人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第668話・・・旬の届け物

昨日の書いた”出合い物”は、つまり”旬”の食ですね。
旬と旬を合わせて新しい価値を創造する!
互いのいいものを持ち寄る考えのことですね。

「これまでの最高の指導をしよう!」という心がけです。
この心がけが出来る人こそいつまでも”旬な人”。
けして年齢とか地位とか立場ではありません。
ここのところはもう一度確認しておきましよう。
清らかな心の持ち主のことでもあります。
清らかさの純度が高いというか、
せめて自然体バレーはそうありたいものだと思っております。
そういう気持がある指導者に怒声・罵声はありません。
小学生、中学生だからこそ、純な気持、旬な気持で接して欲しい。
「追い込む!」なんて言葉、バレー界から外して欲しい。
人間が人間を追い込んでどうするの?
無抵抗の人間に威張り散らしてどうするの?
まぁ、そういうことですね。人間の本質論です。

「脳内・体内に四季を伝える運動」・・・・
昨日の「食の出合い物」もその中に入れるのもいいですね。
だれか「食の出合い物」を調べたら会長、副会長に連絡ください。

旬のメーリングリストを紹介します。西宮の堀恵子先生からです。
『仕事でヘロヘロになっていたところに、草野先生の素敵なひらめきを見つけ、ぜひ仲
間に入れて頂きたいとメールしました。
皆さんのすばやい返信には乗り遅れましたが、養護教諭が本業の私は、 『自然体』
とか「脳内・体内に四季を伝える運動」!!!とか大好きです。言葉を聞くだけでも
ワクワクします!

私の生活サイクルの養護教諭という仕事でも、小学生や中学生のバレーの指導でも、
一昨年まで勤めていた肢体不自由の養護学校でも感じたことですが、人間は、五感を
活かして生きるのが幸せじゃないかと。なんか、私がこれまで感じてきたことが、自
然体バレー塾での皆さんとの出会いで繋がる様な気がします。
勉強したくなりました。これからも宜しくお願いします。』
by kusanokenji | 2007-06-01 07:16 | ■連載“日々努力”