人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第538話・・・うまい選手、下手な選手  <日々新た>

うまい選手はね、間違ったことを教えても自分で修正できるんだよね。
指導者が間違っても、本人はハイハイ言いながら体は正しいことをやってる。
そういう選手っているんだよ。天才っていうか、器用な選手がね。
しかし、下手な選手に間違ったことを教えると、間違えたままやってしまうので、
怪我してしまうことが多いんだよ。真面目な選手ほど頑張るでしょう。
ひたすら指導者の言うことを信じて努力して、あげくの果てが・・・・。
上達しないわ、故障はするわ、お前が悪いって怒られるわ・・・。
当たり前だよね、間違った体の使い方なんだから必ず故障して当たり前じゃん。
偉そうに言うけど出来ないのはお前の責任と違うんかい!と言いたくなるのも頷ける。

うまい選手ばかりだと指導者はいらないけどね。
だから、お金かけてうまい選手を沢山集めたチームが強いのいは当たり前。
こんなのちっとも面白くないよな。
でも、巨人は勝てないんだよな。
あれだけうまい選手、実績のある選手を大金かけて集めているのにね。
なんでだろう。名選手、必ずしも名監督にあらず!、ってことかな。

バレーでも野球でも技術を生かすか殺すか、力にするか、ムダにするかがあるんだろうね。
それはね、やっぱり「考え方」と違うかな。
考え方が幼稚で、自己中な人物はいくら素質があっても、チームの中では力にならない、
ってことだと思うよ。不器用な選手は一度覚えたことはなかなか忘れないからね。
覚える為に必死で努力し、辛い思いをした分、忘れない。
修羅場や土壇場を経験すればするほど、いざという時に力が出る。
気持ちを力に変えさせるものがあるんだよ。
だからね、そんな選手が敵のチームに何人かいたら強い。
なかなか勝てないよ。
下手な選手ほど、何かをつかんでくれると頑張ってくれる、それが嬉しいな。
そんな姿を見る時、監督冥利を感じるんだよ。
下手でも結構!、どんくさくても結構!、今にみておれ!、きっとやってやるからね!…。
それぐらいの気持ちをもとう!

by kusanokenji | 2006-12-28 21:13 | ■連載“日々努力”