人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

第931話・・・指導の本質

昨日まで静岡市でのバレー塾だった。
参加指導者殆んど中学校の教師。
2日間、繰り返し強調させていただいたのが”指導の本質”。

伝えること、伝わることが大事で
教えることが大事ではない。
教えることは手段であって目的ではない。
教え過ぎ、喋りすぎではないの?・・・・
「僕がみんなに説明している時でも平気で喋っている人間がいる。
そういうことはやめなさい。そこのあなただよ!
うるさいからだまっとれ!」・・・・と一喝する場面もあった。
相手は生徒ではなく教師であったのでよけいきつく叱った。

多くを語っても大事なことが伝わるとは限らないんだ。
何を伝えるのか、それはなぜなのか・・・
最大効果の結実をどこに置くのか・・・今なのか、未来なのか・・・・
僕は20年後、30年後に「あの時のあの先生のお陰で・・・・」と言わせる
指導者を目指して欲しい。きっと世の中が明るくなるからと訴えた。
生徒に夢を語るよりも、生徒に夢を語らせる指導をして欲しい、
そういうこともお願いした。

最後のお別れの時、体育館の外に某中学校の選手が挨拶に来た。
「何か一言お願いします」とキャプテンがお願いした。
そこのチームは2年生が2人。1年生が14~15人。
1年生の圧力が強い。勢いが強いのだ。圧倒されている感じがしていた。
2年生2人はこの先1年間苦労が耐えないだろうと推察した。
そこでちょうどいい機会だから次のような話をした。

「この1年生の中で勇気のある人いるかな?」
何人か手をあげてくれた。そこで
「2年生を助けてあげる勇気だよ」と言った。
一瞬顔がひきつった。緊張が走った。真剣な顔になった。手ごたえを感じた。
やっぱり1年生も気にはしていたんだと思った。でも、仲間から外れることもできない。
群れの中にいることで自分の位置を保障される・・・そんなところもあるのかも知れないと思った。そこでたたみかけて話を続けた。
「悪いことは一人ではできないんだよ。だから仲間をつくるんだよ。これが群れといわれるやつだよ。でもいいことは一人でできるんだよ。勇気さえあれば一人でできるんだよ。先輩を助けることはとっても大事なことだよ。なぜなら先輩は少ない人数でチームを引張っていく人だからだよ。その先輩を助けることは一人ででもできることだよ。それが勇気っていうものだよ。今度会うときを楽しみにしているからね」と話を終えた。

その後、6人で駅前の店で反省会。
指導者が子どもに話をするとき、自分のいいたいことを話してもダメだよ。
言いたいことではなく、相手が聞きたいこと、相手に聞かせなければいけないことを
話すんだよ。その場の空気を読んでね・・・・という話で締めくくった。
ご苦労様でした。
by kusanokenji | 2008-09-01 14:26 | ■連載“日々努力”