人気ブログランキング |

2006年 03月 13日 ( 3 )

<重職心得箇条とは>
佐藤一斉(1772~1859) とは美濃の岩村藩の家老の子息。現代流に言えば幕府の大学総長に当たる人で江戸時代の儒学者。言志録の中に書いてある「若くして学べば壮にして為すあり。壮にして学べば老にして衰えず。老にして学べば死して朽ちず」はあまりにも有名である。今回紹介する「重職心得箇条」は出身の岩村藩のために書いた17条憲法。現在でも上に立つ者の必読の書、行動の指針として政財界人のトップ、企業の幹部に愛読されている。原文を安岡正弘篤が説明した講義録(佐藤一斉「重職心得箇条」を読む・致知出版社)のなかから引用させていただき自戒の念を込めて17回に分けてお届けします。乞うご期待!

 『上に立つ者、忙しい忙しいと言うてはならぬ!忙しいとは心を亡くすと書く。心を亡くす者に重職を任すことは出来ぬ!』などなど我々にも心響く教えが多い。子どもの教育の一端を担うスポーツ指導者の資質を高める一助になれれば幸いである。
●余談・・・小泉首相も昔から愛読されており、田中真紀子が外務大臣就任の時「これを読め」を渡されたのがこの「重職心得箇条」だった、と当時新聞で話題になったことがありました。
by kusanokenji | 2006-03-13 19:48 | ■連載“日々努力”

講習会(京都)

第411回 <in仏教大学> 開催要項
日時:平成18年3月11(土)~12(日)
場所:城陽市総合体育館、立命館宇治高校体育館
   :参加:11日:120名、12日:100名
   :(参加者220名(2日間)★受講者累計 57,800名)
c0000970_11344264.jpg
c0000970_11345472.jpg<多士済々の参加者>・・・・奈良県から小学男女チーム、大阪府と長野県から中学女子チーム、香川県から高校男子(琴平高校、高松西高校)、岡山からは高校教師、一般参加は三重県や地元のママさん、そして仏教大学男女のOB,現役のみなさんなどが参加。
<地域密着型大学スポーツへの第1歩>
今回の取り組みは「超・大学体育会スポーツ」の第1弾。鹿谷総監督、栄男子監督、森脇女子監督の熱意溢れる「人間作り」の指導の元、近年メキメキ力をつけている仏教大学男女バレー部が準備に準備を重ね、満を持して開催された今回のバレー塾。参加者の誰もが「小学生から一般までが集まってどうすんのやろ??」という不安と期待の中で始まったバレー塾。ところがどっこいしょ!・・・・出来るんです。同じメニューでみんなが笑顔でバレーボールが出来るんです。そしてトレーニングも脳の訓練も技術練習も同じメニューに取り組みます。これが「一貫指導型バレーボール」の基本です。そして誰もが心も体も開放できるんです。でも過去の自分から抜けれずに葛藤している人には何らかの衝撃を与えたかも知れしれませんね。しかし、過去から未来へ進もうとしている人にとってはすべてが血となり肉となってくれるでしょう。大学生が小学生の動きに刺激を受け新たな発見に心を動かす姿は「人間対人間の関係」の構図。小学生中学生が大学生や一般の大人と交流して学んでいる姿は「世代を超えた地域教育力」の構図。そういう相互刺激の場を設定し提供することが教育力の向上には不可欠でであることを確認できた講習会でもありました。そこには大人の個人の価値観を押し付ける「声を出せ!」「やる気があるんか!」「帰れ!」などの怒鳴り声とは無縁の世界です。小・中・高・大・一般・しかも男女が同じ輪の中にいるんです。で、めいめい「レベルアップ」できるんです。この輪の中で県のトップを狙う高校生男子もレベルアップが出来るんです。バレーボールの魅力を感じてもらえ「また受講したい」と思っていただければありがたいことです。毎度のことであるが選手登録をしないスクール形式の「塾」が、将来世界で活躍できる人材育成の道ではないかと今回も感じました。今回の取り組みが「大学が地域に貢献する時代の幕開け」として根付くきっかけになれることを心から期待しています。
by kusanokenji | 2006-03-13 11:34 | ■講習会リポート
京都での講習会(仏教大学主催)にもうかれこれ10数回も参加してくれている○内先生、○東先生も参加してくれた。宿舎の風呂に入り、7時の懇親会までの待ち時間の30分、部屋で「風呂上りの一杯」の至福を楽しんだ。気の置けない仲間との語らいは楽しい。そのとき1冊の本をいただいた。
次の日、帰りの電車の中で本を開いた。そして、ギクッ!とした。
 『三人の共通点は・・・・・・石井ふく子さん、テレビのプロデューサー。日野原重原さん、聖路加国際病院名誉院長。1911年生まれ。そしてオードリ・ヘップバーン。三人には共通点がある。何か。「自分の荷物を人に持たせない」ことだ。』

今回仏教大学の生徒がいろいろ世話してくれたのをいいことに、ついつい甘えて生徒に自分のカバンを持たせてしまったのだ。あぁ~、反省!
by kusanokenji | 2006-03-13 00:44 | ■連載“日々努力”