人気ブログランキング |

2010年 10月 20日 ( 1 )

誰が「9年計画」なんて思いつくだろうか?
義務教育期間の9年間というのはそれなりの理由があったはず。
ゴールデンエイジーから思春期の真っ只中をどう過ごすか。

ただ「生徒指導」「部活始動」だけじゃまずいだろ!
「問題を起すな」「どの高校に進学する?」・・・・・・
それでいいの?

10年ほど前、NHKの「中学生日記」をよく見ていたときがあった。
いろいろな問題が出てきていた。

誰もが通らなくてはいけない道。
9年かけて通ったらいいんじゃないの。
そう思う。
毎年毎年、学年が変わるたびに新たな不安と出会う子供たち。
自分勝手な大人たち。
少年団や中学部活で悩む子供たちをたくさん見てきた。
彼達、彼女達を誰が救ってくれるの?
「這い上がってこい!」という指導者。
「這い上がってこれないから悩んでいる」ことが分からない指導者。
どこに解決の糸口があるのか?

地域の中に「9年計画」のクラブがあってもいいのじゃないかな。
そして、その次に、高校生や大学生や青年団やシニアクラブが連なっている。
ピラミッド構成のクラブだ。
ピラミッドの土台に小学生、中学生がいる。
未来に伸びるシステム構成だ。

9年計画のプログラムの中の目玉は「こども人間学」
これを一番優先する。
スポーツと縁のない子供も入会したくなるクラブである。
「入会したくなる」・・・・・ここがミソ!

中学3年生になって、自分の進みたい道、歩みたい道を見つけるお手伝いのクラブ。
「成績をあげる」「試合に勝つ」・・・・こういうことばかりではダメだ。
心が育つとは、自分の進みたい道を見つけるということ。
高校生になってから、その道に研鑽すればいい。
そうすれば、大人になっても未来永劫、前を向く人生が開けよう。
不平不満を言わない大人になろう。
子供が育つ環境作りに力になる大人になろう。
小学、中学の9年間は「人生の根っこ」を張る期間でもある。
by kusanokenji | 2010-10-20 09:17 | ■連載“日々努力”