バレー」を習得することを目的とする。
2.開催日  平成19年5月26日(土)午前8時30分~午後4時30分まで
3.会 場  プラザちゅうたい
4.主 催  可茂地区スポーツ少年団連絡協議会バレーボール部会
共 催  MT夢クラブ21 『美濃加茂クラブ』
後 援  美濃加茂市教育委員会、美濃加茂市スポーツ少年団
5.講 師  草野 健次(くさの けんじ)
         前:松下電池工業女子バレーボール部監督
         現:(財)日本バレーボール協会公認講師
          「自然体バレー塾」塾長(全国に講演・セミナー活動・執筆活動等)       
6.対 象   可茂地区スポーツ少年団指導者
        美濃加茂市スポーツ少年団バレー部会の団員(子供)
7.日程・内容
  8:30 ~ 9:00    受付(時間厳守)
         9:00 ~ 9:10   開講式
         9:10 ~ 10:30   草野先生の講演等
        10:30 ~ 12:00   実技指導(バランストレーニング・パス・レシーブ)
        12:00 ~ 13:00   昼食休憩(食事は観客席等にて)
        13:00 ~ 16:20   実技指導(パス・レシーブ・ブロック・スパイク)
        16:20 ~ 16:30 閉講式
8.参加費   無料
9.申込先&  〒505-0027  美濃加茂市本郷町6-15-18
  お問合せ   可茂地区スポーツ少年団バレーボール部会長 大畑 賢次 まで
           TEL  (0574)62-1691  oohata.ken3@docomo.ne.jp
10.申込期限  平成19年5月8日(火)

平成19年度 美濃加茂市中学校バレーボール研修会
『自然体バレー教室』 開催要項

1.目 的  本教室は、故障のない、身体のメカニズムに則したジュニア期におけるバレーボール技術「自然体バレー」を習得することを目的とする。
2.開催日  平成19年5月27日(日)
3.会 場  プラザちゅうたい
4.主 催  美濃加茂市バレーボール協会
共 催  MT夢クラブ21 『美濃加茂クラブ』
後 援  美濃加茂市教育委員会
5.講 師  草野 健次(くさの けんじ)
         前:松下電池工業女子バレーボール部監督
          現:(財)日本バレーボール協会公認講師・
           「自然体バレー塾」塾長(全国に講演・セミナー活動・執筆活動等)       
6.対 象   中学校指導者、中学生
7.日程・内容
 8 :30 ~ 9:00   受付(時間厳守)
        9 :00 ~ 9:10   開講式
        9 :10 ~ 12:00   (バレーボール教室)
        12:00 ~ 13:00   昼食休憩(食事は観客席等にて)
        13:00 ~ 16:20   (バレーボール教室)
   16:20 ~ 16:30 閉講式
8.参加費   指導者・中学生一人当たり500円(当日受付にて徴収)
9.申込先&  〒505-0016  美濃加茂市牧野2234番地
  お問合せ   「美濃加茂・バレーボール・クラブ・Jr.」代表 草田貴弘 まで
                  TEL&FAX  (0574)25-7720
10.申込期限  平成19年5月11日(金)
by kusanokenji | 2007-04-09 21:44 | メモ

強化練習(沖縄)

第477回<自然体バレー塾ーIn沖縄>
4月7日(土)~8日(日):小禄高校体育館
参加者:100名(2日間)★受講者累計 81,730名
強化練習(沖縄)_c0000970_18501967.jpg
<堅実に>・・・けしてハデではないが堅実に!全体的にレシーブの形がしっかりしてきました。写真のようにボールの引き付け、からだ全体の安定、腕(面)の安定などが見てとれます。この写真の選手はレギュラーではありませんが、努力努力でここまで成長していました。努力してここまでこれたので何回やってもフォームが崩れないのです。ですから私の目にも止まりますし、こうして見本にもなれるのです。昨日のブログ(615話)で「お金持ちになることと人間の価値は別のもの。値打ちは別だということです」と書きました。バレーも同じですね。試合に勝つ、レギュラーになる・・・・そのことと人間の本質的な価値はまったく別であると言うことです。この辺は指導者はよく勉強してもらいたいところですね。なぜなら、その子のその後の人生に大きく影響するからです。バレーのうまい選手が人間的にも立派とは限りませんからね。その逆が多いということを忘れないこです。人生を失敗させたくなかったらね。
 スパイカーが目の前で助走してジャンプしての強打をレシーブしているドリルのお陰で、スパイカーが打つ瞬間、「ピクッ!」とするからだに力が入るムダな動きや上体が浮き上がる動きも殆んどありません。いわゆる「自然体」のままボールに対処できるのが大きな進歩ではなかろうかと思います。このままのままの状態から「予測外のボールへの反応」へとドリルは展開してゆくわけですが・・・・。レシーブ&スパイクに関する「基礎基本の段階的練習法」も80%程度出来上がりましたので時間を作ってまたまとめてみようと思います。本当におもしろいですね。どんどん上達する段階が目に見えるんですからね。これって、楽しくてしかたないよね。目の前4~5mの距離からジャンプしてどんどん強打を打ち込む姿なんか、ちょっとどこかのチームがやれば「しごき」の場面であるが、自然体バレーでは笑顔で淡々とやってるんですからね。
【段階的練習法】・・・・これ、これからのキーワードです。これがダメでも次の手、次の手が控えているということですね。できないからお前はダメだと言えないシステムを作るんです。いわゆる指導者のスキルアップです。選手もスキルアップするように指導者もスキルアップは必要です。これは企業では当たり前なのになぜかスポーツ界ではあまり責任を問われませんね。スポーツ界って、「負ければクビ」と言われて一見厳しい世界のように見えますが実際は一部の人間であって、大半はそうではありませんね。まあ、自業自得の世界みたいな気がする。要するに経験から脱皮できない「ゆで蛙」みたいな人が多い気がするわけです。昨日「創造の原理」を書きました。どんどん発想豊かな指導者が育ってほしいな。こんなに大事なことも自然体バレー塾の使命みたいなものになっちゃったみたいです。
 ただね、チームが勝つための最後の2%(ラストの2点を先にとる)の仕事は私にはできません。なぜならそこにいないからです。いくら練習方法を紹介しても、選手をうまくさせても、バレーを好きにさせても「勝つ」ことに関しては最後は監督です。みなさんよろしくお願いしますね。
by kusanokenji | 2007-04-09 18:52 | ■講習会リポート