人気ブログランキング |

2009年 09月 19日 ( 1 )

鳩山新政権の副大臣が決まった。
いづれも大臣に登用されてもその実力を備えている人材ばかりだと
ある専門家が言っていた。
その理由は、
「野党の間によく勉強していた」ことが一番の原因だとも言われる。
与党になると、官僚をはじめ様々な団体がそばに集まる。常に陽が当たる。
与党の間は何かを調べるのにも官僚たちがいたり尽くせり、資料を提出してくれる。
一方、野党の人たちは、全部自分の足をつかって調べ上げなければいけない。
その努力は並々ならぬものがあったようだ。自ずと蓄えられる実力は違ってくる。
そしてその経験が、今、力になろうとしている。

この話を聞きながら、我々も同じだと思った。
組織の中の枠の中で生きていると、それが当たり前になってきてしまう。
結局、最後は「人のせい」「周囲のせい」「環境のせい」・・・これが多い。
「努力しない自分」になってしまって、いつしか「人を責める自分が当たり前」になっている。

”勉強会”・・・我々はいざという時のために勉強する。
自然体研究会のメンバーが集まって五連休は“集中講座”だ。
勉強は、できる時にやる。明日に持ち越さない。自分の意志でやる。
勉強できることに感謝したい。
勉強会はひとりでするもよし! 集まってやるのもよし!
一番自戒しなければいけないのは「しないための言い訳だ!」
by kusanokenji | 2009-09-19 07:00 | ■連載“日々努力”