2007年 04月 30日 ( 2 )

講習会(湖西)

第481回<自然体バレー塾ーIn湖西市>
4月27(金):講演会:福祉センター・・・・・・・70名
4月28,29:実技:アメニティープラザ・・・500名
参加者:570名★受講者累計 82,620名 
    開催要項  前回
c0000970_10452119.jpg
<D2ダンス>・・・勿論やってきましたよ!いけます、いけます、みんな必死のパッチ!おとなも子供も、指導者も選手も・・・・小学生が最高! 目茶苦茶早い、美しい!これはブレイクの予感から確信。2日目になると動きがスムーズです。身体メカニズムから考え出された動きをダンスで再現。脳、神経、筋肉、骨格を刺激しながら「連動・連鎖・連結」の総集編。子供も大人も健康体操そのもの。股関節の動きが凄い。四肢の連鎖が凄い!見て美しく、やって楽しいダンスとしてお奨め。やらなきゃソンソン。バレーの選手はもちろんであるが、学校の体育でも、老人会の体操に・・・・社会のお役に立てれば最高です。c0000970_10575763.jpgでも指導者の踊りはは「も~し~も~し、カ~メよ~♪」と演歌になっています。何事も頭で考えないと動けない大人の壁です。感性がないのです。理屈先行の頭でっかちや頭の固い人たちは演歌になります。「え~と、次はどっちの脚をどうするの?」と考えてしまうと体は動かないのです。いまからでも遅くありません。運動神経は発達しますので諦めず頑張ってください。2日目は床に寝転んで踊ってみました。これもいいですね。
<次回は市民ホールで1000人の講演会を>・・・という要請を頂きました。初日の講演会は夕方6時半から9時まで。70名が参加。タイトルは「指導者が変わらなければ選手は変わらない」・・・講演終了後、ある保護者から「うちの学校にきてください」とか「あの先生に聞いて欲しい」とか反響は上々でした。次回は1000人規模の講演会にしましようと、体協の事務局長、理事長、バレー協会の会長からありがたい言葉をいただきました。燃えているんです、湖西市は!
<地方からの発信>・・・前回も書きましたが湖西市の体育協会の取り組みがユニークです。体育協会の中に少年団チームがあり、部員は1年から6年生まで毎年100名以上。通常は週に1回の練習。4年生以上になると強化型もあり、これは週に3回。いろいろ選択肢があり、協会の求めているものと自然体の考えが一致して、今回の体育協会の本部事業となりました。こういうシステムは全国でも珍しく、勝つことにこだわる少年団が多い中、「子供が育つ地域の活動」としてとても意義あることです。指導者の指導方針のベクトルを一致させるべき前回の講習会がかなり認知されてきたようです。中学校の指導者がとても前向きになっているのもいい傾向。「大人が変わればこどもが育つ!」ことを徹底してやりましよう。自然体の理念が少しでも世の中に約に立っている喜びを感じれる3日間でした。ああ、2日目のママさんバレーの皆さんもよかったですよ。なによりも一日中、笑顔で頑張っていました。帰りにあるママさんから「楽しいってどういうことか今日初めて解ったよ!、ありがとう、今度はいつあるの、また参加したいよ!」と弾んだ声で言われました。あるジュニアのチームはチーム結成1年とか。それで自然体を勉強してやっていますとのこと。人数も多く、こどもがみんな天使みたいな笑顔です。スタッフや付き添いの保護者も穏やかで子どもを見つめる目が温かい。これがいいんです。大人の心が子どもに反映されます。大人が心美しく、心清らかに、心温かければ子供も必ずそうなります。これ真理です。次の静岡県での開催は6月2、3に御前崎市で、少年団西部地区協会主催の講習会あります。
[PR]
by KUSANOKENJI | 2007-04-30 11:08 | ■講習会リポート

第638回・・・成長の邪魔

「知恵は成長のために使わないといけませんね」
「そうだね、悪知恵になったらあかんもんな」
「ようやく気がついたんです」
「なにを?」
「これから子供の成長のために知恵を使うようにします」
「エッ、これまでは何だったの?」

「自分が高校のとき全国大会に出たことが自分の成長を邪魔していました。
それが25年かかってやっと気がついたのです。
知恵は子供の成長のために使います」
「そうだな、子供が主役になればいいんだよ」
「本当にムダなことに知恵を使ってました!」・・・・

私に語る某中中学校の某先生。
なにかふっきれたようだ。

「プライドは鼻の上におくからややこしくなるんだ。
プライドは自分の足の下において 踏んでおけ!」


自分の立場やプライドを守るために頑張るのは疲れるだけです。
骨折り損のくたびれ儲けみたいなものに気がつかれたのですね。
人生に疲れた人もどうぞ自然体バレー塾をご利用ください。
[PR]
by kusanokenji | 2007-04-30 09:42 | ■連載“日々努力”