人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第349話(3月24日)・・・佐藤一斉「重職心得箇条」7

第7条 <知識・見識・胆識>
『知識というものはごく初歩というか、一番手近なもので知識がいくらあっても見識にはなりません。見識というのは判断力です。見識が立たないと物事は決まらないのです。
 見識の次に実行という段になると、肝っ玉というものが必要になる。これは実行力です。これを胆識と言います。知識・見識・胆識、これが「識」というものの三つの大事なことです。人間には骨力、気骨というものと知識、見識、それに度量いうものがなければならない。重職たるはなかなか大変で、細かいことにこだわっていてはダメです』と安岡正篤さんは解説しています。

一を知って十を教える・・・・まさしく見識のなさ、判断のなさに思えます。
by kusanokenji | 2006-03-23 19:40 | ■連載“日々努力”