人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

DVD

第539回 <In橋本(DVD撮影)>
8月19(火)~8月21日(木):県立橋本体育館・・・・・・120名
★受講者累計 100、520名 
 
DVD_c0000970_145322.jpg

基(もと)シリーズ第3巻「スパイクの基」のDVD撮影を行なった。
詳細はここを参照されたし。
「全国の子供をよろこばせたい!」
そのために作り出された、「スパイクが上手くなるためのダンス」である。
♬もしもしかめよ~♪の音楽に合わせて、スパイクに必要な7つの要素が
入っているダンスドリル。
ダンスに併せた実技ドリルがみもの。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「「発想がちがう」「眼のつけどころがちがう」「常識がちがう」いや「疑う」と言ったほうがよいのか。そんなことが頭の中をかけめぐった3日間だった。
 スパダンスの収録に始まり、ダンスとボールを使った復習ドリルの収録、そして最後は実戦的な内容も織り込まれた。
 特にスパイクはトスされたボールが上がる地点、頂点、落ちてくるところの3か所でインパクトとする考え方を披露してくださった。
 セッターがトスを出す際には、この3か所でそれぞれジャンプトスすると述べられることがあっても、スパイクの際に3つの打点位置をしっかり意識して練習に取り組むことは少ないのでは。「最高の状態で力を入れて打つことや、高いところで強く打つことが100点ではない」「がんばっているけどボールに力が伝わっていない」などなど、語録も豊富。これらはまたの機会に。
 スポーツパフォーマンスの中でも空中動作の多くは、スパイクの打ち方は難度の高いパフォーマンスである。その動きをこれだけ精練された内容で全国に広がっていくことは、バレー界の流れが少し変わってきそうな予感がする。
・・・・岸田先生のブログより
by kusanokenji | 2008-08-25 15:01 | ■講習会リポート