人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

216話(9月15日)・・・力まない!

今朝は広島から嬉しいコメントが到着していました。
8月の和歌山での自然体バレー塾に参加された広島の小学校の先生です。
「今まで頑張らせていたのは何だったのか?」
「自然体スパイクフォームを教えたら1年生が一番うまかった」
そのようなコメントでした。

子供の潜在能力を引き出してあげたいと頑張っておられる指導者が全国津々浦々で頑張っています。そういう方はハデな成績こそ残していませんが「怒らず、叩かず、故障させずに強くする」という意欲があります。心の中の情熱は燃えています。「今にみておれ!このバレーで東京体育館に行くぞ」と思っているのです。しかし、指導の壁といいますか、行き詰った時の解決策を探る答えが見つからないようです。そういう方のためにあるのが「自然体バレー塾」の存在ではないのだろうか、と最近思えるようになりました。自然体バレーが考え出しているドリルや指導方法の原点は「力まない」ことです。プレーするときにいかに「力まない」状態をつくるかに重きを置いています。そうすると必要な時に力を入れることができるからです。
by kusanokenji | 2005-09-15 07:57 | ■連載“日々努力”