人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第736話・・・5=3+2

今朝の毎日新聞(8月24日朝刊)にハッと目に止まる記事があった。
『例えば5という数は2と3に分けられる。
2と3は元に戻す操作(可逆性)で5になる。
この性質を「数の保存性」という。
これは数学の基礎や科学の基礎になる考えです。(ピアジェ理論より)』

ピアジェ理論とは今話題になっている「創造的教育論」。
0~7歳までの教育が人格形成におおきな影響を与えるとのことである。

この理論を読んだとき、自然体ドリルとよく似ていることに納得した。
1、まず全体(完成イメージ)を見せる。
2、そこに到達するために全体を分ける(個々のドリル)。
3、分けたものを元に戻す(つなげていく)。
この1~3を繰り返す。

ちょうど具体的な「個々のドリル」の質の向上を考えていたところ。
もう少し「ピアジェ理論」を勉強してみよう。
そうするともっといいヒントが見つかるかもしれないと思った。
by kusanokenji | 2007-08-24 09:51 | ■連載“日々努力”