人気ブログランキング |

2005年 06月 08日 ( 1 )

みんな勝利については熱く語るがが、敗北について語る人は少ない。
何事も頂点を目指すのであれば、裾野が広ければ広いほど敗北者が多いのにも関わらずだ。結果は悩み、ストレス、社会混乱を招くのみと言うことか。。

「敗北」とは中国の故事で三国志に出てくる項羽が劉邦に敗れて逃げた方角が北の方角だったという説もあるらしい。では、東京で負けて北海道に帰ったら敗北者で、大阪に行ったら勝利者??あまり納得性がない。北海道の人に失礼だ。

「敗北」とは、敗れて背中を向けて逃げるなり・・・という説が有力的である。そもそも「背」という字は肉体を現す「月」と、北で成り立つ。北は左右対称で背中を向けあった状態。

試合に負けても、失恋しても、会社で出世できなくても「敗北者」ではない。人に、世間に背中を向けずに前向いて生けていければ・・・という考えになれば真の敗北者じゃないことになる。真の敗北者とは・・・いろいろ苦労したあげく組織のトップに上り詰めた、いわば勝利者と一時周囲からあがめられた人が毎日毎日、テレビの前で頭を下げている例は少なくない。あの姿が真の勝利者とは言えないだろう。日本一とか、地域で優勝したとか、ちっぽけな勝利のお陰で、前を向いて努力する自分自身に背を向けてしまったらそれこそ敗北者ではあるまいか・・・。
by kusanokenji | 2005-06-08 22:59 | ■連載“日々努力”