人気ブログランキング |

2014年 02月 24日 ( 2 )

伊豆

【第826回】in伊豆(静岡県)
2014年2月22(土)〜23日(日)・・・修善寺体育館 340名
★受講者累計 166、690名  
 


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前回・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       若い中学教師に救われた


ホテルのロビーにありました!
c0000970_11472023.jpg

小学生も食いついています!
c0000970_11473767.jpg

今年も多く集まりました!
c0000970_11481567.png

元気ですね!
c0000970_11475886.jpg


【ちょっとづつ変わってきたかな?  ブログ
今回で6回目。
遠いし、指導者もあまり熱心でないし、そろそろ潮時かな?・・・・・って、ちょっと気が重たい状態で向かったけど、若い中学教師たちに救われました。「子どもを大切にする教師」「志を持っている教師」・・・それさえあれば、道はいくらでも拓ける!・・・そういうことを伝えるのが僕の目的。一番嫌いなのが「前例主義」「上から目線」「事なかれ主義」「保身主義」

【立志会】
一日目は男子中学生も参加していたので、「立志会」の映像を見せた。
「江戸時代は、14歳になればまげを結い、腰に短刀を差した。女性・子どもを守る立場になることの自覚のためだ。それを元服と呼んだ。君たちは今その歳になった。お母さんを守る覚悟はあるか、女性を守る覚悟はあるか!・・・・」そんな話。、
 大事なのは親と指導者ですね。そのように育てる気があれば、もっと変わるはず。子どもになにもかもしてあげると、何もできない子になるんですよ・・・とちくり!
エサを自分で探す野生の鴨の話もしっかりと!
エサを自分で探せない鴨の行く末は・・・・。
「野鴨の哲学」の話も若いうちにしておくほうがいいですね。

【おい、おい!】
ホテルのロビーにはご覧のおひなさん。しばし見とれていたら、どやどやと男女の10数名の集団がはいってきて、一気に静寂な雰囲気が打ち消された。「わ!〜、凄い、すごい!、これはええわ!」「わ〜!」「わ〜!」・・・大声で吠えまくる妙齢の女性たち。男子は静かでした(笑)テニスの鞄をもったご一行様。試合の帰りだろうか。身なりも悪くないし、普通にしていれば奥ゆかしいおしゃれマダムなんだろうけど、こうしてテニスで温泉ホテルに泊まりがけの遠征。そこそこの裕福なんでしょうね。試合か練習かわかりませんが終わった後の解放感に満ちあふれている姿がありあり。その気持ちわからないでもありませんが、しかし、あきらかに「他にもお客さんはいる」ということをすっかりお忘れのご様子。ビジネスホテルと違って、有名な温泉どころでのまあまあ、中級どころのホテルなので、経済的も恵まれているスポーツウーメンの印象がいっぺんに吹っ飛んだ瞬間でした(笑)。「大阪のおばちゃん」には慣れていて、親しみを感じるけど、この集団での立ち居振る舞いには少々驚いた次第。集団行動、解放感・・・・怖いですね。誰が見ているかわからない・・・気をつけたいと思った次第。
みなさん、気をつけましようね!
by kusanokenji | 2014-02-24 11:57 | ■講習会リポート
中学教師にも
いろいろあるね


川津桜で有名な伊豆の国市。
競輪学校トレーニングセンターのある修善寺でのバレー塾。
懇親会にも中学教師が沢山集まった。
中には、野球顧問や、新任教師2名(バレー顧問)もいた。初々しい彼達。
新任の数学教師に向かって
「数学はスポーツにとても関係がある教科やな。特に統計学は経営にもスポーツの指導にも大事な勉強や。例えばグラフひとつを考えてみる。お店の売り上げとか、人数のデータとか表とかグラフがあるが、あれはエクセルとかのソフトがあればすぐに書いてくれる。大事なのはそのグラフを見て、君たちが何を分析し、何を伝えるかやな。グラフや表を見て何を語れるか、そこが大事や。それと同じで、部活の指導も、君たちが過去に何を経験したか、何をやってきたからではなく、今何を伝えられるかやな、だから君がバレーの経験がなくても指導はバッチシできるよ!高校野球の指導者も選手の実績がない人がいい指導者になっている例は多い」と強烈な?先制パンチならぬ、激励のはげましパンチ(笑)で懇親会スタート。

終わってみれば、の・み・す・ぎ!

久しぶりに楽しい懇親会でした。

若い教師はいいね。
初々しい!
評論家がいないのが最高!
「でもですね」と言わない所が頼もしい!
すぐに「でも」とか「難しい」「無理」を連発する教師は
沢山見てきたので、黙って話に聞き入る姿が新鮮。
なかには相手がどういう人間かもわからずに自分の事だけを喋る奴もいるからね。

彼たち
生徒と保護者との「三者関係」でもまれて成長だね。
「三つの納得」を得られる教師になること!
上から目線の教師になるな!・・・そんな話で盛り上がりました。

なによりも若い教師は、そこから次の展開に入っていける。
そこがいい。食いつきというか、情熱が消えていないというか・・・。
やる気が芽生えると自然に顔に出る。
子ども達が見せる顔と同じだ。
こっちも喋るが、相手も、喋りだす・・・これがまた最高!
若い教師に喋らせたらこっちの勝ち~!みたいな、楽しみがある。

ベテラン教師はそこから愚痴と不満に入っていく!(笑)
大きな差だよね。まるで真逆の会話。
会話が面白くない。時間がもったいない。酒がうまくない(笑)
そこが大きく違うところ!


「三つの納得」
あなたの指導について、選手が納得しているか?
あなたの指導について、保護者は納得しているか?
あなたの指導について、社会は納得しているか?


この3つに照らし合わせて自分を振り返るといいと思うよ・・・・
独善的にならないことが大事だよ。
世の中には素敵な教師が沢山いるからね。
そういう人のことをたくさん学んだらいいと思うよ。
同僚に尊敬できる先輩教師がいれば最高だけどね・・・。

で、次の日は
ところどころで
用意された映像を使って
親も指導者も生徒も
心の勉強も・・・・・・・

懇親会に出席した指導者は
ゆうべの復習!
by kusanokenji | 2014-02-24 10:58 | ■連載“日々努力”