人気ブログランキング |

2010年 10月 25日 ( 2 )

岩手

 【第650回】 in大船渡Ⅲ(岩手県)
2010年10月23(土)~24(日):三陸運動公園B&G海洋センター・・230名
★受講者累計 130,060名 
    前回☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0000970_10383433.gif

   感謝!

ありがとうございます。    <関連ブログ
みなさまのお陰で13万人になりました。
今後も続けてまいります。

【今年は・・・・】
 大船渡で3回目。実行委員会がしっかりしているので運営もスムーズ。
一人が頑張るのでなく【ザ・総動員!】
体の使い方、筋肉の使い方とまったく同じですね。
チームもグングン強くなってきました。
今年は県のワンー・ツー!  一番と2番独占。
勝てば勝ったで新たな問題も出てくるかもしれないがね。
そこは乗り切ってください。反対者も味方に引き入れましよう。
あまりガツガツなところがなく、
みんなで協力してやっているところが大船渡の特徴だから・・・・。

弱いチームにも逸材がいる。これがいいな。強いだけが立派じゃない。
輝くダイヤモンドはどこにもいる。
どこか高校生の香を漂わせる5年生、6年生。
語り方、仕草、プレー、取組み方・・・・どこみても高校生だ。
それも、しっかりした高校生。清純で可憐で・・・・・。
そんな小学生が黙々コツコツ・・・そして目の前でメキメキ上達!
盛岡から駆けつけた○○先生もぞっこん!つきっきり!メロメロ。
県選抜に出しても十分な素質がいっぱい!魅力いっぱい!
そして、1年生、2年生が可愛い。いつもそばに来てくれる。
離れない。なぜ?・・・・いつまで来てくれるかな。

 20016年の岩手国体に向けて準備も着々?かな。
今の5年生が高校3年生。国体時の中心選手。
今回も強化担当の先生も見えて、啓蒙活動と発掘活動。
いい選手がゴロゴロいまっせ!  
育て方次第ですね・・・・と、そんな会話を。

講義では・・・・
「試合時間は1セット20分。ボールに触る回数は何回ある?
20回以上あるのはエースとセッターだけ。あとは?
ボールが当たる時間は1回0,5秒。20回で10秒。
試合時間、1セット20分で1200秒。1200秒対10秒。120対1.
しかし練習しているののは、「120」ではく「1」のところだけ。
これでうまくなるはずがないでしょう!
20分の試合時間(1セット)の10秒のところだけ練習しているようなもの。
19分50秒のところに目を向けるべき!」
そんな話もしました。

目に見えないところに大切なものがあるのです。

講習会が始まる前のフリーな時間で大体チームが見えます。
子供が何をしているか・・・・・?
ただ、対人しているか、習ったことをやっているか?
普段の指導者の姿がそこに見えます。

自然体のドリルを工夫して発展させているチームもありました。
動きが違います。成績も当然ついてきます。
自然体は勝てないバレー・・・・・いえいえとんでもない!
勝つために一番近いバレーです。ちゃんとやればの話ですが・・・。
表面だけ、目に見える部分だけ真似してもダメです。
目に見えないところの根が大きくて広くて深いのです。
あくまでも指導者次第です。

頑張って勉強してください。
by kusanokenji | 2010-10-25 10:59 | ■講習会リポート
c0000970_104666.gif自然体バレー塾の累計受講者が13万人を突破した。
まる8年かかりました。650回目です。
1回の平均参加者が200名。これはすごい!
まずは、ここまで続けてこれたことに感謝!
受講された全国のみなさんに感謝!
参加される方がいなかったら、まったく意味のないことですからね。落選した政治家と同じです。
いいことは黙って黙々と継続する・・・・!
たったこれだけが支えですから。
「男は黙って一人で継続」
あれこれ理屈を言う必要はありません。
やりながら考える、走りながら考える・・・・・!
これだけです。
で、気がつけば・・・・って奴です。
【サンマの贈呈式】
ジュウサンマンニン・・・・ということで、見事13万人目の参加者に表彰状と副賞としてサンマ一箱が贈呈されました。(二日目に達成)
 ここはサンマどころの大船渡市。実行委員の人たちが「ジュウサンマンニン目」というゴロにあわせてサンマを贈ろう!ということを提案され準備。当日は受付で129、940からカウント開始。ご覧の選手が見事にゲット!みなさんから拍手をいただきました。さすが実行委員会のみなさん。素晴しいアイディアに感服。温かい空気に包まれながら2日目のバレー塾が始まりました。
 レポートにも書きますが、大船渡での開催は今年で3回目。各チームグングン実力をアップさせ、今年の小学生の県チャンピオンが出現。見事全国にも出場。2位のチームも出現。岩手県に旋風を巻き起こしているよな雰囲気でした。しかし、どこも「少子化」での悩みは同じ。なぜか、小さな子供(1年生や2年生)が多いことに質問したら「以前は子供の数が多くて、少年団は4年生からでも十分間に合っていたんですが、少子化で子供が入団する子供が少なく、それで1年生からの受け入れになっているんです」という事情を打明けてくれました。
 みなさん本当にご苦労様です。
大切な選手たちです。
どうか、保護者の方々と仲良くしてチームを継続してください。
大切なのは「子供の成長!」
大人の我を表に出しては子供に影響が出ますよ。
大事な子供です。
昨今は、クマも山から下りてきて、世の中を騒がせております。
親も木から下りてきて周囲の草でも刈り取ってくれたらありがたいのですが
   クマみたいにチームを騒がせないようにしたいものです。
by kusanokenji | 2010-10-25 10:02 | ■連載“日々努力”