人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

443話(8月23日)・・・高気圧カプセル

「これ入ったら疲れがとれますから入ってください!」

今から一年ほど前、紀和ティンカーベルズの代表をされている岸田代表が経営されている岸田接骨院の分院「ボディーステーション・ゴルジ」に立ち寄った時の話である。それはなんと魚雷か潜水艇みたいな形をした奇妙な物体であった。恐る恐る入ってみたが最初の「耳抜き」とやらに少々てこづった。ノズルから空気が送られ(抜かれ?)、なよなよのカプセルの中がシュー!という音とともに段々堅牢な物体になってきた。カプセル内の気圧が高められていくのであるがなんとも孤独で心細くなる。その時、小窓からゼスチャーで「大丈夫ですか」の信号を送ってくれる可愛いスタッフに励まされながらジーッとガマン。一時間ほどしてて外にでてみると・・・・・別に変わった事はなく、ちょっと体が軽くくなったのでその晩は快調に午前様まで痛飲。問題は次の日の朝である。朝から講習会であるがいつもなら体が重たいのに軽い!。快調である。「あ~、昨日の高気圧カプセルの効果なんだ」と体感。疲れの回復がすごいと実感した次第。

そうなんです。この装置が高校野球の早稲田実業が使っていた「高気圧カプセル」、別名「ベッカムカプセル」なのだ。決勝戦の再試合前の斉藤投手のコメントに「今日も体が軽いです」といってたやつなのだ。それを読んで「へぇ~、高校野球界まで使っているんだ」と驚いたが、確か○百万という高価な物であったはず。すごいですね。そして輸送も考えると大変だけど、高校野球にも科学の力が使われだしたのか、と感心しきり。

紀和ティンカーベルズの求めているものがまたひとつ証明された形になりました。これも、未来のアスリートのために斉岡先生の分子栄養学も含めた取り組みのベクトルが「確かな先見の明」と言えます。

「高気圧カプセル」・・・たしかに回復力や脳の動きに大きな効果があるようです。私の体験でも実証スミ。疲れたらまたカプセルに入りにいきますのでよろしくお願いします。
by kusanokenji | 2006-08-23 11:33 | ■連載“日々努力”