人気ブログランキング |

2014年 09月 02日 ( 2 )

茨城

第6回自然体バレ-塾inつくば・土浦

 <開催要項>


1.主催  小田ファイターズスポーツ少年団・真鍋バレーボールスポーツ少年団 

2.講師  草野 健次先生(日本バレーボール協会公認講師,自然体バレー塾頭)

3.日時  平成26年11月1日(土) 9:00~16:30

           11月2日(日) 9:00~16:00

           ◎受け付け開始 8:30 

4.場所  新治トレーニングセンター  茨城県土浦市藤沢990

                   電話番号 029-862-3919                  (講習会に関する問い合わせはしないでください。)

5.目的  ・指導者としての心構えや新しい指導技術を学び,

       子どもたちを幸せにする。

      ・楽しく元気が出る練習法を体験し,バレーボールがもっと好きになる。

      ・バレーボール指導者の資質向上と交流を図る。

6.対象  ・小・中学生(1日)      80名(先着順)      

      ・小・中学生(2日)      80 (先着順)  

      ・指導者(12日)      希望者 (監督,コーチ,保護者)

7.受講料 小中学生 1人(1日につき)  500

      指導者  1人(1日につき)  1000

8.内容  実技指導  チーム強化の方法  人間学講義  など

9.申し込み 電話またはメールにて,下記事務局までご連絡ください。折り返し,「参加申込書」をお送りいたしますので,お名前(団体名),住所,連絡先電話番号,参加人数(指導者,小学生,中学生)をご記入の上お知らせください。

※問い合わせ先  第6回自然体バレー塾inつくば・土浦 開催事務局  

田上 和久(たがみ かずひさ)

 TEL 090-2739-8238  メールアドレス  

    tagami@mri.biglobe.ne.jp

◎申込期限 平成26年10月20日

   (定員になり次第,締め切らせていただきます。)

10.その他 実技参加の方は,ボールを11個ご用意ください。

      水分補給用の飲料水を十分にご用意ください。

      昼食は各自ご用意ください。お弁当を希望される場合はご相談ください。

11.懇親会 1日(土),18:30より草野先生を囲んでの懇親会(会費5000円)を予定しております。バレーボールに関するいろいろなお話が伺えますので,ご希望の方は講習会申込時に参加の有無をお知らせください。






by kusanokenji | 2014-09-02 10:57 | メモ

第2329話・・・共感

以前、ある地方のPTAブロック協議会総会での講演で
「地域における子どもの教育に関して、地域の人たちの協力を得るのがなかなか難しい、というお話を伺いましたが、ここに参加のみなさんは保護者、学校関係者、教育関係者ばかりです。いわば『身内』です。子どもさんに関係している人ばかりです。しかし求めておられる力というのは『身内外』です。身内外の人たちの協力を得るには、まずは身内外の人たちに共感してもらうことから始めないと難しいのではないでしょうか・・・」そんな話をさせてもたったことがあった。

目的は子どもの健全な成長。その目的を達成するためには「地域力」が必要である。目的を達成するために「地域の力を子どもの育成に寄与してもらおう」という目標を掲げた。ここまではいい。しかし、その目標を達成するための手段はどうであったか・・・ここに問題はありませんかということが言いたかったことなのだが、こういう問題は我々の周りにはしばしば見受けられる。「これをやりたいのだが、うまくいかない」
目的と目標と手段
ここを間違うとうまくいかない。
こんなとき、参考になるのが橋本左内の文章。
志を立てた者とは、ちょうど江戸行きを決めた旅人のようなものである。朝のうちに福井の城下を出発すれば、明日はどこ、あさってはどこ、という具合に次第に江戸に近づいて行く。どれほど才能が劣っている者であっても、このように努力を続けていけば江戸に到着しないということはあるまい。

「どれだけ立派な目標を掲げても
日々の努力がないと、うまくいかないものだ」と
100年前に15歳の少年が書いているのだ。
彼は書くだけ、言うだけでなくそれ以上の行動をしている。
それに比べて我々は・・・・
立場がある人でもバランスが悪いとピントがずれてしまうし
立場関係無しにやるべきことをやる、ってことかな。

うまくいかないのを
人のせいにしない!
人のせいにするとそれで終わってしまうだけ。
できない原因を人自分に向けると前へ進める。

他人の力を借りたければ
他人の共感を得ることが必要不可欠。
コップの口を上に向けさせることができなければ不満で終わるだけ。
と、反省しながら今日も自分に矢印を向けてがんばろう〜っと。


















by kusanokenji | 2014-09-02 10:18 | ■連載“日々努力”