人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第697話・・・ポリシーを発信し続けよ

最近学校に対して「理不尽なクレーム」が多いそうである。
この10年間で教師の心神症休職が17倍に増えたとか。
学校問題対策がテレビや新聞を賑わしているのがこの問題。
さて、部活の世界ではどうだろうか。

「どうしてうちの子は試合に出ないのか」・・・この種の問題、結構あるみたい。
あとは、監督の指導法とか作戦とかタイムの取り方とかいろいろあるが
それは立場を変えれば同じこと。
この程度のクレームは当たり前であると思ったほうがよさそうである。
大事なのは、事前対策!

「うちの部活動はこのような方針でやります。入部したら
保護者の方にもこのことは協力依頼をします。」と仮入部の時から
子供だけではなく保護者とも考える時間を共有すること。そして
正式入部の時には覚書(お互いの約束事)を交わすこと。
活動が始まっても常に活動方針、ポリシーを発信し続けること。
そしてその内容と行動のギャップを無くすこと!
問題発言やクレームを言うのは全体の1割に満たないのが普通。
顧問のポリシーを理解した集団になれば例え理不尽なクレームを発する
人が出てきても、顧問以外の人たち(保護者など)で解決できる状態にしておくこと。
うちの子を面倒みてくれてありがとう!と言わすだけのことをやろう!
お互いに気持よく部活をやるための解決方法はここにあると思う。
そう考えるとやっぱり「指導者の資質向上」が大事になってくる。
by kusanokenji | 2007-07-03 14:22 | ■連載“日々努力”