★★★★★


by kusanokenji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第2508話・・・過去の自分に勝つ


ディグレシーブは
足を動かすのではなく
腰から動くんだ!

これに気がついたときに
「過去の自分に勝った」
と思った瞬間だった。

ディグとはスパイクレシーブのこと。
先日のW杯では、「1歩も動けない」
ことが連日テレビで見れた。
サーブも、「1歩も動けず」「手も出せず」
見送り三振みたいな光景が何回も見れた。

それなのに、
指導現場でも、指導者講習会でも

落下点に「早く動け」
「走りながらレシーブせよ」と
一列レシーブを黙々とやる。



これって
おかしくありません?

動かずにレシーブできる技術があってこその「動いてレシーブ」じゃないの?
 レシーブって、向こうからこちらにボールが来てくれるんだから「どうぞいらしゃいませ!」っていうおもてなしの心で迎えたらいいんじゃないの!っていうのが考え方の基本。


今までやってきた考え方、指導法を
新しく変えることができれて
それが成功すれば
それこそが
「過去の自分に勝つこと」です!











[PR]
by kusanokenji | 2015-09-28 11:29 | ■連載“日々努力”