人気ブログランキング |

2009年 09月 25日 ( 1 )

人間、慣れたら怖い。
車の運転が一番分かりやすい例かな。慣れた頃に事故る。
人間、困ったら誰かにすがる。
助けてください。一生恩にきます・・・と言われても、時が経てば???
最初はウドン一杯に感激していたのに気がつけばビールくらい飲ませろよ!
地位が高くなれば地位が低い時の感激は何処へ・・・。

以前、ブログに書いたと思うが、いきつけのスナックへ定年を迎えて紳士がきた。
ママに泣いて訴えた。「僕がここまでこれたのは先輩の○○さんのお陰なのに
僕はお礼の一言も言えてない。僕はなんていう人間なんだと気がついたのです。
自分の頑張りでここまでこれたと思い上がっていました。定年になって
本当の意味で社会に出て、肩書きがなくなってそれに気がつきました・・・」

赤ちゃんは純真無垢だ。けがれがない。邪気がない。悪いたくらみもない。
大人になるとずるくなる。計算高くなる。嫉妬心が強くなる。邪気がいっぱい。

バレーボールのチームをもつと勝ちたくなる。選手に勝つことを求めるように
なる。勝つために頑張れと言い出す。勝つために頑張る子はいい子、
そうでない子は悪い子と線引きしたくなる。
だから今はチームをもちたくない。

今の僕の心はまるで赤ちゃんの心のようだ。
子供と接するだけで脳が走り出し、心がジャンプする。
バレーボールを通じて、人間の可能性を引き出せる仕事に直面している
からそうなっているんだと子供たちに感謝している。
育てよ君・・・そんな気持ちだ。そのために生きているようなものだ。
そこに邪気はない。だから傍に集まるすべての子供に笑顔が宿る。

慣れたら怖い。地位が上がったら怖い。
上になると少々悪いことをしても下から注意されたり秒殺されることはない。
それが一番危険だ。成長を阻害している原因だ。
ひたすらに純真になりたい。
バレーボールにはその力が宿っていると僕は思う。
by kusanokenji | 2009-09-25 07:51 | ■連載“日々努力”