人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

第729話・・・挨拶2題

第496回鈴鹿でのできごと。
講習会最後にどのチームも挨拶にくるが、その中で
声は大きくもなく、小さくもなく、相手の目を見て
声を出し、声の後半からお辞儀するチームがあった。
それも1回だけ・・・あまりにも感じがよかったので
「素晴しい挨拶だったよ」と思わずその場で誉めてしまいました。

あとでそのチームの監督が私のところに来て
「先生に挨拶がいいて誉められました、と選手が喜んで報告に来ました」
としてやったりの顔。
監督曰く
「以前ブログに子供の挨拶のことが書いてあり、自分もそう思ったので早速チーム
で練習させました。」とのこと。ブログは仕事でも活用しているので毎日チェック
している。最近では「正しいことでもいい過ぎると
時には相手を傷つけることがある」のが効いてます、とのことでした。

2つめは、先週の糸魚川市でのできごと。
初日の朝8:40分頃体育館について館内にはいったところ、入り口で2人の
小学生にバッタリ出会いました。初対面です。するとそのうちの1人が
「あの、草野先生ですか?」
「ああ、そうだよ」
今日は1日よろしくお願いします・・・」と澄んだ声、きれいなお辞儀にビックリ!

「ああ、よろしくね、ところで君達は何年生ですか」
「はい、4年生です」
「どこの小学校ですか」
能生ジュニアです
「どうして僕を知っているんですか」
「えぇ、D2ダンスを毎日練習してますから・・・」と言って
二人で僕に挨拶するんです。おそらく本とかDVDとか見ているんでしょうね。
それも大人顔負けの挨拶の仕方。
これまで見たことの無い、どこかの会社の秘書みたいな感じでビックリ!

いやぁ~!まいりました!素晴しい!
大人でもできない挨拶!大人は完全に負けています。

こどもの可能性、適応性に驚くと同時に
大人は意識改革しないといけませんね。
形だけの大声の挨拶!、
相手を威嚇するような声!
これは慎んだほうがいいと改めて思いしらされた2題でした。
by kusanokenji | 2007-08-14 23:33 | ■連載“日々努力”