人気ブログランキング |

2009年 09月 04日 ( 1 )

【子供の将来を見据えた指導とは】
■子供のうちに体験させておきたい「運動」
■子供のうちに聞かせておきたい「いい話」
■子供のうちに教えておきたい「正しい体の使いかた」
運動:神経と筋肉をつなぐ運動のこと。
なぜなら、人間の神経は12歳で大人の95%まで出来上がってしまうからである。
いい話:人格形成に重要な役割を担う脳の「徳性要因」の発達期は5歳~10歳がピークといわれている。その時期にA10神経群を刺激してドーパーミンが出まくる「心に残るいい話」を沢山聞かせてあげること。
正しい身体の使い方:運動は体の一部分を使うのでなく、全体をくまなくバランスよく使うことが重要。故障しない体の使いかたを自然に覚えて、将来に向けてスポーツできる土台をしっかり築きあげてやること。

試験問題はこういう文章の中に(   )を設けて、埋めてていく作業です。
つくるのが大変です。
でも、いい整理になります。
知識を共有できる仲間のためにもう少し頑張ります。
by kusanokenji | 2009-09-04 13:41 | ■連載“日々努力”