人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

第561話・・・魂のお便り

バレーはまったくの素人のお母さんからのお便りですがきっと共感される方がおられると思って紹介いたします。子供を講習会に引率してこられても、いつも控えめで、でも熱心に勉強されている姿を思い出します。子供たちは積極的で貪欲にバレーを学ぶ姿が印象的で、見るたびにその上達振りが凄く、思わず「うまくなったね」と誉めたことがあったような気がします。これからも頑張ってください。そして近くで会ったら声をかけてください。

【今日、ブログ 「寸暇を惜しむ」を拝読し、胸があつくなり、思わずメールを打っています。昨年、自然体バレーと出会いました。驚きから入って、自分の子どもと共にDVD、本で学びました。自分の子どもだけじゃなくて、みんなに伝えなきゃ!と思ってしまったのですね。
こども達に伝えるには、中途半端ではいけないという思いがあり、 ぎゅうぎゅうづめの車で大分まで講習会に走ったことも思い出されます。 深夜まで、DVDで勉強し、メモも数えきれないほどの枚数になりました。 (間違えたことを伝えてはならないという思いが第一でしたが、自分が知ることが楽しかったというのも正直な気持ちです。) 昨年、監督は練習に参加できる時間がやや限られており、不在の間の練習の見守りを依頼されたことで、自然体バレーを伝えよう魂に加速がかかりました。 ジュニアチームはもう、5年生以下のメンバーの練習が主体になっています。 私は素人です。振り返ってみると、私の非力さゆえに大切なことを保護者、子ども達に伝えきれていなかったと、自己満足で、周りに理解されていると勝手に満足していたことを痛感している今日この頃です。  猪突猛進なだけではだめなんですね。試合に勝つこと、即戦力が望まれているこの環境で、それでも自分の信念を貫くにはそれなりの立派な人間性や経験も兼ねていないとだめなんだなと自分の非力を反省しています。 -後略ー 
 ただ、草野様のブログ、に胸があつくなり、最後の2行で救われた気持ちがこみ上げてきましたので、お礼がいいたくて、メールをしました。 ありがとうございます。 私の子どもも中学へ入学しバレーを続けます。 小さな胸でいろんな事を考えながら、自分で決めた道を歩んでいくのでしょう。それがどんな道であっても、自然体バレーを知ったから、目先の事にとらわれない、本当の意味の温かい応援がしてあげられると思っています。これからも、自然体バレーのホームページ、草野様のブログ、講習会の様子など楽しく拝見させていただきます。長くなりすみません。ありがとうございました】
by kusanokenji | 2007-01-29 10:52 | ■連載“日々努力”