人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

第928話・・・ハチドリのひとしずく

実はこの話、知らなかったのですが、自然体研究会の仲間が教えてくれました。
いい話ですね。
これこそ「一隅を照らす指導者育成」を目指している
自然体研究会のモットーにしたいと思います。

【南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語】
あるとき森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと逃げていきました
でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは 火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」 といって笑います
クリキンディはこう答えました。
「私は私にできることをしているの」

出典:『私にできること?地球の冷やし方』(ゆっくり堂)、
     『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)
by kusanokenji | 2008-08-25 14:04 | ■連載“日々努力”