人気ブログランキング |

2011年 06月 27日 ( 2 )

熱くなっていない鉄を打つな!ということでもあります。
鉄が真っ赤に熱く燃えているうちに叩くと、形が変形する・・・・
しかし、鉄が冷たいのにハンマーで叩くとどうなるか?

人間も一緒!
心がよそ向いているのに・・・
体ができていないのに・・・・
基礎ができていないのに・・・

そんなとき怒ってやらせてもいい作品はできない。

しかし、脳は違う。
脳は柔らかいうちに使うと一生ものになる。
だから小さいときにこそ脳の開発は必要。
神経と脳はつながっている。
さらには筋肉もつながっている。
そして、運動は筋肉の動きだ。
その動きのもとである脳を鍛えるのは子供のうちがよい。
これが「脳(鉄)は早いうち(熱いうち)に叩け」という意味。

子どもは大人ができない複雑な動きもいとも簡単に覚えてしまう。
それなのにその大人は「自分ができないことは教えられない」という。
なにかが狂っている?
by kusanokenji | 2011-06-27 15:49 | ■連載“日々努力”

岐阜

【第683回】 第7回in瑞穂(岐阜)
2011年6月25日(土)・・・穂積北中学校体育館・・185名
        26日(日)・・・穂積小学校体育館・・・165名
★受講者累計 137,990名 
  ☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岐阜_c0000970_1523031.gif
 【新しい常識づくり】
小学生のうちに体験させたおきたい「運動100選」をにらんだ新ドリルが次々と出てきます。
人の思いつかないことを人よりも先にやる!
過去は過去。今は今。今に生きる人は今を開発することです。
上のアニメ・・・ここからどのように展開するのかをイメージングしてください。
とりあえずここから3段階ステップアップします。

【男子中学生が頑張っています】
今回は男子生徒が多く参加してくれました。みんな初心者です。(赤は2年生)
「君たちは高校で大きく成長する。今はその基礎段階。きっと活躍できるよ」
「他の選手と競うな。そうすれば試合に出ることが目標になってしまう」
「自分と闘う選手は大成する。君たちは高校で大きな花を咲かせるんだ。」
現実に今年卒業した先輩の先日の高校総体県予選での活躍は既報の通り。
時代は変わったんです。過去の指導では古いのです。
40年前の英語の指導と今の英語の指導を比べてみてください。
幼稚園から英語も算数も・・・研究しているから前進するのです。
長浜西中学校は男子の新人が20名でしたが、今回参加の中学校は17名の新人。
暑い中キラキラして頑張っていました。巷の男子バレーの沈滞、停滞が嘘のようです。
とにかく、女子選手より真面目に取り組んでいるのが頼もしく、可愛くもありますね。
岐阜_c0000970_1515954.gif

ついに「スパレシー1」を男子がマスター。
スパレシ-1とはスパダンドリル+D2・3番+クロスストレート+サークルスクラッチ+カンガルリターン+四股フット。
結構きつい。きついけど体のキレは鋭くなる。軸ができる。
最初はアバウトに踊る。踊る体力と精神力との戦い。
鉄は熱いうちに叩け(脳が柔らかいうちに覚えさえろ)の発想。
できるようになってから細かい動きにチェックが入る。
中学生からバレーを始めた彼らだからチャンス。
真っ白いキャンパスに何を書くか?・・・・指導者が問われている。
こんなチャンスはないと考えられる指導者元に選手は育つ!
いつまでも過去に囚われては選手が可哀そう。
岐阜_c0000970_16223980.gif

連続10回・・・・挑戦してみてください。
ボールキャッチ・・・スプリットを1回いれます。
by kusanokenji | 2011-06-27 15:27 | ■講習会リポート