人気ブログランキング |

2005年 01月 06日 ( 3 )

若くして学べば、壮にして為すあり
壮にして学べば、老いて衰えず
老いて学べば、死して朽(く)ちず

                        (佐藤一斎の言志四録)
私が三菱を退職して新天地に赴任する時、挨拶文の中に織り込んだ文章の一節です。私が人間学とスポーツ医学をもっと本格的に学びたいと思ったのが35~6歳でした。40歳にしてスポーツ臨床課を持つ病院から誘われ、志しを持って赴任した時に勇気づけられた言葉でしたので皆さんにも紹介したいと思います。学生時代というのは、学び方を学ぶところ、というのが私の持論ですが、いくつになっても勉強する人生を歩きたいという人は活き活きしていますね。老人になって朽ちるのはまだしも、若くして朽ちる若朽(じゃつきゅう)だけは避けたいものです。 「小人は閑居にしておると不善を為すので、忙中閑ありがちょうどいい」 といいます。我々凡人は暇にしているのが一番良くないことで、精神もボケてきて、アホになり老化、退化が早くくるようですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明日(1月8日)から一週間留守します。青森で「自然体バレー塾のスポーツセミナー」です。指導者や大学生が約60名、3日間みっちりの勉強会です。そのあとはバレー教室。本当に勉強が楽しくて仕方ありません。私がこんな気持ちですから受講してくださる方もきっと学ぶことが好きになってくれるのではないかと思っています。
by kusanokenji | 2005-01-06 21:10 | ■連載“日々努力”
第314回  <in青森> 250名<累計40,480名>
1月8日:(1)指導者の基本的条件&優しいPNF、(2)スポーツ解剖学
1月9日:(1)上肢、体幹、下肢のコンディショニング法について
1月10日:身体メカニズムに基づく指導法
c0000970_2324532.jpg

記録的な豪雪の中での講習会でしたが、熱い熱い3日間でした。車で5時間もかけて参加していただいた下北半島の先生や三沢地区から参加された先生、本当にご苦労様でした。また奈良から参加された藤原先生は紀和ティンカーベルズのアスレチックトレーナー&ボディーステーションGOLGIの院長先生。3日目の実技指導で特別講師を依頼し、館内大フイーバー!!コーディネーショントレーニングの素晴しさを指導者も子どもも満喫しました。昼休みには雪の中へのダイビング大会!  私も飛び込みましがその冷たさに手がちぎれそうでしたが、みなさん平気。さすがは雪の子どもたち!c0000970_23531334.jpgc0000970_23532859.jpg
by kusanokenji | 2005-01-06 19:16 | ■講習会リポート
知ることと、行うことは合体しなさい!(知行合一)
毎日の生活そのもを修養の場にしなさい!(事上練磨)
夏目漱石は「真面目とは実行すること」といいました。

「論語読みの論語知らず、 有言不実行、口八丁手一丁、
ウドン屋の釜、虎の衣を借りる狐、犬の遠吠え、冷凍人間、
ネズミにミルク、ハイエナ人間、人の不幸は蜜の味、
唯我独尊人間、自画自賛人間……好ましくない人物です。」

問う。「私は、人前に出ると、うまく喋れません。どうしてでしょうか?」
曰く。「それは、己に打ち克つ修行を行わないからです。ちょうど、温室の花と同じことで、外に出るとすぐ枯れるのと同じです。人間は、いろいろな事件と取り組んで、自己を磨くことです。自分から手を汚すことです。」
これを事上練磨と呼びます。日々生活の場で勉強しなさい、という孔子の教えです。自分の手を汚さずに、人にばかり指示命令する人がいますがこれはいけませんね。いざという場面では見て見ぬ振りして、実はおいしいところを狙ってる人間はダメです、と言っておられますよ。人が見ていようが、いまいが。人として恥ずかしい行為は慎みましよう!
by kusanokenji | 2005-01-06 18:24 | ■連載“日々努力”