人気ブログランキング |

2011年 07月 04日 ( 2 )

岩手

【第684回】 自然体バレー塾IN雫石(しずくいし・岩手)
2011年7月1日(金)・・・雫石公民館・・・30名
     7月2~3日 ・・・雫石町営体育館・330名
★受講者累計 138,350名 
  ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        【再会できました!】  

被災地の子供たちとの再会・・・・涙がでるほどうれしかった。
大船渡からも、仙台からも、多賀城からも、宿戸、二戸からも・・・・・。
岩手_c0000970_1474296.gif

【保護者向けl講演会】
バレー塾前夜。公民館で。保護者向けのお話。 質問内容はこちら
「いい話が聞けてよかった」と言ってもらえました!(^^)!
岩手_c0000970_1411940.gif

【みんな笑顔!】
参加者全員の楽しそうな笑顔が二日間途切れませんでした。
特に1年生、2年生の楽しい笑顔に指導者も保護者も喜ばれていました。
岩手_c0000970_1413435.gif

【ニュースパダンも覚えました】
先生役の子供がいました。素晴らしい!
お蔭でみんな踊れるようになりました。体のキレが違います!
岩手_c0000970_14253751.gif

【合間に人間学の話をします】
子供たちの真剣なまなざし。身を乗り出して聞く子も・・・。
「成長の節目」になることを願っていろんな話をします。
人間の基礎形成は「小学生時代に聞いた話」が大きく影響します!
岩手_c0000970_1421154.gif


岩手_c0000970_1522139.gif

【視点・・・】
40年前の英語の授業と現在の英語の授業の違いに指導方法の進化をみることができます。では、バレーボールの指導は・・・?
 


★今回出会った「預かって指導してみたい選手」は小学生で5~6名いました。
 世界で活躍する未来のバレーボール選手たちです。
by kusanokenji | 2011-07-04 14:27 | ■講習会リポート
「子供から、勉強はなぜするの?と聞かれたらどう答えられますか?」
と質問されました。
2011年7月1日、岩手県雫石での保護者向けの講演会がありました。
そこで最後の質問コーナでの一コマです。
僕は
「あ~、とってもいい質問ですね」と答えながら時間稼ぎをして(ほんの数秒)
困ったときに自分を助けてくれるためだよ、と答えると思います。
普通は、いい大学に行って、いい会社に就職するためだよとかの答えが
浮かぶかと思いますがそうではありません。うまく行っている場合はそれで
いいかもしれませんが人間は必ず壁にぶち当たったり、挫折を味わいます。
その時に自分を助けてくれるのが本当の学問です。」と答えました。

定年を迎えた人は毎日が日曜日になります。
それまでの束縛された生活から解放される代わりに自由が与えられます。
ところがこの「自由」といういものが曲者で、凡人にはやっかいなのです。
それで一時流行した「濡れ落ち葉族」という言葉まで生まれました。
一人で何もできない亭主が、奥様に濡れ落ち葉みたいにひっついている姿を
揶揄したものですが、人間は暇になるとろくなことしかできないということです。
ちょうど、鴨居を外された襖(ふすま)みたいなものですね。
上(鴨居)から押さえられ、下(敷居)から突き上げられて挟まれてはじめて
仕事(スムーズな開閉)ができる。美しい襖になることができる。
鴨居や敷居のどちらかが外れると襖はバタンと倒れてしまう運命・・・・・。
人間もまったく同じですね。そうならないように勉強しておく。
困ったときに役に立つのが勉強!

自由ほど難しいということです。
しかしながらしっかり学問した人は、そういう状況におかれても「自分磨き」を
怠らず、「人の役に立つ生き方」ができるのです。
by kusanokenji | 2011-07-04 12:45 | ■連載“日々努力”