人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第918話・・・これが自主・自発?

<年寄りをあなどるなかれ!>
早朝の花博記念公園(鶴見緑地)に出かけだして約1ヶ月が過ぎた。
5時過ぎにはあの広大な敷地内に人がいっぱい。殆んど年配の方である。しかも足取りが軽い。僕の足ではついていけない。今朝はシニアエクササイズに参加。仲間に入れてもらったがコオーディネーションもふんだんに取り入れられており手足の連動に我が四肢がついていけない。休憩したくなるが目の前の年配のご婦人も続けているのに僕がやすむわけにもいかない。約40名の参加者誰もがやめないので僕も必死に最後まで頑張った。聞いたら毎日5:40分から6:30まで休憩なしとか・・・そのあとみんなでラジオ体操。まぁ素晴しい風景です。その辺のスポーツジムや教室やどこかのバレー部のトレーニングよりはるかにハードで楽しく真剣だ。平均年齢何歳だろうか。結構高齢なのは間違いない。生きるためにここに来ているのよ!、と言われているみたいだ。元気な皆さんがとても眩しく輝いて見える。妻よりはるかに年配者の方が元気で運動されているのを見ると正直羨ましくもあるが、どの顔も「健康になりたい、健康を維持したい、もっと生きたい・・・」そういう願いのある人の集まりを息づかいや顔の表情から読み取ることは容易い。生きるためのエネルギーが伝わってくる。これまで山あり谷ありの人生を生き抜いてこられた人たちだからこそ為せる業なのか。誰から言われたからでもなく、誰かの指導を受けるでなく、誰かに怒られるわけでもなく、誰かが認めてくれるでもなく、すべて自分の意志でのみの行動に魅かれて通っている自分がそこにいるのである。これが自主・自立というのだと思った。振り返って「バレーの選手は甘いな」!」「それに比べてここは野生人集団やな」「厳しさの質が違うな」「年寄りをあなどるなかれ!筋肉も精神力も年齢に関係ないな」「鍛えれば伸びるとはこのことか」「ここは自発的集団の見本やな」・・・そんなことを感じながら家路についた。今朝は涼風いっぱい気持ちよかった。朝が弱く、ぐうたらな性格の僕にとっては、この空間
は別世界である。なんとか3ヶ月続けてみようと思う。
by kusanokenji | 2008-08-07 08:13 | ■連載“日々努力”