人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

第640回・・・D2ダンスとは

D2ダンスとは
リハビリテーション医学やスポーツの分野で用いられているPNF(Proprioceptive(固有受容性感覚器)、 Nuromuscular(神経-筋)、 Facilitation(促通))基本パターンである回旋を伴った「対角・らせん運動」という独特の運動パターンを組み合わせて、子供から大人まで馴染みの深い「うさぎとかめ」の音楽に合わせて四肢と体幹を動かすオリジナルダンスである。
PNF理論では四肢の運動基本パターンを「D2ライン」と呼んでおり「D2ダンス」と命名した。

 スポーツ動作や日常生活における人間の動きは、単体の関節や筋肉では動いておらず、いくつもの関節や筋肉が複合し合って動いている。このような人間本来の「基本の動き」を駆使して楽しく体を動かしながら、スポーツ障害の予防と改善、及びスポーツパフォーマンス向上を目指すものである。 
 童謡「うさぎとかめ」を選曲した理由は、①子供から大人までなじみが深い、②自然体バレー塾では全国の子供に「最後まであきらめないカメさんの心」を大事にする話をよくしている。
また編曲・演奏・歌唱はDVDのモデル校でもある五條東中学校の吹奏楽部にお願いした。

一昨日の湖西での話。(最後の日の懇親会で)
「僕、初めてうまくボールが打てたような気がした。
今までどうもしっくりこなかったけど、このダンスをズ~ッとやったお陰で
ほら、こんなにスムーズに肩が回るようになったでしょ!これですよ!」
とバリバリの体育会系のバレーボウラー(40歳くらいの)先生のコメントでした。
皆さんのスパイクが変わるといいですね!
by kusanokenji | 2007-05-01 22:24 | ■連載“日々努力”