人気ブログランキング |

2007年 12月 09日 ( 1 )

下呂での講習会で、子供たちへの最後の挨拶の言葉です。
 閉講式のちょっと前に自然体常連の三重の○川さんの姿が2回の観覧席に見えました。今日の彼の日記を覗いたらその理由がわかりました。『高山でのスキー指導員研修会終了後立ち寄ったのは、、岐阜県下呂市の体育館。到着は、自然体バレー塾in下呂Ⅱ終了の30分前。塾頭の最後の言葉「一番先に飛び込む勇気あるペンギンになれ!」には間に合った。毎週末、塾頭はどこかで子ども達のために活動されている、今日は、2階席からそんな姿を見ながら、改めてエネルギーをいただいた。』ということでした。
それを読んで、そういえばそうだな、毎週どこかで子供たちにいろんな話しているな、
指導者にも保護者にもいろいろ伝えているんだなーと改めて思った次第です。

これがチーム持っていたらそういうわけにはいけませんですからね。
チーム内の選手のことや社内のことやその他もろもろ、内輪の悩みで忙殺されて、いつも狭いところで動いていたように思います。こうして大局的に人間の本質、指導の本質を見つめることのできる自分が不思議です。今頑張っている人たちの進路を誤らないために少しでも力になれたらと思います。まあ、バレーの神様はちゃんと見てくれてるはずだからそのうちいいこともあるでしょ。
by kusanokenji | 2007-12-09 23:07 | ■連載“日々努力”