人気ブログランキング |

2009年 02月 24日 ( 1 )

第1048回・・・四つの恩

・人が大の字に寝ている姿(ゼロ寝)・・・人が伸び伸びしている姿
・「口」は境界線。「田」、「社会」、「国」、「地球(宇宙)」のこと。

弘法大師は「父母の恩、社会の恩、国家の恩、三宝の恩」を四恩と説く。
人が生きていくうえで四つに守られているのが「四恩」。
人がこの世に生まれて、こうして生きている原因を知る心のことを「恩」と解釈する。
1、現在の自分があるのは父母が産んで育ててくれたお陰である。
2、その父母も自分もこの社会のお陰で生活ができている。
3、その社会の秩序は国家があるから安全に保たれている。
4、その国家も地球があるから・・・。

戦後生まれの我々は「恩」と言う言葉にどうもなじみが薄い。
それは戦後教育の中で教育されてこなかったのが原因だと言われている。
戦前はこの「恩」の教えが厳しかったようである。そういえば戦前派の人はそうだ。
徒弟制度、滅私奉公、丁稚奉公、忠誠心、お礼奉公・・・・。

大学生の大麻事件・・・これを反社会的行動と呼ばれているが
まさしく「恩知らずな行動」となる。
「四つの幸せ」「四つの恩」・・・・生きていくうえで本当に大事だな。
by kusanokenji | 2009-02-24 06:08 | ■連載“日々努力”