人気ブログランキング |

2007年 12月 17日 ( 2 )

『小学生の試合で、相手のミスを大喜びすることはどう思いますか?
選手よりも指導者と保護者が引っくり返るくらいのガッツポーズしてですよ。
こんな大騒ぎ、おかしい?と思いませんか?
さらに盛り上がるためにコートの選手に「走れ!」「喜べ!」「ハイタッチしろ!」と言います。
こんなの本当の子供のスポーツでしょうか?本当の子供への指導でしょうか?
これが勝つ喜びなのでしょうか?これで勝って果たしてこれからの子供のプラスに
なるんでしょうか? ぼくはこういうことは良くないと思います。
例え試合であっても人の不幸を大喜びするのはよくないと思います。
こういうことを考えられるのも「立派な人間的成長」です。
それは子供とか大人とか関係ありません。
気がついた人が、気がつかない人に注意してあげたらいいんです。
大人が気がつかないのなら子供が注意してあげたらいいんです。

「お父ちゃん、お母ちゃん、そんなの辞めてよ、大人なんでしょ!」
「監督、そんなの大騒ぎして喜ぶの辞めてください!」
そういうことを君たちから言ってあげてください。
きっと大人たちも変わると思うよ・・・
なぜなら
我が子の成長を願わない親はいないからです。
選手の成長を願わない指導者は・・・・?これはどうかな。
「生意気言うな、と仕返しされるから言えない!」というようなことがあるとすれば
それこそ指導者の本質的な大問題です。』

こんな話をするときは、大人同席の時に行ないます。今回も小学生から大人まで
340名。どう思われたかわかりませんが真剣に聞いていただけました。

おかしいことがあれば「おかしいよ!」と言える子どもに育てたいものです。
昨日の多賀城での講習会。最後の清掃と片付け。
主催者のチームの親と一緒にお子さん達がモップかけしていました。
それも、楽しんでいるような感じで・・・。
こんな子供を励ましてやりたいな。目指せ!人生のレギュラーを!
by kusanokenji | 2007-12-17 14:03 | ■連載“日々努力”

講習会

第519回 <In多賀城⑴>
12月15日(土):多賀城総合体育館・・・260名
12月16日(日):多賀城総合体育館・・・340名     
二日間600名★受講者累計 93、680名  
     

超満員御礼!



講習会_c0000970_948780.jpg
2日目は、なんと340名参加😆


<ママさん主催>家庭婦人のチーム単独で主催された今回の講習会。自然体バレー塾始まって以来初の出来事でした。思えば一年前の福島板下での講習会に参加した監督とコーチ二人が出発でした。強烈に感化された二人は一念発起!一年がかりで準備され、万感の思いでこの日を迎えられたとか。この二人の人柄とチームのメンバーの支えがあってこそ実現した講習会でした。それにしても凄い人数でした。2日目は340名参加。3面ある体育館が過密状態。大人はできるだけ観覧席にあがっていただきました。これでも参加希望を随分断ってもこの状態とか。できるだけみんなに体験していただきたいので来年は6面の体育館をでやりたい、と密かに計画が進んでいるようです。

<東北各地から続々参加>・・青森、秋田、福島、岩手からは泊りがけで、そして県内各地から全国大会に出場するようなチームも1回戦のチームも、小学生から高校生、ママさんまで丸2日間たっぷり楽しんでいただけたようです。東北にもかなり知れ渡ってくれてるようでありがたい限りです。塩釜高校の男子生徒さんは丸二日間、みんなのお手本になるくらい真摯に一生懸命取組んでくれました。立派でしたよ。これも普段の監督の指導かな。これはどこでもいえることだけど「中学女子が期待はずれ!」が多いのは正直な感想です。なぜなのかな?多感だからこそ得るものがある!という発想の指導をなぜできないのだろう。せっかくバレーボールを部活に選んでくれた彼女たちのためにも指導者の奮起を願いたいものです。

講習会_c0000970_1002460.jpg
 <私の東北の女性観>・・とにかく強い!何が?生命力が強いっていうか、生きる力、前に進む力が強いですね。だから優しい、夜の懇親会も立派?です。これは秋田でも岩手でも福島でもどこでも同じ現象。かえって男のほうがネチネチ・ボソボソ(ごめんなさい)ですが、女性はトークと歌と踊りがセット!逞しい限りです。勿論宴会でもカラオケに合わせてD2ダンスでした。それと仮装しての”ヒゲダンス”もありました。東北の女性と九州の女子(おなご)は強か~ぁ!・・・今回は主催のチーム”すぎな”さんのメンバー全員も忘年会も兼ねて懇親会に参加。ホテルに泊り込みでした。普通ママさんと言えば、みんなが試合に出れるようにいろいろもめるので10人ギリギリのチームが多いようですが、ここは年々メンバーが増えてるとか。20代から50代までの大ファミリーみたいです。文句を言う前に働け!泣く前に笑え!そうや、泣きたいことがあっても笑ってから泣け!・・・そんなルールでもあるんでしょうか。とにかく明るくてよく動きます。みんなが力をあわせることが当たり前ですからこんな大きな行事もこなせるんでしょうね。ママさんバレーのイメージが変わりました。組織で動いている人たちは勉強したほうがいいですね。指示命令で動く組織はモロイですから。権利と義務が右往左往している間は偽の世界。奉仕と発散(あえて発散にしたところがミソ)が真の活力源。これも監督とコーチの人柄のお陰かな。来年の沖縄での全国フォーラムに参加したい、積み立てしよう!とメンバーの人たちが吼えてました。だって、沖縄いきたいも~ん!ということで。
黄色いTシャツが家庭婦人チーム”すぎな”のみなさんです~!

講習会_c0000970_2219417.jpg
講習会_c0000970_10162932.jpg

by kusanokenji | 2007-12-17 10:00 | ■講習会リポート