人気ブログランキング |

2008年 08月 25日 ( 4 )

in福島

第540回 <In福島Ⅱ)>
8月23(土)~8月24日(木):福島市総合体育館・・・・・・300名
★受講者累計 100、820名 
 
in福島_c0000970_1565785.jpg
in福島_c0000970_1571234.jpg

気温が最高18℃。サム~い!でも体育館の中は熱気の2日間でした。
スパダン撮影後初の講習会。
写真は、助走の最終から踏切までの「踏み込み」の様子。
助走の直進運動を上方向(ジャンプ)に進路変更させるために右足は
進行方向に対して45°、左足は90°。右足は踵から入り、つま先で踏み切るが、その動きにあわせて左足は添えるようにする・・・上半身に助走の慣性が働いている様子が真ん中と右側の写真でわかる。小学生でもここまでできる。この足のステップはいくら口で言ってもなかなか身につくもにではない。そこで「スパダンの登場」である。
誰でもできるドリルにすることが最大の特徴であり目的でもあるのでお楽しみに・・・。

ただ踊ることが目的ではない。踊ればうまくなる・・・・!ここまでいきたいのである。
だから頭の中はいつもハングリーにしていなければならない。
常に生成発育を遂げるものは「満足」という敵を一番恐れるものである。
満足、慢心が自惚れと傲慢を呼び、堕落への道をたどるのである。

我々が開発したスパダンはスパイクの動きを「7つの動き」に整理して、その動きをダンスで習得させて、すぐに実技に移る。ただのエクササイズやダンスではない。ダンスとバレーボールのスパイクという技術との融合を図った新しいタイプのドリル登場である。
おそらく自然体バレー塾発の「日本初」の試みであろうし、世界初のドリルであることは間違いない・・・と勝手に想像しながら楽しんでいるだけのことかもしれないが・・・・。
既成概念を取っ払い、新鮮で斬新なアイデアを
仲間と共に創り上げる喜びはとてもいいものですよ。

一つの区切りは新たな挑戦への旅立ち!
もっともっといいものを全国の子供たちへ提供しよう。
そのためにさらに実験工夫と研究を重ねて行ってみよう。
こんなことを考えていることそのもが楽しいのである。
まだ「全国の子供が喜ぶドリル」へのプロローグである。
in福島_c0000970_0413344.jpg

by kusanokenji | 2008-08-25 15:20 | ■講習会リポート

DVD

第539回 <In橋本(DVD撮影)>
8月19(火)~8月21日(木):県立橋本体育館・・・・・・120名
★受講者累計 100、520名 
 
DVD_c0000970_145322.jpg

基(もと)シリーズ第3巻「スパイクの基」のDVD撮影を行なった。
詳細はここを参照されたし。
「全国の子供をよろこばせたい!」
そのために作り出された、「スパイクが上手くなるためのダンス」である。
♬もしもしかめよ~♪の音楽に合わせて、スパイクに必要な7つの要素が
入っているダンスドリル。
ダンスに併せた実技ドリルがみもの。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「「発想がちがう」「眼のつけどころがちがう」「常識がちがう」いや「疑う」と言ったほうがよいのか。そんなことが頭の中をかけめぐった3日間だった。
 スパダンスの収録に始まり、ダンスとボールを使った復習ドリルの収録、そして最後は実戦的な内容も織り込まれた。
 特にスパイクはトスされたボールが上がる地点、頂点、落ちてくるところの3か所でインパクトとする考え方を披露してくださった。
 セッターがトスを出す際には、この3か所でそれぞれジャンプトスすると述べられることがあっても、スパイクの際に3つの打点位置をしっかり意識して練習に取り組むことは少ないのでは。「最高の状態で力を入れて打つことや、高いところで強く打つことが100点ではない」「がんばっているけどボールに力が伝わっていない」などなど、語録も豊富。これらはまたの機会に。
 スポーツパフォーマンスの中でも空中動作の多くは、スパイクの打ち方は難度の高いパフォーマンスである。その動きをこれだけ精練された内容で全国に広がっていくことは、バレー界の流れが少し変わってきそうな予感がする。
・・・・岸田先生のブログより
by kusanokenji | 2008-08-25 15:01 | ■講習会リポート
実はこの話、知らなかったのですが、自然体研究会の仲間が教えてくれました。
いい話ですね。
これこそ「一隅を照らす指導者育成」を目指している
自然体研究会のモットーにしたいと思います。

【南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語】
あるとき森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと逃げていきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは 火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」 といって笑います
クリキンディはこう答えました。
「私は私にできることをしているの」

出典:『私にできること?地球の冷やし方』(ゆっくり堂)、
     『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)
by kusanokenji | 2008-08-25 14:04 | ■連載“日々努力”

in横手

【in横手】開催要項
1.主催 :  横手バレーボールスポーツ少年団  
後援 :  横手市バレーボール協会横手支部
2.目的 :  「子供たちの将来(森)を見据えながら、一人ひとりの選手(木)を育てよう」
を理念とする自然体バレー塾により、明るく、楽しく、そして、故障しない体
作りで技術力及び競技力の向上を目指すと共に、各種スポーツ指導者の資質の
向上とスポーツの普及及び発展を図る。
3.日時 :  平成20年9月27・28日(土・日)2日間 午前9時から午後4時頃まで      
受付 27日 8時半より 学生は12時半より・ 28日 8時半より
4.場所 :  横手市山内体育館 (横手市山内平野沢字南相野々42番地1)
5.講師 :  草野 健次氏  (別紙プロフィール記載)
6.対象 :  小中学生から大人まで(約180名)先着順
7.受講料:  講習2日間  大人1日1,000円 ・ 小中学生1日500円 
8.内容 :  別紙に記載
9.その他:  ボールはお1人様1個ご用意ください。(チーム名を明記のこと)
お弁当希望者にはお弁当(税込500円)の注文を承ります。
27日夜、草野先生を交えて懇親会(会費5000円)を予定しております。
別紙申込書にて必ずご返答いただきますようお願い申し上げます。
9.連絡先:  ご不明な点、質問・相談などありましたら、
坂上まで 携帯番号09029816503(非通知着信不可)
10.締切日:  9月10日(月)
講義 ①指導者の人間学  ②筋肉の話  ③故障させないスパイク理論 ほか
実技 ①モーションバランストレーニング  ②知らない間に技術が上達するドリル ほか

27日(土) 
大人のみ[講義] 9:00~12:00             
全員  [実技] 13:00~16:00
28日(日)  
  全員  [実技] 9:00~12:00
 全員  [実技] 13:00~16:00
1日だけの受講も可能ですが、できる限り2日間通しての受講をお勧めいたします。
by kusanokenji | 2008-08-25 07:05 | メモ