人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

455話・・・電車に乗る時も気配りが必要

<日々新た>より・・・1993
君らは仕事時間中にバレーボールさせていただいている身や。バレーボールが仕事でバレーボールしてお給料頂いているからプロなんや。アマチュアとは違うということや。その意味がわかっとらんのと違うか。学生の気分を引きずっていては困るということや。スイミングクラブに水泳トレーニングに行ったり、守口市体育館へウエイトトレーニングに行っているけど、「遊び」じゃなくて「仕事」で行っていることを自覚しなさい。そうでないととんでもないことになるよ。あそこには、君らを知っている会社の人も沢山出入りしている公共の場所や。その人たちは自分でお金を出して行ってるんだよ。君達はバレーボールのトレーニングのために団体で来ているし体格も立派や。すぐに目立つ存在や。遊びで来ているとは誰も思わないでしょう。当然、君らは一生懸命にトレーニングに励むと思われてるんだよ。もし、その時に娯楽で来ているような雰囲気があればどうなる?「あの人達は会社の金で来ているのに遊んでいるやないか」とバレー部の評価が下されるんだよ。つまり、何処に行っても君らは「会社の代表」として見られているんだよ。君らは周囲から注目されていること自覚することだ。企業スポーツ選手の基本的な考えとして自覚しなさい。

電車の中でも会社の看板を背負っていると思いなさい。座席を占領したり、大きな声で喋ったり、とにかく行儀の悪いことはやめてくれ!いい悪いは別にして君らは「歩く広告塔」の役割もあるんだよ。そのことが苦痛だったら企業スポーツ選手としては失格なんだ。ただね、考え方を変えてみるといいね。「女性は他人から見られている」という意識で美しくなる。そういうふうに解釈していけばいいんだ。何事もプラス思考だ。企業スポーツ選手としての自覚がなければならないのは「会社のお金で成り立ってる」という自覚なんだ。だから会社に貢献することは当然の義務。そのための頑張りが、やがて自分のためになるんだよ。
自分の立場を理解し、謙虚に一生懸命取り組めば道は必ず開かれる。
by kusanokenji | 2006-09-11 20:38 | ■連載“日々努力”