人気ブログランキング |

2008年 08月 12日 ( 1 )

第921話・・・初盆

ムダな日々を過ごしていませんか?
忙しさにかこつけて、心を亡くしていませんか?
生き様が死に様!
何が当たり前で何が特別なことか。
人が死んでいくことは当たり前のこと。
生物の歴史は38億年。この間に死んでは生き、生きては死に、
姿かたちを変えて38億年の歴史を経て現在に至っている。
それから考えると今出会っている我々は特別な関係。
亡くなった妻のご縁で引き合わせてもらっている特別な関係。
これを仏教では「一期一会」という。
今隣に座っている人は特別な人なんだ。
隣にいる人を大切にしなくて何を大切にするのだ。

人間は自分のものは粗末に扱う。
自分の本だったら折ったり書き込んだりするが
他人から借りた本はそうなしないだろう。
命も同じだ。人生も同じだ。
自分のものと思うから粗末にしてしまうのだ。

命は仏様からの借り物。
自分だけの命ではない。
借りたものは返す!
死ぬ直前に「ありがとうございました」とお返しするのが礼儀だ。
「ありがとう」「いい人生だったな」と思える生き方をしよう。

今日は妻の初盆。
上の話は法話の内容の一部。

あらためて思ったことは
お金とか権力とか、バレーの勝敗とか、金メダルとかそういうものではなく
「わが身が心の底から喜べる幸せを求めていくこと!」
この生き方が妻への最高の供養になると思った次第。
なぜなら、妻は最後の最後まで、
「丁寧に誠実に一生懸命」に生きてきたからだ。
だから自分も頑張らなければいけないと心新たに誓った日である。
by kusanokenji | 2008-08-12 15:27 | ■連載“日々努力”