人気ブログランキング |
カレンダー

2013年 03月 18日 ( 3 )

打出中学校

打出中学校強化練習会
 注意:(その1)と(その2)は会場が違います! 
【第3回 打出中学校強化練習会(その1) 実施要項】
1)期 日
 平成25年4月13日(土)~14日(日)
2)会 場
 大津市立打出中学校 体育館
 〒520-0804 滋賀県大津市本宮2丁目46-1
 (最寄りの駅は、JR大津駅です)
3)時 間
 午前9時~午後5時まで
  (生徒たちは、8時30分よりアップを開始する予定です。)
4)内 容
 打出中学校女子バレーボール部の強化練習
5)参加費
 指導者:ひとり¥1,000-(1日)
6)昼 食
 指導者:1食¥700-まで
7)懇親会
 13日(土)午後7時ごろより
 (場所未定 大津駅周辺を計画)
8)問合せ・申し込み
 打 出 中学校 沖 本
 uchidejhsvbc-coaching@yahoo.co.jp
  *中学校へは連絡しないで下さい。

【第3回 打出中学校強化練習会(その2) 実施要項】
1)期 日
 平成25年4月20日(土)~21日(日)
2)会 場
 20日 滋賀大学教育学部附属中学校 体育館
    〒520-0817 滋賀県大津市昭和町10-3
    (最寄りの駅は、JR膳所駅です)
 21日 大津市立打出中学校 体育館
    〒520-0804 滋賀県大津市本宮2丁目46-1
    (最寄りの駅は、JR大津駅です)
3)時 間
 午前9時~午後5時まで
4)内 容
 打出中学校強化練習
 (他校生徒の参加も可能です)
5)参加費
 指導者:ひとり¥1,000-(1日)
 選手:ひとり¥500-(1日)
6)昼 食
 指導者:1食¥700-まで
7)懇親会
 20日(土)午後7時ごろより
 (場所未定 大津駅周辺を計画
8)問合せ・申し込み
 打 出 中学校 沖 本
 uchidejhsvbc-coaching@yahoo.co.jp
  *中学校へは連絡しないで下さい。
by kusanokenji | 2013-03-18 19:00 | メモ
子どもを育てる指導者と親の心構えについて
2時間の間、みなさん、ご清聴、ありがとう。
話は、まず
「人の本音は四隅にある」から始まりました。
本音は、外からなかなか見えないところにあるという意味です。
見えるところは真ん中だけ。
しかし真ん中には本音はない。
真ん中にあるのは建前。
それなのに、説教する方は「思い込み」。
これでは交じり合わない。

だから人間関係がこじれるのです・・・!

例えば、選手がミスして怒られる。
他の人がミスしても怒られないのに自分がミスしたら怒られる。
ミスしないでも怒られる。
怒られる意味が解らない。
意味がわからないのに怒られるのは誰だって辛い。
「わからない」「辛い」は本音だから怒る人間には見えない。
怒る人間に見えるのは
「素直でない」「ぐずぐずしている」「やる気がない」・・・・

そういパターンに陥っていないか振り返って見るのも大事。
そういう余裕が欲しい。

ではどうすればいいか。
自分が変わるしか、解決しない。、
自己変革、自己改革、気づき、資質向上、人間性向上・・・!

先ずは言葉を磨こう!

言葉で随分と変わる。
もう、指導者は言語技術を勉強するしかない。
何を言ってるのかもっとシャキッ!とせい!と言いたくなるような話かたから卒業しよう。
やる気を生み出す話し方を勉強したいものです。
by kusanokenji | 2013-03-18 15:23 | ■連載“日々努力”

鹿沼

【第777回】in鹿沼Ⅱ(栃木県)
2013年3月16(土)~17(日)・・・500名 鹿沼市総合体育館
★受講者累計 158、900名  
    ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   汗・涙・笑顔! 前回

一日目は沢山の小中学生・・・いつもの通り元気です!
鹿沼_c0000970_12163542.gif

二日目はママさん主体・・・45チームから代表2~3名が参加していました。
鹿沼_c0000970_12165439.gif

鹿沼_c0000970_12171599.gif
講演会では涙・涙・・・
指導者・保護者の
心構えについて
鹿沼_c0000970_12174461.gif

童心に戻ってもらいました・・・
鹿沼_c0000970_12175797.gif

【ご苦労様でした】
どの親も、指導者も、子供の成長を願っています。
ただ、【その願い・思い】が子供に届いていないことが多いのです。
このギャップをどう埋めるか・・・・
ここがポイント。
そのポイントは、
「人の本音は四隅にある。
真ん中にはない。
真ん中(見える部分)は建前。
ところが、親や指導者はこの真ん中を見て、攻める!
責めるとは「説教」のこと。
これが子供は嫌い。大人でも説教は嫌い。
ここに正論をぶつけても、すんなりとは受けがたい。
4隅にある本音を包み込むことが大事・・・そして
『言葉を磨く!』
同じ言葉かけでも、受け取り方が違う!
未熟な子供ほど、姿勢を正して向き合いましよう・・・!」
そんなメッセージを発信しました。
by kusanokenji | 2013-03-18 12:30 | ■講習会リポート