人気ブログランキング |

2006年 10月 20日 ( 2 )

チームの中に不純物が混ざり込んでいる状態やな!。
折角一月から基礎練習を積み重ねてきて、組織的に動くバレーがだんだんと実践に生かせるようになってきたと思っていたが、最近不純物が紛れて「乱れ」が出とる。9人の力が集まろうとするのをバラバラにする原因となっている。どことやっても負けないという強い面もあるけど、弱いチームにも負ける可能性があるんや。
それだけ君達の力が本物でないという事だ。

  朝のテレビドラマ「ふたりっ子」の中で、将棋の師匠が主人公に断食をさせる場面があったんや。断食1日目は何を見ても食べ物に見えてきてフラフラの状態だった。しかし、2日目、3日目と日を重ねるうちに意識もハッキリし、お腹もすかなくなってきた。人間は日頃食べ物をどんどん摂っている事により、体自体が持っている本来の力を出せない状態になってしまっているけど、それを全く食べ物を与えない状態をつくることによって、体の細胞のひとつひとつが自ら生きる力を発散するようになるんだそうだ。 

 君らも自然に無心でやっている時は、個人の持っている力を十二分に発揮できているが、そこに「欲」という不純物が紛れるとそうはいかなくなるもんな。大体試合の場面では「責任感・恐怖感」に「欲」が絡んで「プレッシャー」になるんだよ。そういう物は人間の本来の力を阻害する不純物なんだよ。
チームの力を半減させるのが「不純物」や。そういう不純物は早く取り除かんといかん。それはなにか?自分らで考えてごらんよ!
「企業スポーツ部」ということで各方面からいろいろプレッシャーをかけられているけど、お前らはあまり気にしなくてもいい。
by kusanokenji | 2006-10-20 22:53 | ■連載“日々努力”

講演会(香川)

<PDFファイルサービス>・・・講演内容をまとめたファイルを贈呈します。
ご希望のお方は「資質向上PDFファイル希望」と記入して直接草野までメールで申し込んでください。自己紹介などを簡単にチェックさせてもらってからファイルを送信します。無料。ご遠慮なくどうぞ!
【感想文より】・・・世の中、その原点である「人」に対しての課題が露呈しているように思います。とりわけ、公の立場の人や、広義の意味での指導者の考え方が極めて大切な時代だと思います。講演の内容、大変勉強になりました。学ぶ側の姿勢についてもキッチリ訴えておられ共感します。

第452回<自然体バレー塾In香川>  開催要項 
10月20(金)・・・県内高校体育教師・養護教師
会場:讃岐会館大ホール(高松市)
参加者:100名★受講者累計(73、720名)
講演会(香川)_c0000970_22491984.jpg
講演の内容は「人格・見識・情熱」「旅に出ろ・人と会え・本を読め」「修羅場・正念場・土壇場」「選手の納得・周囲の納得・世間の納得」などなど・・・・スポーツの指導者だけでなく人生の生き方までの話でした。

by kusanokenji | 2006-10-20 22:50 | ■講習会リポート