人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第2916話・・・バレー熟in千葉

第1058回バレー塾
 in千葉
2018年12月15日〜16日
JFE千葉体育館 400名
述べ参加数:204、440

9回目の開催
c0000970_13194315.jpg

9回 自然体バレー 千葉  日野台 杉山


中学生の受験相談会があり、遅れての参加になりそうで、そのため、前日の歓迎会に参加しました。

いろいろ、話せて、聞きたかったことも、質問できて、

食べ放題に飲み放題でおなか一杯。つい時間を忘れてしまいました。

ポジショニングは決まったものではない。個人差を考えないからうまくいかないなど,

それは確かにその通りと思える答えがいっぱい。

ヨットのアメリカズカップの話から役割の話。練習ゲームの弊害についても、再確認。

寒い中、最終電車で帰りましたが、気持ちは暖かかった。

c0000970_13041818.jpg

結局、相談会は2時間オーバーして、仕事のため、間に合いませんでした。

終わるころについて、久しぶりの千葉の雰囲気に、懐かしさを感じました。

思ったよりも、気温が低かったですが、元気な小学生がいっぱいでした。


そのまま懇親会へ。

自然体らしい、いい話がいっぱい。若手の指導者の悩みに、ズバズバ答える草野先生。

いつも参加しているメンバーは少し前の自分を見るようで、また今の自分のことも見直せる時間でした。

2次会も盛り上がり、部屋でのミーティングにも参加したかったのですが、電車の時間で断念でした。

寒いけど、暖かい千葉でのミーティングでした。

c0000970_13164334.jpg

二日目

寒い中、ランニングやモーションバランストレーニングなど、ドンドン進みます。

小学生たちの反応も素晴らしい。

技術練習の注意点。

できなくてもいい、やることを意識することが大事。

そのためには正しい知識が必要。

メニューは、戻りながら進む、絶妙な配分。すぐに切り替わるのも集中できて休む暇はない。

今回、以前千葉の自然体で育った選手(大学でもセッター、春からVの選手)が参加してくれていて、

幸運にも日野台の選手と組んでいただけた。

彼女と同じポジションの選手をお願いして、ずっと練習してもらった。

驚くほどのスムーズさと、無駄のない動き。選手たちも驚いていた。

c0000970_13163354.jpg

V選手のいいプレイを目の前で見る。小学生に教えるという二つの機会を今回得られたことは、

選手にとっても、私にとっても良い刺激になりました。同時にこれができる講習会を僕は知りません。


多くのメニューが、小学生も高校生も社会人もできるメニュー。

しかも、きちんと理解して、正しく動かなければできないメニュー

当たり前だが、この組み立ては、その場にいないとわからない。

だから、私も何度も足を運ぶし、選手もどんどん積極的になる。


c0000970_13164920.jpg

指導者にも指摘が飛ぶ。

練習試合ではうまくならん。監督に物言えないような指導はあかん。

ハイとしか言えない指導もあかん。なぜならば、と説明できないのもあかん

ここではすべての練習に、なぜならば、があり、それから練習が始まる。

この流れをこれからの普段の練習でも大事にしたい。

具体的には技術のポイントを、メニューの前に選手同士で言い合ってから始まる流れ。

短い時間でいままで以上の結果を出す。

そのために何をすればいいか。考えるのは確かに楽しい!


これからも選手と挑戦していきます。


千葉のみなさん、参加させていただきありがとうございました。

終わります!の草野先生の言葉に小学生たちが、えーー!と大ブーイング。

結局、大根抜き大会になりました。

 えーーと言われる指導者。言っていいと子供たちが思う指導者。

いいですねーー。高校生も本気で大根抜いてました。

c0000970_13162651.jpg


🔺小学4年、5年生。週3日の練習。1回2時間の練習時間で1時間はアップと動き作りに使う。
夏トレは全部マスター。全部一人で、個別にできるようになった。
自立です。みんなの前で、それぞれ違う種目を披露。中学、高校、指導者も驚き。
小学生がマスターできる内容!
1月の公認講習会参加者にはデータプレゼントします。
16Gの USB高速メモリー持参ください。

c0000970_13171069.jpg
↓160名全員でグッピーをやってるところ
c0000970_13165653.jpg

筑波から参加のこの子たちは3年生。
Ⅰ年、2年、3年と成長の跡が見えます。記録してあります。
c0000970_13164431.jpg




















by kusanokenji | 2018-12-20 13:32 | ■連載“日々努力”