人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

勉強会(長崎)

第448回<自然体バレー塾In大村>
日時:平成18年9月27(水)~29(金)
場所:長崎向陽高校体育館
参加者:60名★受講者累計 72、610名)
勉強会(長崎)_c0000970_207321.jpg
<スパイク練習>・・・これは台上からのレシーブ練習ではありません。それぞれのポジションからのコースと球の強弱をコントロールする体の使い方の練習です。インナーに打つには、クロスに打つには、ストレートに打つには・・・打つポイントを立体的に捉えて、ボールへの回転を変えながら「自然体スイング」を学習します。

<着実に・・・・>新チームは1年生主体。9月の始めに行なわれた県内の大会であの「チャンピオン」から1セット奪取! 館内騒然になったとか。まさか・・・!!!。ええっつ。ほんま?うそー!1セットだけですがそういうことがあったらしいです。九州はいわずとしれたバレー王国。高校のレベルも高いのだ。それも半端じゃない。高校バレーのタイトル総ナメの勢いなのだ。勿論中学校、小学校も高い!今年の春高は大分の東龍谷高校が優勝、インターハイは鹿児島の鹿屋中央高校が優勝。しかし、国体の九州ブロックは長崎の九州文化学園が優勝。しかも東龍、鹿屋中央を破っての優勝だ。国体も優勝候補NO1.そこに1セットとったのだ。これは事実。しかも公式戦でだ。みんな驚かないはずがない。エース不在とはいえその九文からまぐれにせよ1セット奪うとなればこれは「何かある」に違いない。あの何も知らない1年生たちが何をしでかしたんだ。勿論2、3セットはボロボロにやられたそうであるが、勝負というのは「ちょっとした狂いでこういうこともあるんだ」「勝負に絶対はないんだ」ということですね。勝負ってこわいですね。ということですが、今回も地道にコツコツと練習してまいりました。やっぱりみんないい子たちでした。ガツガツせずに、普通の高校生!でもバッチシやりました。冬の試合が楽しみです。 ちなみにこの学校の三年生のあるクラスは「全員が無欠席継続中」とか。そのクラスの女性の先生と一緒に飲みましたがワクワクするような話ですね。個人ではなくクラス全員が「年間無欠席」の記録づくりに一致団結してまい進しているそうです。もう、クラスの家族まで巻き込んで頑張っているそうです。なんでもいい、高校のときの思い出づくり、達成感づくり・・・・ああ~いいな! 頑張れ向陽高校!
by kusanokenji | 2006-09-29 20:11 | ■講習会リポート