人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

第750話・・・世話する立場、世話される立場

現役の頃、世話する立場、世話される立場両方とも沢山やった。
接待する立場、接待される立場ということ。

合宿所にもいろんな方によくお泊りいただいた。
玄関に足を踏み入れた瞬間にその家の内情がよく分かるものだ。
人間関係、笑顔、挨拶、立ち居振る舞い、整理整頓、掃除など徹底した。
お礼やありがとうの挨拶は真に受けるなと言ってきた。半分は儀礼だからと。
なぜなら、いくら丁寧なお礼を言われても次にきてくれなかったら
余計な気を使わせたり、嫌な思いをさせたことになるからである。

大事なのは尋ねてきてくれたお客さんに
「またきたい!」と思っていただけるかどうかなんだ、と徹底してきた。
それが楽しかった。全然つらいことだとは思わなかった。
選手達もいい社会勉強、活きた実践学を体験できた。
なによりも、人が尋ねてきてくれることに喜びがあった。
だから、ここは「ミニバレーの森だね」とよく言っていた。

お世話される立場があるからこそ、お世話する立場にも磨きがかかったように思う。
お世話されて初めて お世話する人の気持ちや、ありがたさ、大変さ
また、嫌な面、気を使う面を体験することにより、反省したりすることができ
次に生かせることができたように思う。

だからたまには「出かけてお世話になる」こともとても重要なことなのである。
内弁慶、お山の大将にならないためにも。

嫌な面も沢山見てきた。自分がお世話になる時は頭も腰も低く、いい人やなと思っていたのに
逆な立場になったら態度が急変する人にはまいった。
ここまで多重人格、人間の裏表を見せられると「もういいや!」となってしまった。
そんな経験もあったな。

合宿や練習試合に出かけるばかりでもダメ、全然出ないのもダメ。
大事なのはバランスである。
by kusanokenji | 2007-09-16 21:02 | ■連載“日々努力”